L'art de croire             竹下節子ブログ

マックス・ジャコブの回心 その16

(これは前回の続きです)

二度目の隠棲生活においてMJは果たして自分の欲望と折り合いをつけられただろうか。
欲望には相変わらず苦しめられたけれど、それに打ち勝つ「方法」を見つけたと思えるエピソードがある。

1938年から39年にかけて何度もMJを訪問したジャン・クラリーの証言であり、そのエピソードは不思議な色合いを持つ。

「彼の寝室には暖炉が一つあり、その暖炉の前の床に赤いタイルが何列か張られていた。彼(MJ)はある日それを指さしてこう言った。」

「肉体の悪魔がぼくを執拗に責め立ててくる時、ぼくは裸足になって、いつも冷え切っているこのタイルの上に立つんだ。すると、急激に、あっという間に、悪魔は逃げ去る。
これで僕はすっかり解放された気分になるが、それも奴の次の攻撃までのことだ。
奴を撃退する方法をぼくが持っていることを知っているはずなのに。
いや、それとも、このタイルのおかげでぼくが簡単に勝利できるからこそ、悪魔がぼくをしょっちゅう苦しめに来ることを神が許しているのかもしれない。」

共同の修道生活という形態が始まる前のキリスト教における「荒野の隠遁修道士」の系譜においては欲望を鎮めるために茨の茂みの上を転がって棘で体を痛めつけるという克服方法があった。
「痛み」の感覚は脳にとっての優先情報となって他をブロックするから有効だったのだろう。かゆみをブロックするためにかゆいところに爪を立てるのと同じ「知恵」だ。
MJにとって足を冷やすことが本当に欲望を鎮める効果を発揮したのかどうかは分からない。
一度でもそれが「効いた」という成功体験がインプットされて一つの「儀式」として組み込まれて、欲望を自制することができたということかもしれない。
彼は自分が信じていたよりもはるかに危機管理の術を身につけていたのかもしれない。
荒野の隠遁修道士たちは別に同性愛の欲望に苦しんでいたわけではない。
MJの欲望が脳内で若い男に向けられていたとしても、それは脳内で若い女性を欲望する修道士の苦しみや克服の工夫と何ら変わることがない。禁酒や禁煙や麻薬を断つことに苦しむ人々とも変わらない。
MJのそれが同性愛であったことの不都合は、それが当時のキリスト教の常識で「罪」であったこと、そして、それが社会的にも「不都合」なことであった故に安定した伴侶を得て暮らすことが不可能に近かったということだ。
もしMJが異性愛者であったなら、同じように信仰深く貞節な女性と恋をして幸せに信仰生活を送ることができたかもしれない。とはいえ、異性愛者であっても、妻との愛がさめたり、裏切られたり、他の女性に誘惑されたり、などいろいろなリスクは避けられなかっただろう。
聖母マリアへの熱烈な信仰から考えても、MJには、異性愛であろうと同性愛であろうと、この世の生身の人間を通しては全うできない高い理想の希求があり、それは彼の創作における「美」の追求によって置き換えられた。アートにおける「美」に殉じたからこそ、MJ は多くのアーティストにとって信頼できる友、敬愛する師であり続けることができたのだ。
だからこそ、シニカルなエリートたちも、MJの「罪悪感に苛まれる姿」と「神を夢中に賛美する姿」の対比を嘲笑する代わりに、いつしか、MJの苦しみの中に自分たちが敢えて忘れようとしている「何か」を感じ取って、畏敬の念を抱くようになっていたのだ。

性的傾向が罪悪感を深めるかどうかは時代と場所と人間関係によって変わるものだ。変わらないのは、超越的な神に向かう意思を抱いた者が、性愛であれ酒や麻薬であれ、肉体的な渇望によってその方向とは真逆だと自覚される方向に引きずりこまれると意識した時の苦しさである。

その葛藤と戦ううちに突き抜けて開かれる境地もある。

MJを支えていたのは二度にわたってパリで彼の前に現れたイエスの姿であり、神が絶対に彼を見捨てることはないという愛の感知と確信だった。

それなのに、時代のもう一つの悲劇が、MJを襲った。(続く)
[PR]
by mariastella | 2016-10-12 18:24 | 宗教
<< マックス・ジャコブの回心 その17 マックス・ジャコブの回心 その15 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧