L'art de croire             竹下節子ブログ

無神論の系譜とジャンヌ・ダルク

 今回の日本では、「書店に行って本を眺める」というような暇がなかった。手元にある必要な情報をとりこむのも遅れているので、新しい本を読んでる暇がないので、誘惑されないですんだが。私は決して読むのが遅い方ではないので、他の人たちがいったいどうやってますます増える情報をインプットしているのか謎である。

 それでも、せっかく日本にいるのだからと移動中に読みやすい文庫本や新書を少し買ってよんだ。

 野中広務さんと辛淑玉さんの対談本『差別と日本人』角川新書

 この二人の立場の違いや世代の世代がきっちりと現れているので興味深かった。外交と人間性についての考察も大切だと思った。また、どんなに意識が高くても、差別の実態や情報を知らされていない政治家はそれに対処できない。それには被差別者自身も差別を意識してその撤廃を「運動」に結びつけなくてはならない。このへんは難しいところである。ロビーイングとか、特定の共同体への非干渉とか、ユニヴァーサリズムとか、文化相対主義とか、いろいろな要素がからむ。フランスでの差別問題の多くは肌の色など「見た目」が違う場合が多いから、ここで取り上げられている日本の被差別部落とか「在日」の被差別者は、より構造的、歴史的な「排除される他者」なのだが、だからこそ、差別する側の「暗黙の快楽(辛さんの表現)」度が大きくなるのだろうか。

 新潮新書で本郷和人さんの『天皇はなぜ生き残ったか』。これはまだよんでいる途中。
 後は、科学モノ。佐藤勝彦さんの『宇宙は我々の宇宙だけではなかった』PHP文庫とか。

 日本モノと科学モノの二つのカテゴリーは、フランス語で手に入らなかったり、フランス語では読みにくかったりするので、できるだけ日本語で読むようにしている。

 これらは駅の売店でとりあえず買ったものだが、唯一、自覚を持って購入した本が、

 大井玄さんの『環境世界と自己の系譜』(みすず書房) 。 期待通り、すごく面白そうだ。

 来春からジャンヌ・ダルクについて某雑誌に連載し、後で本にまとめる予定なのだが、今は相変わらず『無神論の系譜』をやってるので、「ジャンヌ・ダルクと無神論」をくくって考えてみたら、これはもう、フランスの近代のライシテ論争そのものだと分ってくる。

 ジャンヌ・ダルクは、左派からも右派からも、国のシンボルとして愛されたが、彼女の活動の発端にあるのは、信仰であり、「神の声」である。キリスト教的無神論の世界では、神は存在しないのだから、それはジャンヌ・ダルクと、フランスの王権神授を否定することになる。それは、必然的に、「神を否定しながらフランスを肯定できるのか」ということになるのだ。日本では、「神の国」を否定したり、「天皇」の神性を否定したり、無宗教こそ日本の宗教などといったりしても、なんだか、うやむやになって、深刻なアイデンティティの危機はそこから生まれないようになっているが、フランスでは重大問題である。西洋近代における無神論の展開におけるフランスの近代国家としてのアイデンティティの危機が、ジャンヌ・ダルクをめぐる言説に全部現れているのだ。

 で、ジャンヌ・ダルクの聞いた「お告げ=声」について調べているうちに、

 La Voix dans la culture et la littérature françaises (1713-1875)
 http://www.msh-clermont.fr/article1076.html

 という本を見つけた。

 この中には、音楽と「声」についての論考もあって、

 JAMAIN Claude – Images de la voix dans la première moitié du XVIIIe siècle.
LOUBINOUX Gérard – La voix entre âme et viscères dans les textes de la
Querelle des Bouffons.
FABIANO Andrea – Le chant italien en France à l'époque des Lumières : mythe et
réalité.
BERTHIER Patrick – Musset et la Malibran.
PEYLET Gérard – La voix et la musique dans En route : surface et intériorité de
la sensation.

 という内容もある。これはフランス・バロックにおける「歌」の身体性にも関係していそうで、楽しみだ。
[PR]
by mariastella | 2009-09-30 22:51 | 雑感
<< 正律ギターその後 日本で見た映画のことなど >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧