L'art de croire             竹下節子ブログ

ペネロップゲート

これはさっきの続き。寄り道です。

わずか4ヵ月前には次期大統領の最有力候補と言われていたフランソワ・フィヨンが、選挙まで2ヶ月を切った今、ここまでスキャンダルまみれになるとは、確かに信じがたい。

ラジオのフランス・キュルチュールでは、過去の大統領選でバイルーを応援した中道の政治家(ジャン=リュック・ブルランジュ)がフィヨンのことを「ずる賢く傲慢で腐敗している、右派最悪の候補」、などと言った。

それ自体がすごいのではなく、そのことをフィヨン派から抗議されたこの名門ラジオ局がその政治家を大統領選後まで出入り禁止として、それに怒った政治家がもう二度と戻らないと言ったなどというやりとりがすごい。

日曜のフィヨンの集まりにしても、

2012年、結局はオランドに負けたサルコジが投票前の数日前にトロカデロに集めたのは20万人だったが、フィヨンのは実は5万人にも満たなかったとか、

あれは「ポチョムキン村(クリミアの総督グレゴーリイ・ポチョムキンがエカテリーナ二世の視察のためにでっちあげた村)」だったとか(それをいうならあらゆる政治のミーティングやマニフェストは「ポチョムキン村」の一種という気がするが)、

フィヨン夫妻の夫婦愛と結婚の神聖さに感動したとか、

ざっとみてもいろいろと騒がしく言い立てられている。

ある銀行家は、フィヨンがこのまま突っ走るのは、その方が、財政的にペイするからだと細かく計算しているし

今日(月曜)の夜の番組はまだ見ていないから分からないけれど、このようなリアクションと、その展開と、それが結局どういう結果になるのか、今度の大統領選はえらく波乱含みで、フランス人のメンタリティを考える上ではとても興味深い。
[PR]
by mariastella | 2017-03-07 02:49 | フランス
<< フランスとイスラム その10 フィヨンがんばり、ジュッペが引く >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧