L'art de croire             竹下節子ブログ

ジャファール・パナヒの「テヘラン・タクシー」

2015年のベルリン映画祭で金熊賞を受賞したイランの監督の作品「TAXI」。

監督のジャファール・パナヒは2010以来映画製作を禁じられていて、タクシーの運転手を実際にしているのだが、それを利用して、タクシーに乗り合わす客の様子を撮影してテヘランのいろいろな問題を見せるという構成になっている。

実際は脚本があって演技されているのだが、パナヒ監督が実際に運転席から客の会話や生態を観察しながらインスパイアされて再構成した虚実ないまぜのおもしろさがある。

監督の実際の姪の少女が学校の課題で短編映画を撮ろうとしていて、教師から様々な制約を課せられるのを読み上げるのも愉快だ。一昔前まではプロのカメラマンのものでしかなかった「撮影する」という行為が、今は子供たちの手にまで届き、その中で「検閲」とは何かということも問われている。

真紅の薔薇の花束(薔薇はペルシャのシンボルでもありここでは自由の希求のシンボルにもなっている)を抱えた人権は女性弁護士も実名で自分の役を演じている。パナヒも弁護士も政府から活動停止を命じられているのだが、いろいろな形で活動を続けているのだ。

パナヒが客から映画監督のパナヒだと気がつかれることが少なくないらしいことも分かる。運転技術はいまひとつなのだが、この人は、当局からにらまれて陰で映画を撮り続けるという反骨のイメージとはちがっていつもにこにこと笑顔をたたえた暖かい父親的雰囲気の人だ。

タクシーの中という限られた空間なのに、金魚の泳ぐ鉢をかかえて乗り込む女性がいたり、事故にあって血まみれの男が付き添いの妻に遺言を残すからとパナヒの携帯で動画撮影を頼んだりとシュールなシーンが続く。

公式には禁止されているアメリカ映画などのDVDの貸し出しをしている男もいる。イランでは多くのものが禁止されているが、禁令を迂回する方法もたくさんあって、ルートがいろいろある実態が分かる。

最後は実際に警察にカメラを壊されてしまうところでブラックアウトとなる。

映画の上映の後で、イラン人のイラン映画研究家との質疑応答があり、その中で、イランの女性の進出についての話があった。

私はもうずいぶん前に朝日カルチャーセンターで講義をした時に、宗教における陰陽の話で太陽と月が男と女のシンボルとされる話になった時に、出席していた女性から、それは差別だと言われたことがある。

その時に、その人から、イランでは一見、男女が分けられて差別されているように見えているけれど実は女性はすべての分野に進出していて、数も男性と拮抗している、日本よりも男女同権が進んでいるのだ、と教えてもらった。
それ以来そのことがずっと頭にあったのだけれど、映画の後の解説で、女性は弁護士にはなれるが裁判官にはなれないのだと知った。

それではやはり差別があることになる。

けれども、女性が進出できる分野では普通に選別していては医師や教師など女性の数の方が圧倒的に多くなるので、男にもチャンスを与えるようにと逆差別のクォータ性が導入されているのだという。

なるほどイランは逆説的な国だ。
[PR]
by mariastella | 2015-05-26 05:50 | 映画
<< コンサートの写真と新刊について オリエントのキリスト教徒、マイ... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧