L'art de croire             竹下節子ブログ

フランス総選挙とマクロン新党

第一回投票の結果は、予想通り、

1.マクロン新党の圧勝
2.過半数の棄権という投票率の低さ

となった。

フランスでは大統領選のすぐ後の総選挙で、大統領選の余波もある上、選ばれた大統領に議席の単独過半数を与えて公約を実行させてみる、という暗黙の合意があるので、たいていはこういう結果になる。

でも、今回の特徴は、議会には新顔である新党でもそれが通用するのか、という興味があった。
結果は、社会党の党首や、大統領選公式候補だったブノワ・アモンなどベテランが新党の新顔に敗退して決選投票にさえ残らないなどという過激なものだった。

棄権率の高さの理由としては、今回の大統領選は、はじめて共和党も社会党も予備選をやったので、選挙運動期間が長すぎで、もうみんながうんざりしたこと、ほおっておいてもマクロン新党で決まりでいいかと思ったこと、日曜の天気が良すぎてみな出かけてしまったこと、
などなどがある。

もちろん、マクロン新党以外はみな口をそろえて、

このような低投票率の選挙には信憑性がない、
従って、マクロンがそれほど支持されているわけではない、
圧倒的な単独過半数を許してはいけない、
民主主義の危機、

などと言っている。

これは一理ある。
こんなことなら、大統領選と同時に総選挙もして、
大統領選の第一回投票の票数の割合に合致する数の議員にすべきだ、
という意見もある。
そうすれば、真の討議ができる、と。

単独過半数など占めるとどうしても驕りや寡頭政治につながりやすい。
少数派の意見が聞えてこない。
まあマクロン新党については「政治家」として素人が半数いることだし、
右派からも左派からも構成されているので、内部だけでも意見のすり合わせが必要だろうから「独裁」の方には逸脱しにくいだろうけれど。
そして、アメリカと同様、ジャーナリズムがわりあいよく機能していると思われるのが救いだ。

私が個人的に注目していた新党の二人は、

例の神学者のクレマンス・ルヴィエと、超ユニークな有名人数学者のセドリック・ヴィラニだ。

前者は決選投票には残るが一位に大差をつけられているのでまず無理だろう。

後者は、市井の医者や看護師やホラー映画製作者など無名の新人が半数を占めるマクロン新党で、突出して目立つキャラなので、実際、47%を超える得票率だった。第二次投票も楽勝だろう。
フィールズ賞も受賞した天才肌だが、多動症っぽくも見える。
この人がどんな「政治家」になるのかを見るのが楽しみだ。

共和党や社会党を「裏切って」大臣になったブルノー・ル・メールやリシャール・フェラン(おまけに金銭スキャンダルでもたたかれた)は、それぞれが共和党や社会党からの候補として立候補した前回よりも高得票率を得たので、対立候補者からの「裏切り」というプロパガンダはうまく機能しなかったようだ。

週末はテロについてとトランプについてのサルマン・ラシュデイの記事を読んだ。
彼は今アメリカに住むが、まさかのトランプ当選にはいろいろな理由が挙げられるものの、最も本音の部分は、アメリカの白人たちが、8年間もオバマに牛耳られていたのががまんできなかったからだというのだ。とてもリアリティのある証言が続いていた。怖い。








[PR]
by mariastella | 2017-06-13 02:12 | フランス
<< モリエールとリュリーの『町人貴... テロが続くイギリスとフランス >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧