L'art de croire             竹下節子ブログ

トリック・アート

 損保ジャパン東郷青児美術館の『トリック・アート』展。

 いつか本物を見たいと思っていた上田薫さんの食べ物シリーズを3作見た。
 写真をスライドにしてキャンヴァスに映して描いていくという手法の独特の触感は、それをまた写真で見ると、情念が失われる。実際に見てみると、その精緻さや触感より、寸法の大きさに驚く。実際の写真でこれほどの解像度を得られるということはないだろう。

 情念が失われる、と書いたが、この画家は感情的な要素や情念を排除して、いわばフェティッシュなものに徹底して不思議なパワーを狙っているのだろうが、画家が作品の上で排除したはずの情念は、作品の向こうにはっきり透けて見えるので、見ているものにその動きが伝わる仕組みになっている。複製だけではその「向こう側」は見えない。でも、一度本物を見た後で、その「向こう側」の印象を自分にインプットしておけば、複製を見ても表象記憶として湧き上がってくる。

 桑山タダスキーさんの「円」のように、これも、「純粋に機械的な絵画、完全に人間の情感を拭い去った画面を書きたい」という意図らしいが、やはり、逆説的に、そういう「意図」が拭い去ろうとした「情念」が、作品を前にすると、脈打って伝わってくる。

 最初に図版だけを見ると、意図は達成されている。

 制作は、ろくろに似た回転台の上でカンヴァスを回し、その上から絵筆を静止させ息を凝らすという機械的な方法で同心円の連なりを描いたということだが、作品という「境界面」を実際に前にすると、「息を凝らした」念が全部にじみ出てるのだ。こっちの「見る」視線によって顕在化してくるのかもしれない。

 「息を凝ら」さなくても描けるCGなんかでは、情感は多分、排除できるんだろう。少なくともランダム画像なら・・・

 同じ機械的な緻密な幾何学図形の連続技でも、桑原盛行さんの『群の光景』などでは、作者が自分でも驚いたというくらい有機的な感じがする。逆にこれは、複製写真でも有機的な感じがする。錯視画像と同じで、見ている側の有機性があらわに出て来るのかも知れない。

 しかし、これらの作家における、この「情感を排したい」という誘惑や志向はどこからくるのだろう。作品をニュートラルに、透明にしたい、それによって、作品のこちら側(制作)と向こう側(鑑賞)の間の垣根を取っ払って純粋な出会いだけを出現させたいのだろうか。

 福田美樹さんが、名画の中の一人物の視点から名画を描きなおすというシリーズもおもしろかった。単に二次元世界を三次元世界にしてその中に侵入するという楽しさだけではない。
 たとえば、ダ・ヴィンチの『聖アンナと聖母子』の聖アンナは、実は13頭身くらいでとてもデフォルメされているのだけれど、二次元ではバランスよく見えているというのだ。ミケランジェロの天井画なんかでも、上を見上げた角度とか天井の丸みによってデフォルメされる分を計算して、見た目にバランスよく描かれているが、実測すると非現実的だというのと同様だ。そういう、原画の二次元でのみ保たれているバランスを、三次元に入ることでどう処理するかというおもしろさがある。これをコンピュータが二次元画像をそれこそ機械的に取り込んで三次元に変換、処理して、幼児キリストからアンナを見上げさせるならば、かなり恐ろしいことになるのだろう。

 二次元の名画を三次元のオブジェ化して個人テイストで処理する森村康昌さんの世界はなじみだったが、やはり楽しかった。
[PR]
by mariastella | 2010-08-14 15:15 | アート
<< トリオ・ニテティス Comment vas tu? >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧