L'art de croire             竹下節子ブログ

ヴォルテールのせいで転んだ

ヴィオラ奏者のコリンヌが、足首を捻挫して引きずっていた。

私がレッスン室に入った時、ちょうどその話を別の奏者に話しているところらしく、

「猫に気を取られて転んだのよね、ヴォルテールのせいで・・・」

というのを耳にしたので、私は思わず

「あなたの猫ってヴォルテールという名前なの?」

なんて言って驚かれてしまった。

もちろん「ヴォルテールのせいで転んだ」というのは有名な表現で、歌や映画(『ヴォルテールのせい』という邦題もある)にもなっていて、革命以来何でもかんでもルソーとヴォルテールのせいにする、というのは早くからあった。

それが慣用句になるくらいに有名になったのがユゴーの『レ・ミゼラブル』の中でガヴローシュが歌う歌で


« Je suis tombé par terre,
C'est la faute à Voltaire,
Le nez dans le ruisseau,
C'est la faute à Rousseau. »

というのがあり、まあ、転んだ「par terre(パルテール)」とヴォルテールとが脚韻を踏んでいるということだ。

それが有名なので、何でもかんでも誰かの責任にすることで「ヴォルテールのせい」という言い回しになった。コリンヌは実際に「転んだ」ので、ほんとは「猫」のせいなのだけれど「ヴォルテールのせい」という「下の句」が口をついていたわけだ。

私はこの表現を知っていたけれど、ドアの向こうで「猫」、「ヴォルテール」と耳にして、うちの猫スピノザのことを考えて、猫に哲学者の名前付ける人って他にもいるんだ―と思ってしまったのだった。「V」の年に生まれたなのかなあって。スピノザは「S」の年生まれだ(ソクラテスかスピノザかで迷った)。

普段はスピヌー、スピ、ピー、スピンボーイなどと呼ばれているが獣医さんちのカルテにはちゃんとフルネームで記録がある。近頃『エチカ』を読み直してるのでますますそちらに連想が行った。

でも考えてみると、このヴォルテールの表現、知ってはいるけれど、自分では使ったことがないし、周囲の人が言っているのを聞いたのも初めてかもしれない。

今度何かもっと微妙なシーンで、「こんな表現も知らないのか」みたいな事態に陥らないとも限らないなあ、と自戒。
[PR]
by mariastella | 2017-03-19 08:24 | フランス語
<< 音楽とトランスと気持ちよさ 猫の世話をして神のことを考える... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧