L'art de croire             竹下節子ブログ

マックス・ジャコブの回心 その13

(これは前回の続きです)

MJがパリを2度目に去ったのは、霊的な理由だけではなく、パリの生活を維持する収入が減ってきたということがある。

といっても、1930年代のはじめには音楽家に囲まれ、フランシス・プーランクの曲に詞を書いたし、1933年には教育相からレジオン・ドヌールの騎士章まで授与されている。

若い芸術家たちのよき友であり指導者であり、教育者であると認知されるなど、確かな地位を築いてはいたのだ。

宗教的にも偽善的に生きていたわけではなく、宣教的態度を隠さなかった。知識人の間で無神論または不可知主義が主流であった時代と場所で、MJは同性愛という重荷を背負いながらイエス・キリストによる救いを説いて回った。

彼を本当に打ちのめしたのは1932年に出会ったルネ・デュルスーとの恋の破綻だった。

ルネ・デュルスーはサンクレールという名で文芸評論を執筆していた青年で当時23歳、MJより30 歳以上若く、両親のもとに住んでいた。MJ は若い文人の先輩としてデュルスーの両親のうちに招かれたこともあるが、2人の関係は少なくともすぐには悟られなかった。

MJは若い友人たちすべてに恋心を抱いたわけではない。

欲望の処理は恋とは関係がなかったし、多くの友人は真の友人だった。

そのMJ がデュルスーに一目ぼれした。

デュルスーはそれに応え、愛の喜びと罪の意識が拷問のようにMJを苦しめた。

1933年の5月22日、MJ はリアーヌ・ド・プジー(この女性はMJより年上のもとキャバレーのダンサーで、同性愛者でもあり、40代で若い貴族と結婚して、夫の死後さらにドミニコ会の在俗修道女となるというこれまたユニークな人だ)に当てた手紙で、その情熱と愛の苦しさを訴え、それについての司祭から免償を3度拒絶され(すなわち改悛と従順の念を表せなかった)、それは破門(聖体拝領ができない)であって、死を考えたが自殺は許されないので死ぬこともできない、と書いている。

デュルスーとの愛は、『夜の訪問のバラード』の美しい詩に反映された。

MJのケースは、もし半世紀後であれば、全くとらえ方が変わったかもしれない。

アメリカの聖公会で同性のパートナーと暮らしながら司教にまでなったジーン・ロビンソンや、2016年3月にやはり聖公会のグランサム司教で同性のパートーナーと暮らしていることを公表したニコラス・チェンバレンなどの生き方や受け入れられ方を見ていると、問題は「同性愛」ではなく、一人のパートナーへの貞節な愛を貫けるかどうかということのようだ。

といっても、デュルスーは1992年まで生きて、ゲイ文学に関わっているから、MJの純粋な愛に忠実に応えることのできるタイプではなかったかもしれない。(それが破綻の原因だったのかも。)

でも、もし、MJが、もう欲望を不特定多数にむけることなく、本当に愛する相手と神との三人で安定した関係を築くことができていたなら、彼の苦しみ方は大きく変わっていたかもしれない。

本当に愛し合い助け合う関係を持続させるのは「2人の人間」だけでは難しく、いつも神の助けがいる。

現代のフランスでも、本当に愛する人とめぐりあって司祭をやめ、福祉の仕事について、相手と16年間暮らして先立たれた同性愛者の元司祭の証言がある。
それは、司祭の独身制を維持するカトリック教会においては、異性愛でも同じことで、女性と結婚して聖職を離れることを余儀なくされる司祭がいるが、そういうカップルはたいてい2人とも「神に仕える」気が満々のままであり、神を離れたわけではない。

司祭にまでなったような人が、地上の愛のために「神」を離れることなどめったにない。愛はいつも神の業であるからだ。聖職を離れ、教会を離れるのはまた別の次元のことである。

人はいろいろな「召し出しされ方」をするものだ。

MJとデュルスーの関係を見ていると、オスカー・ワイルドとアルフレッド・ダグラスのことを思い出してしまう。

(続く)
[PR]
by mariastella | 2016-10-06 22:50 | 宗教
<< ネコのアルバムより 『ヨーロッパの死者の書』 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧