L'art de croire             竹下節子ブログ

フランスのテロ事件 その3

思えば9・11の時も、家族がNYにいたりして、いろいろな情報が入ってきたが、今回のパリのテロも、当然だけれどかなりコアな情報も入るので、いろいろ考えさせられる。

昨日は、まだ人質事件が解決していない時点でコンセルヴァトワールでの室内楽の初練習に行った。

ピアノとヴァイオリンとヴィオラのトリオで、一週間の名前がついているテレマンの組曲みたいなのを次々に初見していったのだけれど、「金曜日」のイントロダクションが特に気に入った。

はじめはテロの犠牲者のために「レクイエム」を弾こうかとヴァイオリニストのジャンが言いだしていたのだが、テレマンの美しく楽しい曲に癒された。

ピアノ(実際は通奏低音部分)を弾いたコリンヌは、その時にシャルリーのテロリストが立てこもり中だった町から車で10分のところに住んでいて、途中で娘から経過を知らせる電話がきたりしたのでみんな落ち着かなかったのだ。

コリンヌの夫(クラリネット奏者)は昔19区の小学校で音楽を教えていたことがあって、今回のテロで車を運転するなどいろいろ協力したという18歳の青年(テロリストの義弟)のことをよく覚えているという。少年が絶対に歌を歌わず、縦笛を吹くことも拒否したからだ。 

今回のテロリストたちの少年時代を知る人の証言で、みんなごく普通の少年(あるいは普通のチンピラ、普通の不良)だった、というようなものが流れているけれど、今から8年前にはもうテロリストたちは筋金入りのイスラム過激派に変貌していたのだから、この義弟もしっかり洗脳していて「育てて」いたのかもしれない。音楽を禁止するというのもイスラム過激派にはあるからだ。

室内楽の練習から戻って、行く前に書いていた記事をアップし、ひとりの生徒のレッスンを済ませてテレビをつけたら、テロリストたちが全員殺されていた。

パリの北郊外の印刷所で人質になっていたと言われていた26歳の男性は実はずっと隠れていてテロリストたちは彼の存在に気づかなかったそうだ。
で、その男性は携帯電話を通していろいろな情報を警察や特殊部隊に流していたと言う。

ヴァンセンヌのユダヤ人用食品スーパーに立てこもった別のテロリストも、ある人に電話した後で切るのを忘れてしまい、その人から通報された警察に通話中のままの電話を通して中の様子を逐次知られていたという。

印刷所に押入ったテロリストは「民間人は殺さない」と言ったそうだ。

シャルリー・エブドのテロ現場で隠れていて助かった人も、乱射が終わった後でテロリストが「これで全部か」と言った後、女性が生きているのを見て「女は殺さない」と言ったのを聞いている。

なんだか、やくざが親分から

「堅気の者には手を出さないように」

と言い含められているように、これは無差別テロなどではなくて

「標的を絞って処刑し、関係のない民間人は巻き込まない」

という立派な聖戦だと洗脳されている落ち着いた確信犯だと想像できる。

木曜日には女性警官が殺されたが、警官は警官というだけで立派な標的になる。

ユダヤ人向けスーパーではすぐに人質数人を殺害した模様だが、ユダヤ人は「パレスティナの報復」ということで「民間人」には入れてもらえないのだろう。

特殊部隊の突撃は、二ヶ所でほとんど同時に行われた。ヴァンセンヌの犯人がテロリスト兄弟を逃がすことを要求していたから、ばらばらに突撃することはできない。

実際は、兄弟たちは武器をもって出てきて攻撃したので殺され、ヴァンセンヌではそれを受けてすぐ突撃に入ったそうだが、その時間は犯人が祈っていた時間だと聞いた。

それは偶然ではなくて、印刷所から打って出たテロリスト兄弟は、祈りの時間だからこそ、武器を取って撃たれる「聖戦の殉死」にさらに箔がつくと見なしていたのかもしれない。

こういうディティールはすべて、カルト系テロリストを思わせる。

はじまりは社会からドロップアウトしたただの「不良」でも、軍隊の武器を手にして訓練して「戦いの大義」を叩き込まれると冷徹な「プロ」のテロリストになるという例だ。

自爆テロなら、覚醒剤とかを使ってとか、あるいは絶望してなど、異常な精神状態で突撃するというイメージもあるけれど、この手の「洗脳」されて自分たちの大義や正義を信じ切っているテロリストというのは怖いものがなく落ち着いているというのがおそろしい。

うちの家族の一人はパリの軍の病院で医学教育についての講座に出席していたのだが、出席者の半分以上がスマホに釘付けで、そのまま救急医として呼び出されて退席した人もいたそうで異様な雰囲気だったらしい。

最も影響を受けたのはやはり義妹で、各宗教界代表として緊急に大統領に呼び出された姿が水曜のテレビにもう映っていた。

今年の3月には仏教者連合の代表を辞める予定なのに災難だ。

木曜にはパリのモスクで宗教界代表が共通コメントを出して正午の黙祷をいっしょにしたのだがそれにももちろん出席した。

あちこちのモスクが攻撃されていて、テロリストと一般のイスラム教徒を混同しないようとフランスのムスリムは必死に呼びかけている。

それでも共同声明を考える時にはそれなりに難航したそうだ。

前にも書いたが、シャルリー・エブドがムスリムだけでなくあらゆる宗教(仏教は別だけど)を過激に冒涜していたというわだかまりが底に残っている。

文化的、歴史的に「共和国の敵」とされた過去のあるカトリックはもちろんだが、もともとそのカトリックを否定することで生まれたプロテスタントの方は、冒涜されたという傷が少ない。で、プロテスタント代表が、黙祷の時に例の「Je suis Charlie(私はシャルリー)」というバッジを全員つけようと提案したそうだ。

しかし、シャルリー・エブドに傷つけられてきたカトリックだのムスリムだのの心情を察し、余計なテンションを招くことは避けようと義妹が言ったので却下されたという。

百万人の人出が予想される日曜の「共和国行進」にも当然参加しなくてはならない。

日曜朝の公共放送の宗教番組でもこの宗教界代表が集まって話すことになっている。

日曜、大統領だけではなくドイツやイギリスやイタリアの首脳も参加している間はさすがに警備がマキシマムだろうが、それが終わったら速攻で帰宅すると言っている。

「出家」によって瞑想三昧の生活を目指していたはずの義妹にとって皮肉な、大忙しの毎日である。
[PR]
by mariastella | 2015-01-10 08:38 | フランス
<< フランスのテロ事件に思うこと ... フランスのテロの続き >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧