L'art de croire             竹下節子ブログ

フランス軍がトンブクトゥーを「解放」した

フランス軍が、マリの北部でジハディストに占拠されていた主要都市のトンブクトゥーを意外に早く「解放」したというニュースが流れた。

もちろん、フランスのメディアは、フランスに泣いて感謝する住民の様子、この10ヶ月の「悪夢」の様子を熱心に報道している。

戸外でタバコを吸っていただけで子供から引き離されてとらえられた母親とか、公開の場所で麻薬を投入された後で手や足を切断される処刑をされた人々のこととか、全身をヴェールで覆わずに外出して鞭うたれた女性の話などだ。

フランス軍が来て、それらすべてから解放されて恐怖が去り「自由」が戻ってきた、と人々が喜ぶのは多分本当だろうし、それを見て、フランス軍の兵士が介入した甲斐があった、とにこにこしているのも理解できる。

昔からの交易地であるからイスラム圏といってももともと自由な気風の都市だったろう(サウジアラビアでさえ、港町ジェッダなどでは今でもリヤドなどに比べるとずっと自由であるそうだ)。

ヨーロッパの他の国も、脆弱なマリ政府への軍事訓練や武器提供に向けて動き始めた。

ただし、この光景を見ていると、原理主義ワハビストの拠点であるサウジアラビアのリヤドのことを思わざるを得ない。

リヤドでこの30年間、宗教警察がやっていることは、トンブクトゥーでジハディストがやっていることとまったく同じだからだ。

手足や首を切断する公開処刑があること、女性が外で全身を黒のヴェールで隠さなければならないことも同じだし、飲酒の禁止などはたとえ個人の私宅でも宗教警察が踏み込んでアルコール類の保持をチェックすることができる。

もちろん信教の自由はない。

民主主義国ではなく国土は、宗教の庇護者でもある王家の「私有物」の扱いだ。

けれども、サウジアラビアには石油があり、金がある。

アメリカ軍やフランス軍が武器や技術を売っている。

移民労働者はともかく、都市のサウジアラビア人たちの生活水準は高い。

一夫多妻も認められているから、王族だけでも数万人に達する。

黒いヴェールで全身を覆う女性も、ヴェールの下はパリのオートクチュールの服を着て宝石で着飾っている。
移民のメイドや運転手もついている。ヨーロッパのあちこちに持っている豪華な別荘やアパルトマンに滞在する時は、ヴェールもかぶらないし、ブティックを借り切って買い占めた衣服や靴を何十というヴィトンのスーツケースに入れて移動する。高級ワインだって飲める。

石油と贅沢品と軍事産業のマーケットがちゃんと均衡点を見出している。

これはワハビストの偽善ではないか。

いや、サウジアラビアのワハビストの宗教警察は王家の偽善を苦々しく思っているだろうし、王家はイランのようなイスラム革命の勃発を避けるためにとにかく形だけは厳格な宗教原理主義を実践、擁護している。

金があって、外国や自宅でガス抜きできるなら、外面を整えて秩序を守ることは偽善でなくてとりあえずの「大人のサバイバル」といえるかのようだ。

公開処刑される者は圧倒的に移民労働者が多い。窃盗罪で片手首を切断される。

金持ちは盗まなくてすむ。

で、ワハビストの揺籃となり資金も提供していると言われるサウジアラビアに出向いて人々を「解放してやろう」などという「国際社会」は存在しない。

ワハビストに占拠されたトンブクトゥーの入り口には「これより先シャリア法適用」という看板が立っていた。

貧しい国におけるこのような突然の原理主義者による圧政は住民にとって悲惨なものであったことは想像がつく。

単に、市場原理のせいでサウジアラビアが「欧米」となかよくできているのではなく、金が潤沢にあれば、多くの人々自身が、原理主義ともそれなりに折り合いをつけていけるということなのだ。

平均的サウジアラビア人のリヤドでの生活は、若者たちの欲求不満があるとしても、決して「悲惨」ではない。

(その辺の矛盾を私は『不思議の国サウジアラビア―パラドクス・パラダイス(文春新書2001)』で書いた。9・11の直前で、ワハビズムと王家の直接の批判は検閲されるから絶対に書くなと現地で念をおされた)

金や偽善で妥協したり折り合いをつけたりできるなら、人はなるべくなら争いを避けてサバイバル戦略をとる。

「ユダヤ人はみな殺し」と言われれば、逃げるか抵抗するか殺されるしかない。

でも「踏み絵をふまなければ磔にする」と言われれば、踏み絵を踏んで助かることができる。

「女性は鞭打ち」と言われれば、逃げるか抵抗するか鞭打たれるしかない。

でも「ヴェールをかぶっておとなしくしていればOK」と言われれば、外でヴェールをかぶってうちの中や外国でストレス発散できる。

「人はみないつかは年とって死ぬ」と言われれば…?

これも、金さえあれば、アンチエイジング、高額先進医療、衣食住の贅沢三昧などで、ある程度は延命や生活の質の改善を「買う」ことができるのだろう。

どんな時代にどんな国にどんな共同体に属して生まれるかを人は選ぶことができない。

遺伝子も選ぶことができない。

めくるめくような不平等だ。

いいかえると、時代的に、地政学的に、運が良くて、しかも遺伝子強者に生まれてきたような人には、それは自助努力と関係なく「与えられたもの」なのだから、「自分より運が悪い人たち」対する義務も同時に与えられているとも考えることができる。

しかし、そういう「信念」に基づく利他的な行動さえも、自分の思い込みによっては他者の生活への一方的介入や価値観の押しつけになってしまう。

やはり、歴史に学びながら、自分の生活圏や文化圏を超えた普遍的な人間の尊厳の意味を常に視野に入れることが必要とされるだろう。

それが、少なくとも、軍事力強化や資金や武器の提供の道とは違ったところに向かうと願わざるを得ない。
[PR]
by mariastella | 2013-01-29 19:10 | 雑感
<< Le Ballet de la... 2013年初頭のアフリカ情勢で... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧