L'art de croire             竹下節子ブログ

翻訳について

翻訳について

ジイドは80歳になってロシア語の勉強を始めた。
ドストエフスキーの本質はロシア語に宿るのではないかと思ったからだ。

『悪霊』の訳が『Les démons(悪魔たち)』か『Les possédés(憑かれた者たち)』の二種類あって、そのタイトルだけで読者の魂の向き方が変わると思ったのだ。

でもロシア人の文学者には、フランス人のドストエフスキーに対する高評価の多くはフランス語訳の質の高さによっていると強調する人たちがいる。
彼らに言わせると、ドストエフスキーのロシア語はトルストイ、ゴーゴリ、プーシキンにはるかに及ばない。

フランス人もゾラについて同じようなことを言う人がある。

バルザックやユゴーの場合も同じことが言われがちで、これらの作家が外国で高い評価と人気を博していても、ラシーヌ、ヴェルレーヌ、マダム・ド・ラファイエット、プルーストのフランス語には及ばない、と。

オーストリア人のリルケはフランス語で書くことを愛していたが、「完璧を求めるこの言葉」の難しさを認識していた。リルケの残したフランス語の詩の評価は低い。

上田敏によるヴェルレーヌの翻訳詩や日夏耿之介によるポーの翻訳詩や斎藤磯雄によるリラダンの翻訳文学が優れているのは、彼らの「翻訳術がうまい」のではなくて彼らの「日本語能力」が優れているからだ。

逆に言えば、日本語の感性や美意識さえすぐれていれば、原作が平凡な作品でも錬金術のように変質させることができる。

私がフランス語を普通に読めるようになってから分かったのは、たとえ自分ですばらしい文を書けなくても、すばらしい文のすばらしさはそのまま理解できるということだ。

脳内翻訳という手続きはまったく必要ない。

読んだフランス語の日本語訳を目にしたら、今度はそのまま日本語脳でキャッチするのでまた別の世界だ。

もちろんフランス人でもフランス語の鑑賞能力に差はあるのは、日本人でも日本語の鑑賞能力や読解力が人それぞれ違うのと同じだ。

「詩」のように「文法」の決まりごとや「語彙」の意味以外の多くのものから成り立っているのではなく、演劇のように人間性のドラマのストーリーが中心になっているものについては、それでも、原作の世界に翻訳の世界がかなり近づけるものがある。

Jean-Luc Jeener の新作『アルツハイマー』を翻訳したいと思うようになってから考えていることを書いてみた。

私たちは認知症になった親しい人をそうでない時と同じように愛せるのだろうか、
いや、たんに、親しい人が老いて衰えた時に、愛し方が変わらないだろうか?

ウェブの世界などでは、人について「劣化」などというモノについての形容がよく使われている。

「人」は「劣化」した時点で「共に生きる」ことから脱落するのだろうか。

他者が「勝手に」「劣化」していくときに、私たちは彼らを捨てる、あるいは二級カテゴリーに入れてしまう罪悪感から逃れようとして、むしろ親しい他者の方が「共に生きるべき人生」という戦線から勝手に離脱したのだ、自分たちは捨てられた、裏切られた、という思いを抱いてしまうのではないだろうか。

そんな風に、残される人を顧みずこの世から去っていく時、「死ぬ」のはいったい誰なのだろうか?

季節も日も分からず、同じ時を生きず、わが子に「あなたはどなた?」という不可解な他者が死ぬのだろうか?

「魂は永遠に」という「魂」はすでに「劣化」か「崩壊」していて、肉体の死の後で復活するのだろうか?

そのような問いを前にカトリック劇作家が試みた答えはどういうものだろうか?
[PR]
by mariastella | 2015-01-18 21:28 | 雑感
<< 教皇の「ウサギ」発言 ユーモアと冒涜について その2 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧