L'art de croire             竹下節子ブログ

シスターたちの見たテロ

先日テロのあったノルマンディの教会のミサには3人のシスターが出席していた。

愛徳姉妹会のシスターたちだ。

愛徳姉妹会はパリでも日本でもお世話になっている修道会でパリでも日本でもコンサートをさせていただいた。

そのシスターたちがテロに遭遇し、目撃し、証言している。

聖職者が見て語る蛮行とはどういうものなのか、和解と赦しはどのような視点、視線から出てきて何にルーツを持つのかを探るためにあまりにも貴重な証言なので、明日から少しずつ紹介します。

3人は、それぞれリタイアした看護師、高校教師、児童教育士(educatrice des enfants)として社会福祉にかかわり続けている方々です。
[PR]
by mariastella | 2016-08-06 17:44 | 宗教
<< シスターたちの見たテロ その1 母性愛の神話と母性遺伝子 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧