L'art de croire             竹下節子ブログ

ある新任司祭に聞いてみたこと その1

Bくんは6月末にノートルダム大聖堂で司祭叙階され、パリのある教区に9月1日付で赴任した31歳になったばかりの青年だ。
チャンスがあったので、近頃の政治状況も含めて好奇心全開でいろいろなことを聞き倒すことにした。

--フィヨンのことどう思う? 投票した? みんなで政治のこと話し合う?

ぼくらは共和党の主催の選挙には参加できないんです。大統領選は行きます。
政治のことはほとんど話しません。政治は教会に関与してはいけないけれど教会が政治に対して意見をいうのは大切です。

--でもフランシスコ教皇の難民とか移民支援などに批判的なカトリックもいるよね。どう思う?

教皇のことや司教会議の決定についてはよく話し合います。
でも、反対だとか賛同できないという言葉は使いません。
そういう時は「理解できない」って保留するんです。

--7月にノルマンディでアメル神父が殺されたよね、怖くなかった?

アメル師が殺された時はWYDに参加していたんです。驚きました。何しろミサを挙げてた時の犯行ですから。

--あなたの教会は荷物検査とかするの? 怖くない?

検査はありません。時々兵士が付近を見回ってます。
それに…あのテロがあったのは地方の村で、しかも平日のミサで出席者4人、パリとは全然状況が違います。
あり得ません。

--でも、襲われたらどうする? 護身術って必要だと思わない?

教区の建物の下で週2回クラヴマガ(イスラエル軍の護身術)の教室があります。でもぼくはやってません。
ぼくがやったスポーツはフェンシングくらい。

--ふーん、フェンシングじゃテロ対策は無理ね。まあ、あなたの教区ってムスリム自体が少ないかも。

そんなことないです。近くに大きな社会福祉住宅の建物があって、そこはほとんどムスリムです。
でもアメル師の事件の後、ムスリムの人がミサに参加する機会が何度かあり、むしろ結びつきができました。
ある日、子供をベビーカーに載せたムスリムの女性が訪ねてきて、「私たちを赦してください」と言ったので感動しました。
うちの教会ではは、毎月「野次馬参加OK」っていうミサもあります。信徒1人が5人まで見学の人を連れてきていいというものです。いいシステムです。子供の時以来教会を離れてしまった人も来ます。

--教会のそばに住んでるの? 自分のアパルトマンとかあるの?

あります。教会のそばの赤煉瓦の建物。教区の事務所とかいろいろなものが入っていて、上に住む司祭は現在6人です。9月からの新顔はぼくと、神学研究に留学に来ているルワンダの神父の2人です。

主任司祭は50代で、助任司祭が37歳の神父と、僕の2人。あとはベルナルダンで神学講座を受け持つ教授、他の福祉活動をしている司祭が1人です。

******

ふむふむ。

給料は1000ユーロ前後。

続いて、ミサのこと、説教のこと、告解のこと、召命のこと、将来のこと、など遠慮なく聞いてしまった。
少しずつ紹介しよう。彼はフランスで私の知り合った最も若い神父だ。新しい世代だから興味津々でもある。

一応「神父さま」でローマンカラーをつけて現れたので、まず話し方を決めた。私は彼をファーストネームで読んで親称でOK、彼は私に敬称を使う。年齢的に違和感がないのでOK。

彼の召命については、パリ大司教区のネットニュースでインタビューに答えたのを見ていたので、それももう少しくわしく聞くことにした。

彼のプロフィールは、両親ともいわゆる貴族の名家の出。
父親は5人きょうだいの末っ子。母親も5人きょうだいだ。
で、彼のところも当然のように5人きょうだい。

両親は早くからの熱心なエマヌエル会のメンバー。
(このブログのパリの奇蹟の治癒シリーズにでてくるカリスマ刷新派)

6歳上の兄は別の修道会に属する司祭だけれど、やはりパリの小教区を担当している。
姉は、ベネディクト会修道女。すぐ上の兄と下の妹は結婚している。

兄さんはビジネススクールを出て会計監査の仕事もした。
Bくんもフランスで王道ともいえる理科系プレパからグランゼコールへ進学し卒業している。

背が高くハンサムで学歴もあってパリに住んで、何が悲しくて司祭になるのかなあ…
それともこういう人たちって生まれ育った時からそういう感性の方向性があるのかなあ。

移民の子弟として生まれたり、同じインテリ家庭でも68年の学生活動家あがりの無神論家庭に生まれたりする青年とは最初から見えている世界、見えていない世界が違うのかなあ。

Bくんは、早くからカトリック系のボーイスカウトに入り、今も世話している。路上生活者の支援などボランティア体験も数限りない。

世の中には「神の名」のもとに人の命を奪う若者もいれば、Bくんのように

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」
(ヨハネ15-13。彼が引用するフランス語では「友」は「愛するもののために」となる)

を叙階の言葉に選ぶ若者もいる…。

外的な条件だけ比べると、カリカチュラルだ。

でも、人間性の深淵では、何の力が、どのように働いているのだろう。
本当は、若いジハディストにもいろいろ質問してみたい。

で、とりあえずはB君のことをもっと知ろうと質問続行。
[PR]
by mariastella | 2016-12-05 01:31 | 宗教
<< キリスト教ルーツの温度差 オランド大統領の不出馬 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧