L'art de croire             竹下節子ブログ

慰安婦少女像の話

韓国の慰安婦少女像の設置について日韓合意を踏みにじると日本側が抗議していることについてどう思うかという質問をある知人から受けたところです。

日韓問題は多分普通の日本人と同じくらいにはウォッチングしていますが、とても一言では言えません。

ただ、いつも思うのは、日韓とか、慰安婦とかいうくくりにすると、人間のもっと根本的な自由とか尊厳が損なわれる問題が起きるように思います。

要するに、戦争においては、

男が兵士として「命を差し出す」ように求められているのだから、
女が「性を差し出す」のは当然。

という含意があるのだと思っています。

その両方に異を唱えない限りは根本的な解決はないと思っています。

命を差し出すように求められた兵士たちが「犠牲者」ではなくて「英雄」とみなされている限り、
性を差し出すよう求められた慰安婦も「犠牲者」とは本気では認められないのではないでしょうか。
[PR]
by mariastella | 2017-01-19 02:07 | 雑感
<< おかあさんたちの音楽 歌は剣よ... マイク・ジャッジ『26世紀青年... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧