L'art de croire             竹下節子ブログ

出雲の国の話

20日から松江に3 泊した。

前に山陰地方に行ったのはもう半世紀も前で、それでも宍道湖の雰囲気やハーン旧居のことは印象に残っている。今回は宍道湖の日没の写真も撮れた。すぐにメールで何人かの友人に送ったら、

「死者たちが、私の目を通して

湖の夕映えを眺めてゐる。

涙していゐる。

あの猿の尻のやうにまつ赤なまつ赤な雲を見て、

たまには笑へ、死者よ、死者よ。

(入澤康夫『死者たちの群がる風景』より)」

という詩の一節で返事を下さった方がいた。

出雲の国って冥界との境界領域なのかという印象がさらに深まる。

一畑電鉄の電車でゴトゴトと出雲大社に出かけ、古代出雲歴史博物館をたっぷり見学した。

ロビーに展示された宇豆柱は迫力があるし、遷宮の特別展があったので遷宮のことがよく分かったし、常設展の銅剣、銅鐸にも圧倒される。

銅が貴金属であるということにあらためて想いが至る。

寄り代としての剣の意味についてコミックの『八雲立つ』というのを読んだとき立てた仮説が実感をもって思い出される。

大社の本殿の天井に描かれた「八雲」が七つしかないことについて、八つ揃えばそこで終わりになるので「まだ終わりではない」というのをあらわしているのか、神魂(かもす)神社の天井には九つあるというのでそこに一つ飛んでいったのだとかいろいろ説があるそうだ。

次の日に神魂神社でたずねたら、そこでは八雲とは呼ばず「九重(ここのえ)の雲」と呼ぶのだそうだ。

揖屋(いや)神社でもたずねたら、確認されているのは五つだそうで、そうなると、「八雲」というより、みな奇数なので、二つに割り切れる数字を避けるという考えがベースにあったのかもしれないという気もする。

狛犬の姿勢や、黄泉の国の境界領域や、出雲の弁天信仰などについていろいろな論文を見つけて購入したのだけれど、雲の数についてはまだ見つけていない。

弁天信仰というのは、雨がやんだので稲佐の浜に出て、どうしてこの出雲の国の国譲り神話の重要な場所に神仏分離に反する弁天島があるのかが気になったので調べたものだ。
結局海や航路、船を守るというプラグマティズムが優先したということらしい。

天領となった出雲で出雲大社が江戸自体にすでに神仏分離を決行したこと、そこには天台宗鰐淵寺との権力争いがあったこと、その「分離」の仕方は後の明治維新の神仏分離法の試行錯誤と比べても興味深い。

稲佐の浜の次に手錢記念館に案内していただいた。

江戸時代に造り酒屋で財をなした手錢家による橙の茶道、華道などの美術工芸品のコレクションを一般公開しているところで、出雲という場所、蔵の空間、工芸品に注がれてきたこだわりの視線、顫動しながら工芸品に巻きまつわる「時」の濃密さと、解説してくださった学芸員の佐々木杏 里さんの記念館や展示品への愛にあふれる知的でさわやかなイメージの取り合わせが絶妙だった。

お庭もすてきで、大社、稲佐の浜へと訪れる人々にも絶好の立ち寄り先だ。

蔵のスペースと音響を利用したコンサートも行われるそうでピアノも置いてある。

ここで能管を演奏していただいたのだけれど、能管の音はヒュー、パシッと音を立てて時空を切り裂いてまさに境界領域を開いてくれるので、工芸品も、それを創ってきた人のこだわりも、集めてきた人の思い入れも、そこにあるモノたちのざわめきまでもはっきりと感じられるようになる。
[PR]
by mariastella | 2016-04-28 14:23 | 雑感
<< 黒田清輝展 サイトのお知らせと27日のこと >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧