L'art de croire             竹下節子ブログ

子供の貧困とル・ナン三兄弟

最近、子供の貧困について雑誌に記事を書いた。

「貧困」が話題になる時、目に浮かぶのはルーヴル美術館に飾られているル・ナン兄弟の『農民の食事』だ。

単に「農民の食事」といっても、この解説の絵を見ると分かると思うが  ここには三種類の階層が描き分けられている。

中央がおそらく農場主で、襟が開いていないのは「労働」をしない人だからだ。

ワインとパンはカトリックの聖餐を思わせる。

分厚いパンは皮が厚いことで中の柔らかさが保てるタイプのもので「金持ち用」と言える。

向かって左の家族は雇いの農業従事者とその妻子だろう。ズボンのひざは破れているがまあ状態のいい服を着て靴も履いている。

右には物乞いと思われる父子がいる。
二人とも裸足だ。

招かれて共に食卓に着いているのだろうが、三グループの社会的立場の差は歴然としている。

まず、左の男にグラスが渡されたらしくもう飲み始めている。

主人のグラスの持ち方から見ても、このグラスをこの後で右の物乞いに差し出そうとしているのが分かる。

左の男はひょっとして、物乞いと同じテーブルにつくのを快く思っていないのかもしれない。

他のグラスがない所を見ると、食事を共にするというより、農場主が一方的に施している「お恵み」のようにも思える。

それにしてはホスト役のまるで貧しさを恐れるようなおびえた目つきが気になる。

物乞いの父の方は、グラスに手を差し出そうともせず帽子を膝に、うつろな目をしている。

後ろに立つ息子の方は挑戦的な視線をこちらに向けている。

そして、後ろから眺める形の、左の家族の子供の目、大きく開いた彼の眼も、絵の前に立つ人々をじっと見ている。

農場主の後ろでヴァイオリンを手に父の指示を待っているかのような少年は彼の息子なのだろうか。この「招待客」の食事のバックで演奏するように言われて待機しているのだろうか。

各自の思惑がものすごくちぐはぐで、居心地が悪く、それでいて、強烈だ。

都市の貧困が目立つようになり多くの修道会が貧者や病者に施しをしてまわった17世紀半ばにパリの真ん中で暮らしてバロックの宗教画だけでなく社会的なテーマを扱ったル・ナン兄弟は、パリの通りであえぐ貧者を敢えて描かずに、「農民」の姿にそれを託したのだろうか。

明暗や小道具のディティール、表情や視線の描き分けが見事すぎて、「格差」を前にした時に人はどうふるまうべきなのかについていろいろと考えてしまう。
[PR]
by mariastella | 2015-04-30 01:52 | アート
<< 5/31の2つのコンサート ヴィトゲンシュタイン一族のあれこれ >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧