L'art de croire             竹下節子ブログ

猫の世話をして神のことを考える その2

これは前の記事の続きです。

で、猫のトイレの始末をするたびに、このことを逆方向から考えてしまう。

私は彼らを愛し、世話をし、トイレをきれいにし、餌もあげて…
やっぱ「神」に仕える人、みたいな感じって。

これはある意味盲点だ。

イエスは、天国に行ける人として、

「わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれた」人だと言っている。

つまり、すべて、世話や支えを必要としている人の中にはイエスがいるのだと。

実際、ボランティアなどで「貧しい人々」や「病気の人々」の救援やお世話をしている人でも、ほんとうに、「弱い人」の中に「イエスさま」を見て、喜びに満ちているシスターなどに何度でも会ったことがある。

逆に、貧しい人や困っている人を「お世話してる」「愛してる」私って「神」?って勘違いしている人だっている。

犬の世話をする人は「主人」であることをやめない。
猫の世話をする人は「猫に仕える」。

もちろん双方向の作用がある。

子供と親の関係も考える。

子供が、親に愛され、甘やかされ、すべての世話をされ、養われ、「ぼくって王様?」と思うか、

同じことをされて「親って神様?」と思うか…。

犬や猫はいずれ人間になるわけではないが、子供はいつか大人になる。

「無償の愛」をバトンタッチして継承していくには、やはり「大人と子供」だけの関係や、「人間とペット」のような関係に限定、閉塞させないで、世界を広げ、「神様」が遍在しているような感覚を養い、育てていかなくてはならない。
[PR]
by mariastella | 2017-03-18 00:45 |
<< ヴォルテールのせいで転んだ 猫の世話をして神のことを考える... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧