L'art de croire             竹下節子ブログ

イギリスのテロ、トランプ、韓国、パレスティナ…

これを書いているのはフランス時間で5/23。

国際情勢の動きから目が離せない。


マンチェスターのテロはバタクランのテロを思い出させるが、マンチェスターのアリーナの規模は桁違いに大きい。

この事件で、フランスの劇場やコンサート会場などの警備に緊急の通達があった。折しもカンヌ映画祭の開催中である。

何が特に注目されているかというと、「コンサートが終わった後」だ。ホールへの入場には念入りに所持品のあらためや身体検査がされるが、終わった後の「解散」の時には警備が手薄になる。慣習がどっと出てくるところを狙われるというのはセキュリティの盲点だった。

犯人はリビア系でマンチェスター生まれの22歳のイギリス人。シリアやイラクのISの元で「訓練」した経歴があるかどうかはまだ判明していないが、ともかく、国境を閉鎖したところで、EUを離脱したところで、「自国内」の若者がネットなどでISに鼓舞されてテロに走るとしたら防ぎようがないというのが再確認された。


イギリス型の共同体主義社会は、様々な「文化圏」がモザイク状に「共存」している。

それらが互いにリスペクトしあって共存しているならいいが、そのうちのどれかが自分たちの優越性を掲げ、他のコミュニティを「不信心者」として攻撃するなどに走れば、フランス型の「統合」志向の国での逸脱よりもさらにやっかいなことになる。

私がフランス型のユニヴァーサリズムを支援するのは、たとえ多様な共同体が互いをリスペクトして共存していたとしても、どんな共同体に生まれつくかは誰にも「選択」できないし、共同体内部での差別や支配関係は自体は改善されにくいからだ。

その共同体から出ていく自由がより高位の権威によって保証されているべきであるし、共同体の伝統やコードよりも、すべての人間が自由と平等と安全と幸福を追求する権利と尊厳が優先されるべきだと考えているからだ。

生まれついた共同体のマジョリティで戦争や飢饉のない時代を過ごしてきた人にはなかなかぴんとこないかもしれないけれど。


ここ数日は、トランプのはじめての「外遊」も注目を集めている。

ツイッター発信を禁止された?とかで、ここまではシナリオ通りに動いているようだ。

でも国際情勢はシナリオ通りにはいかない。

イランを共通の敵にしてイスラエルとアラブを結束させてパレスティナの平和協定を実現させるという構想自体は悪くないし、関係者たちはすでにアメリカに来て話し合っていた。けれども、イランではアメリカとの関係改善をスタートさせたロハニ大統領が再選された。イランに投資つつあるマルチナショナル企業はほっとしているだろう。

こんどはイランとサウジアラビアと、どっちが長い目で見てより良いビジネスのパートナーになるのか、などという基準で外交が進むのだろうか。

イスラエルの嘆きの壁に手をあてるトランプの姿は世界中に配信され、「壁」ジョークに大いにネタを提供した。トランプと言えば「メキシコ国境に壁」が有名だから、「嘆きの壁」の前で「これはメキシコが支払ったのかな」とつぶやくようなカリカチュアがたくさん出た。

今日はパレスティナのアッバス議長と会っていたし、5/24がローマ法王との会見だということで、「聖水をたっぷりふりかける必要がある」となどとからかわれている。(悪魔祓いという含意?)

翌25日がマクロン大統領との初の会食の予定。

これも、「マクロンの方がトランプよりも英語がうまい」などとからかわれている。

マクロンのフランス語の語彙の豊かさについては前に書いたが、確かに英語の語彙もトランプより豊富なことだろう。


韓国の新大統領も決まった。

「親北反日」だという形容も耳にしたけれど、この「半島危機」の時代に、「反日」だから気に入らないとかいうのは大局的に見ると優先事項ではない。

北と南が穏便な形で平和条約を締結して「朝鮮戦争」を終結させて南北を統一し、米軍が撤退すれば、中国も介入しないですみ日本の「危機」も回避できるというのが理想的なシナリオであることは自明だ。

南北統一が果たされて米軍と中国が矛先を納めさえすれば、核兵器があろうとなかろうと、維持する必要そのものがなくなる。


イスラエル、インド、パキスタンの核兵器の現実の方が危うい。

一番怖いのは自爆型テロリストに核兵器を奪われたり、原発に突っ込まれたりする可能性の方だ。

ドローン攻撃やサイバーテロのことを考えるとほんとうに真剣に対策を立てることは別にあるような気がする。

顔の見える国に対して「制裁、制裁」などと煽っている場合ではない。


生きている間に、イスラエルとパレスティナが互いを認め合い、スンニー派とシーア派が共存し、南北朝鮮が統一されるのを見たい。

いや、それよりも、今現在のベネズエラや南スーダンの内戦状態が気になるし、今週末から始まるラマダンも心配だ。ISはラマダンの期間(特に金曜)にジハードで殉教すれば天国直行とかまた宣伝するだろう。フランスでは昼が一番長くなる時期だからムスリムのつらさも目に見える。

木曜はキリストの被昇天祭だ。せっかく復活したイエスが、後を使徒たちに託して天に昇ったという日。そして翌日の金曜からラマダンが始まる。

(断食は土曜の朝から)


世界中の宗教者にはぜひ平和のために祈ってもらいたい。





[PR]
by mariastella | 2017-05-24 05:27 | 雑感
<< 『海よりもまだ深く』(是枝祐和) 『Mommy/マミー』(グザヴ... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧