L'art de croire             竹下節子ブログ

あいりん地区で出会ったお坊さん

フランスから田辺にやって来た愛徳姉妹会のシスターたちは2週間後にはベック神父といっしょにあいりん地区にやって来たそうです。たくさんの子供たちを見たシスターたちが水を得た魚のように働き始めたのが目に見えるようです。

釜ヶ崎支援機構とかいろいろなストラクチャーがあって、なんというか、善意の喜びのエネルギーの高さに圧倒されます。ベック神父がシスターたち(聖心会のシスターたちも)と最初のセツルメントを作り、2番目のセツルメントもできていたのに、大阪の空襲できて全て焼けました。修道院と教会と病院だけは奇跡的に残ったのはベック神父に護られたのかもしれないということです。

三角公園で、毎週1回午後アコーディオンを弾くお坊さんに出会いました。アランを見たらフランスの曲を弾いてくれました。レパートリーがたくさんあって、皆さんが歌えるようにしているそうです。
c0175451_055662.jpg
[PR]
by mariastella | 2016-10-27 01:06 | 雑感
<< 鞍馬の魔王尊 大阪田辺教会 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧