L'art de croire             竹下節子ブログ

マックス・ジャコブの回心 その17

(これは前回の続きです)

1940年、6月22日、フランスはドイツとの休戦協定を調印した。翌日ヒトラーがパリにやってきた。
親独ヴィシー政権が誕生した。
反ユダヤ主義政策が施行され、ユダヤ人であるMJは出版する権利、旅行する権利を失った。
これまでの作品の著作権も奪われた。

1942年の6 月から、黄色いダビデの星をつけることが強制された。

一度ゲシュタポに逮捕されたが、洗礼証明書のおかげで仮釈放された。

この時に彼は外国に亡命することもできた。そうしなかったのは、キリスト教に改宗していない家族の身を案じたことと、深い信仰生活によって死を恐れる気持ちが全くなくなっていたからだと言われる。(MJの家族は1825年頃ドイツから移住してきた。MJは7人きょうだいの4番目である)

1942年、義兄のリュシンアン・レヴィはコンピエーニュの収容所で死に、姉のジュリー=デルフィーヌも死んだ。1943年、一歳上の兄ガストンがアウシュヴィッツに送られて死んだ。

1944年2月24 日、サン=ブノワ=シュル=ロワールのバジリカ聖堂の地下聖堂で朝のミサにあずかったばかりのMJは、二度目にゲシュタポに逮捕され、ユダヤ人としてオルレアンの監獄に収容された後でドランシィの収容所に送られた。

列車の中でコンラッド・モニカンに宛てて

「ドランシィに連れていかれる列車の中で書いている。神のみ旨がなされますように。憲兵たちは親切だ。マックス」

と書いた。

翌日にはフルロー神父に充てて

「殉教が始まることを神に感謝します」

と書いた。

サーシャ・ギトリーやジャン・コクトーら友人たちが彼の解放を求めてドイツにかけ合った。

すでにしばしば苦しんでいた気管支炎と肺炎がMJを襲った。
共に囚われていたユダヤ人の医師は、衰弱していくMJが決して泣き言を口にせず「私は神とともにいる」と繰り返していたと証言している。

MJの唯一の望みは「カトリックとして死ぬこと」だった。

ユダヤ人を困らせないようにMJはそのことをこの医師にだけ打ち明けた。その気遣いは他のユダヤ人の心を動かし、みなが彼の願いをかなえようとした。MJのポケットに入っていたロザリオを周りにいたユダヤ人たちが指にかけてやった。彼の臨んだ司祭による「終油の秘跡(今は病者の秘跡)」と免償は与えるすべがなかった。

横たわるMJのそばに医師が座って覗き込んだ時、MJは医師を優しく見つめて、まるで最後の愛の言葉のように「あなたの顔は天使のようだ」と消え入りそうな声で言った。

1944年3月5 日、ドランシィのユダヤ人収容所の看護室でMJ は死んだ。

コクトーらによるMJの解放運動を知っていた御用メディアは、ハイエナのように冷たく「ユダヤ人の同性愛者」の死を伝えた。

最もひどい記事はこういうものだった。

「マックス・ジャコブが死んだ。人種としてユダヤ人で、出身地としてブルターニュ人で、宗教的にはローマ人で、性向はソドム人(同性愛者)であったこの人物は、あの腐って頽廃的なパリについて想像できる限りの最も典型的なパリジャンであった。彼の弟子のうち最も名が知れ渡っているのが、同じようにシンボリックなパリの典型をなすジャン・コクトーである。なぜなら、ああ、無念にも、ジャコブの後にはだれも梯子を引っ張らないからだ。」

「ヤコブ(ジャコブ)の梯子」というのは聖書のエピソードで

「すると、彼(ヤコブ)は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。 」(創世記28章 12節)

というものだ。

MJは天への階段をきっと見ていた。

「あなたの顔は天使のようだ」と最後に医師に言ったのだから、天使がMJに手を差し伸べたことは想像に難くない。

占領下のパリで世間から後ろ指をさされたジャン・コクトーは後にこう書いた。

「私はマックス・ジャコブの目よりも美しいものを知らない。顔のまわりに折り込まれたかようなあのような目を通過した後で彼の手から生まれる世界が詩になるのは、ほとんど当たり前のことである。」

ドランシィで死んだすべてのユダヤ人と同様にMJはまずイヴリィに埋葬され、戦後の1949年にサン=ブノワ=シュル=ロワールの墓地に移された。

その折にマックス・ジャコブ友の会のプロジェクトが立ち上がり、1950年1月20日にパリで正式の協会として発足した。最初の会長がジャン・ドゥノエルで名誉会長はMJのゴッド・ファーザーであったパブロ・ピカソだった。

1949年以来、MJの誕生日に最も近い日曜日に、マックス・ジャコブ友の会は、サン=ブノワ=シュル=ロワールで追悼のセレモニーを続けている。
[PR]
by mariastella | 2016-10-13 01:37 | 宗教
<< お知らせ マックス・ジャコブの回心 その16 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧