L'art de croire             竹下節子ブログ

V・Iはユダヤ人?

 『ダウンタウン・シスター』の後半には、

 「ガブリエラがユダヤ人だということでジャイアック夫婦から受けた昔の侮辱の数々がよみがえってきた」という文章がある。それに続いて、

 「よくも自分たちをクリスチャンだなんていえたものね。あなたなんかより、うちの母の方が千倍もクリスチャンにふさわしかったわ」

 というヴィクの言葉がある。彼女のアイデンティティ意識はどうだったんだろう。

 母方の祖母がユダヤ人の学者の家庭の出身で「一族はユダヤとの混血だった」というからには、例の、「ユダヤ人とは母親がユダヤ人であること」という「公式」にあてはまると自分を多少はユダヤ人と見なしていたのか?

 しかし母のガブリエラは、カトリック右派である大叔母に引き取られて、「ふしだら」ということで追い出されたくらいだから、叔母のところでは教会に通っていたはずだ。だからこそ罪悪感も一生引きずっていたのだから。
 しかしジャイアック夫婦がガブリエラをユダヤ人と侮辱していたのは、単に差別や憎悪の現われなのか、娘のヴィクの洗礼を「省略」したための言いがかりなのか、ガブリエラが私はユダヤの混血ですから、とでも言ったのか? ヴィク派サウス・シカゴのカトリック系の白人地区で生まれ東欧系カトリック小教区で周りが熱心に教会に通うような環境で育った。母の「秘密」を知らず、アーティスト風のリベラルさと女性の自立を教えてくれた母に感謝し、自分がいわば無党派でただ社会の差別と不正に戦いを挑む人間であることに埃を持っている。だから、別に自分はユダヤ人とかは思っていないだろうし、「うちの母の方が千倍もクリスチャンにふさわしかったわ」という言葉は、周りのクリスチャンの偽善は弾劾しても、キリスト教的慈悲の価値観は刷り込まれていたのだろう。

 ヴィクとロティの関係がもっと出てくる作品を読まないと分からないなあ。
 ウォーショースキー・シリーズは日本でもとても人気でファンクラブがあるくらいだから、こういうこともくわしく調べてる人もいるのかもしれない。アメリカ人には、別に気にならないのだろうか。

 ちなみに私の周りにもユダヤ系フランス人がたくさんいるが、母親がユダヤ人だからとユダヤ意識のある人もいるし、カトリック(洗礼は受けているが別に教会に通わない)と結婚して普通に子供も洗礼だけ受けさせている女性もいれば、カトリックのイタリア系女性と結婚したユダヤ人男性が、息子たちにしっかり割礼を受けさせて、離婚した後で、母親が慌ててカトリックの洗礼を受けさせてという例もあるし、「公式」なんてあまりない。
 ヨーロッパではもう二千年近く混血が進んでいるし、少なくとも日本人の目から見たら、誰がユダヤ人なのか全然分らないことも多い。アメリカのような棲み分けもないし。

 サラ・パレツキーの世界に興味ない人にはどうでもいいことだろうが、一応メモ。

 
[PR]
by mariastella | 2009-11-09 20:18 | 雑感
<< Ludibrionisme(ソ... V・I はなぜ洗礼を受けていないのか >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧