L'art de croire             竹下節子ブログ

ノーマン・メイラー、木村拓哉、マザー・テレサ

この記事のタイトルは奇妙な三題話のようだが、ノーマン・メイラーの 『The Gospel According to the Son(息子による福音書)』(息子というのは父と子と聖霊の「子」にあたる。イエス・キリストのこと)をネットで調べていくと次々とつながっていったものだ。

ノーマン・メイラーはユダヤ系アメリカ人の有名なノン・フィクション作家だが、この本は彼がナザレのイエスを一人称にした「福音書」でその人間としての生と死を語らせたフィクションである。私は今ユダ論を書いているので、ユダヤ系の彼がイエスの一人称の物語でユダの裏切りについてどう書いているのかを知りたかったので興味をもつことになった。

そのついでにこの作品の日本語訳が出ているのかと検索してみたら、

角川春樹事務所から 『奇跡』 (1997)というタイトルで出ていて、その後、改題されて『聖書物語』(ハルキ文庫)になっていた。

キリスト教国では「福音書」という言葉が一番インパクトがあるのだけれど、日本だとまず「奇跡」と銘打って出版し、それでは結局何のことかわからないので次には、べたに「聖書物語」としたらしい。中途半端だ。

キリスト教というのはナザレのイエスが苦しんで死んで復活して昇天したというのがセットとなってはじめてイエス・キリスト(救い主)への信仰が生まれたのだから、人間として死ぬまでの部分だけで終わるとそもそも理解できない仕組みになっている。

その日本語訳の感想をネットで調べていたら、「今までよくわからなかった新約聖書のことがすごくよくわかってイエスの人間的な感情に共感できた」というニュアンスのものが目についた。

その「人間的なところ」というのは、イエスが奇跡を起こしたり説教したりしながら、貧しい人や虐げられている人々を救おうと必死になっているのに、その使命を彼に与えた父なる神が今ひとつ力になってくれないで最後は彼を見捨ててしまうことに対する苦しみや絶望であるらしい。

で、この本の感想を書いている人たちが、「ICWRの木村拓哉の絶望と同じだよね」というようなコメントをしているのに気がついた。「ICWR」って、いったいなんだろうと思ってさらに調べたら、「I come with the rain」というフランス映画だった。

木村拓哉の演ずるシタオという中国人らしき男が、他人の痛みや苦しみを自分に引き受ける能力を持っているのだが、その苦しみはいつまでも終わらないし、もはや神の声も聞こえない、答えてくれない、と絶望している。それがイエスをモデルにしているということだった。

そんなフランス映画のことは知らなかったので検索すると、ベトナム人のトラン・アン・ユン監督作品だが、フランスでは製作会社との間ですったもんだの裁判沙汰になっていて、彼が結局ファイナル・カットをまとめずに放棄したので、フランスでは上映されていない。日本で上映されたものを見た監督が「ひどいものだ」、とコメントしていた。その後もこの作品の上映禁止を訴えたのに結局あちこちで出回ったのは遺憾だ言っている。

さらに、木村拓哉の苦しむ姿をキリストに重ねた日本人の感想の中には、「そういえばマザー・テレサも晩年に神を見失った、と言っていた、さぞ苦しかっただろう」というものがあった。

つまり、イエスの受難、ICWRの木村拓哉の苦しみ、マザー・テレサの試練は、いずれも、使命に生きながら「神の声が聞こえなくなる」絶望の深さが共通しているというわけだ。

これって、まったく「福音」とは言い難い。

神の姿を見失ったり聖霊にインスパイアされなくなるという「信仰の闇」を生きた聖人たちの話は決して少なくないが、イエスの場合は全く異なる。イエスは何かを信仰しているのではなく、神や聖霊と共に救いの業に携わっているわけだから、苦しんで死んだのも復活に必要なステップだった。

イエスを「使命に生きながら苦しんだ賢人」のように扱ったり、キリスト教を「モラルの体系」のように扱ったりする流れというものは、どこでもいつの時代にもあったわけだが、「福音」という響きに背を向けたい誘惑というのはいったいどこから来るものなんだろうとあらためて思ってしまう。
[PR]
by mariastella | 2013-06-07 07:38 | 雑感
<< フリーメイスンとカトリックにつ... パードレ・ピオの遺体公開 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧