L'art de croire             竹下節子ブログ

Sagrada Familia

 教皇B16が、バルセロナのサグラダ・ファミリアを訪れて祝別したという記事を読んだ。その上、ガウディを聖人にするという話も出ているそうだ。全く知らなかった。

数年前にサグラダ・ファミリアを訪れた時、道行く近所の人に話を聞いたことがある。

「近くにあるカテドラルはローマのもので私たちのものではない、このザグラダ・ファミリア教会こそカタルーニャのもので私たちのものだ」

と、得意そうに言うのが印象的だった。

その時はそんなものかと感心した。そんな場所にローマ教皇が行って、ガウディを聖別するというのはカタルーニャの人にとってどうなんだろう。

カタルーニャはスペインでも一番、毎週教会に火曜カトリックが少なく5%しかいないそうで、それにも驚いた。マドリードとのライヴァル意識も大きいようだ。
マドリードのカテドラルへのわだかまりもあるそうで、スペインはなかなか複雑だ。

聖ガウディか・・・

認定には奇跡が必要だな。

増殖し続けるサグラダ・ファミリアそのものがすでに奇跡みたいなものだけど。
[PR]
by mariastella | 2010-11-13 06:14 | 宗教
<< ドイツの多文化主義 お知らせ >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧