L'art de croire             竹下節子ブログ

戦没者慰霊塔

戦没者慰霊塔というのはフランスのどこの自治体にもある。

わりと勇ましいものが多いのだが、共和国のシンボルであるマリアンヌが戦死した兵を悼む「ピエタ」型のものがある。

死者なしの女性のみのタイプも少ないけれどある。
ブルターニュの街の『痛み』というこの像も素晴らしい。

これら「母」の哀しみは、戦死者の栄光というような甘いものを吹き飛ばす。

これはどこのものか分からないけれど鮮烈だ。
従軍司祭のためのものかもしれない。

戦わずして殺された十字架のイエスにすがる姿は、神の名によって殺し合うことの倒錯をよく示している。
[PR]
by mariastella | 2015-11-13 01:11 | フランス
<< キリスト像を壊した司祭の話 アンドレ・グリュックスマンの死 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧