L'art de croire             竹下節子ブログ

キプロス島のベネディクト16世

 6月はじめにB16がキプロス島を訪れた時、ニコシアで、Nazim Haqqani 師 というスーフィーの神秘家と会った時の写真を見たのだが、周りの人々がすごく和やかにこやかで心温まった。キプロスだからトルコ系のスーフィーということだろうか。本物の神秘主義者というのは、何かみな故郷が同じという気がする。神秘主義者たちが宗教間対話の鍵になるんじゃないだろうか。  

 キプロスはもちろん東方教会がマジョリティだが、カトリックも少しいるし、フィリピン移民もいる。B16は彼らを招いてアラブ語、ギリシア語、ラテン語をミックスしたミサを挙げた。

 緊張の高まっている中近東などイスラム世界で生きるキリスト教徒たち、特に聖職者や修道者らのコミュニティが危険を回避して引き上げないで踏みとどまるようにと、教皇は呼びかけた。

 1996年にアルジェリアのトラピスト修道士たちが、イスラム過激派から強迫されていたのに踏みとどまって地域の奉仕を続けた末、全員拉致されて惨殺された事件を扱った映画が今年のカンヌ映画祭で話題になったが、そのことを思い出してしまった。その地に残ると命が危ないと分っているのに絶対残れというのは普通の国の外務相だとかが、危険地域の自国民に避難勧告を出して、勝手に残って誘拐されたら自己責任だからね、とかいって逃げたりするのと対照的だ。

 で、教皇の言うのは、キリスト教がマイノリティで試練に会っている場所にこそ残って、キリストの希望の証しを見せ続けなくてはいけない、と言う。それは、キリスト教徒のためだけでなく、その地域に住むすべての人々のためだそうだ。確かにそういう地帯では、ムスリムである地域住民であれば身が安全というわけではない。彼らはずっと命の危険にさらされている。そんなところに「福音」を伝えに来た宣教師なんかが、さっさと「安全地帯」に逃げ帰ったとしたら、「人は愛し合える」という証言の重みは消えうせるだろう。

 最近、南アのワールドカップがらみで、黒人地区に留まってアパルトヘイトと戦ってきた白人キリスト教司祭たちの話をいろいろ読む機会があって、感動していた。

 アパルトヘイトをキリスト教的に正当化していたのは、旧約聖書のノアの泥酔のエピソードで、父の裸を見た息子ハムが黒人の先祖だと言われていて、「奴隷の奴隷となり兄たちに仕えよ」とノアから呪われた部分らしい。
 このテーマについてはシスティナ天井画の解釈をめぐってあれこれ考えてきたのだが、まあ、普通に考えて、泥酔して裸で寝たノアさんがそれを見つけた息子を一方的に呪うなんて・・・と、ひどい話だと思うんだけど、キリストの受肉によって旧約のいろんな律法とかの意味がラディカルに変わったはずのキリスト教で、アパルトヘイトの正当化にそんな口実が使われていたんだなあ。
 知らなかった。まあ、そういうふうに正当化する必要があったということは、キリスト教内部で、アパルトヘイトの人種差別はキリスト教に見て間違っているという異議申し立てがあったからこそなんだろう。実際、白人の司祭だの修道士だのの中に、当時もちろん違法であったのに勇敢に黒人地域に住み、彼らと共に人種差別撤廃のため、自由のために戦った人たちがいたわけだ。

 その一人のJacques Amyot d'Invilleの書いているものを読むと、ずいぶん危険な生き方をしてきたのに全然悲愴ではなく、「明るいのが一番」という感じなのだ。

 ユーモアの感覚を養い、積極的にオプティムズムを育てようと言う。

 そして、ニーチェがキリスト教徒について言ったことを常に考えなきゃいけないという。それは、

 「私が彼らの救い主を信じるようになるためには、救い主の弟子たち自身がもっと救われた様子をしていないとだめだ!」

 と言うものだ。

 愛を説いたり、救いや希望を説く者、「福音」を説く者が、深刻な顔をして、危機に際して真っ先に逃げ出したりしたら、確かに、救われてるようには見えないなあ。

 よく、拷問されて磔にされた殉教者なんかが、「パライゾ、パライゾ」とか叫んで恍惚として死んでいくイメージがあって、ああいうのは狂信で病的で不健康じゃないかと思っていたけど、一理あるかもしれない。

 そして、神秘家とか、悟った人とかって、確かにいつもニコニコしてたりする。

 私は何かと悲観的な人なのだが、よし、ちょっとは喜びに向うように生きてみよう。
[PR]
by mariastella | 2010-06-16 23:39 | 宗教
<< マリー・アントワネット 一年ぶりの仏舎利 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧