L'art de croire             竹下節子ブログ

サルデーニャのサン・ロレンツォ教会のことなど

前の記事で、パリのユニークなセント・セシル教会について書いたので、そのつながりで、最近見たあまりにも斬新で、最初はぎょっとしてどこかのカルトの神殿かと思った教会を紹介しよう。

といっても、適当な画像がネット上に見つからない。

Portorotondo La Chiesa de San Lorenzo で画像検索してもぴったりのものがないのだが、雰囲気は分かると思う。

7月に招待されて訪れたサルデーニャ島のポルト・ロトンドにあるサン・ロレンツォ教会だ。

まるで現代美術の野外展みたいな教会だ。

突然、燃える日輪のようなものだけが中央にある四角い正面が迫ってくるので一瞬「太陽寺院」などのカルト宗教の本部かと驚いた。

これが教会、しかも普通のカトリック教会だなんて。

十字架はないのか。

裏側に、運河から見上げるような階段の上にサルデーニャ御影石のオブジェがあって正面からだと十字架に見える。横からだと丸い。

よく見ると日輪の炎も歴代ローマの法王の横顔の連なりになっている。

正面扉の前の床の半月形のカラフルな敷石にも同じプロフィールの輪郭が見られる。天井も鐘楼も扉も、すべてに「意匠」が凝縮しているが、素朴な遊びの精神も感じられて、はじめはぎょっとしたが、細部にはわくわくさせられた。

特に天井の木の細工はすばらしい。

サルデーニャの教会は伝統的なものも、船底を水底から見上げたような木の天井に地元の御影石の柱廊という組み合わせがスタンダードでそのマチエールのコントラストが生き生きしている。11世紀から12世紀に建てられたオルビアのカテドラルにはおそらくバロック時代の印象的な聖母像があった。

「意匠」と言えば、このポルト・ロトンドという町自体が、50年前に兄弟アーティストによって細部まで設計されていて教会もその一部なのだ。舗道も広場も、同じ感性で意匠が凝らしてあるので統一性がある。

アガー・ハーンがエメラルド海岸(Costa Smeralda)を開発して、ポルト・ロトンドはその中心として「サルデーニャのニース」を目指して人工的に造られたのだ。

港には大富豪たちのヨットがひしめいている。

すぐそばには地中海が広がり山も見える。

自然の中に突然現代アートが広がるという感じは瀬戸内海の直島での驚きに似ていなくもない。

そう、いくらコート・ダジュールを目指した、ニースを真似たといっても、はっきりいって全体の鄙びた感じはいなめないからだ。地形の起伏も激しく大岩奇岩があちこちに露出している。

でも、直島はローカルなところに世界中からアートを集めたという感じだけれどこの町は兄弟の頭からすべてが生み出されただけあって親近感のようなものがにじみ出ている。

サルデーニャ全体はずっと大きいし、フェニキア人のものなのか、古代の水の女神の聖地も残っていて、ショッピング・モールの隣に突然遺跡が広がっていたりする。私が訪れたのはPozzo Sacroで、階段を下りると藻の浮かぶ透明な「聖水」に触れることもできるが、それを囲む祭場のようなところにも至るところから水がしみ出して泥状になっているところもある。周りには色とりどりのブーゲンビリアの花がびっしりと咲いていた。

サルデーニャのコルク細工に買い手の名前を入れてくれて絵を書いてくれるEdoardoさんと話した。

地中海人に見えない。

聞くとお母さんが島の人だが、父は「大陸」の人間で、しかも父方の祖母はドイツ人なのだそうだ。祖父が海軍士官だったそうだ。ドイツとイタリアは同盟して戦っていたからそういう出会いもあったわけである。

おばあさんは、みんなから「プロシアーナ」と呼ばれていたそうだ。このことを話す時、「あなたを信用して打ち明けるが…」と言ったのがなんだかほほえましかった。

エドアルドさんの両親は離婚し、彼はマルセイユにいたおじのところに渡り、後にシャンパーニュ地方でも働いた。モロッコ産のコルク製品を扱ってから、故郷に帰ってサルデーニャのコルクの質の高さに驚いたと言う。そんなわけでフランス語を話せるのが嬉しいらしくて、いろいろなお土産をもらってしまった。

フランス人は隣のコルシカ島に行くからサルデーニャの観光客は意外に少ないらしいのだ。

目と鼻の先の二つの島だが、コルシカ島からは大陸の「皇帝」になってしまったナポレオンが生まれているのだから、二つの島のフランス度とイタリア度は今となってはだいぶ隔たってしまったというのがおもしろい。
[PR]
by mariastella | 2013-08-05 02:45 | 雑感
<< ラマダンがもうすぐ終わる。 音楽の守護聖女 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧