L'art de croire             竹下節子ブログ

ナポレオンとサクランボとコニャック

朝市でサクランボの色がまぶしい季節だ。

私の好きなのは白っぽい「ナポレオン」というビガローの一種。
酸味と甘みのバランスがいいさわやかな味。

なぜナポレオンという名がついたのかというと、もろ、ナポレオンが気に入ったからだそうだ。
サクランボは中世からフランス人の食卓に上っていた。生や調理したものがワインに混ぜられたり、デザートに供されたりした。17世紀にはモンモランシー公の果樹園が有名だった。

サクランボを偏愛して新しい品種を開発させたのはルイ15世だ。彼の時代から、サクランボ栽培の近代化が始まった。そのうちの一種がナポレオンの好物となって命名された。

そういえばナポレオンというコニャックもある。

私の子供時代は、ナポレオンと言うと、

「ナポレオンは何故赤いズボン吊りをしていたか? していないと ズボンが落ちるから」

という謎々と、

「私の辞書に不可能という文字はない。」

という言葉と、

「三時間しか眠らない。」

という伝説と共に、ナポレオンという上等のお酒がある、という知識が共有されていた。
ある意味で懐かしい名前だ。

伝説によると、1815年にナポレオンがセント・ヘレナ島に流される船にニャックの樽を持ち込んだそうで、イギリスの士官たちがそれを喜んで「ナポレオンのコニャック」と呼んだという。
1869年にナポレオン三世が、クルヴォワジエに「帝国宮廷ご用達」のタイトルを与えた。
1909年にイギリス出身のシモン・ファミリーがクルヴォワジエのブランドを買い、VSOPよりも高級なコニャックをナポレオンと名付けてナポレオンのシルエットをロゴにした。
1950年にはナポレオンの愛したジョセフィーヌという名のコニャックも発売したが、そっちの名前は昔の日本で聞いたことがなかった。

この世で添い遂げられなかったカップルが、並んで芳香を発し続けている


[PR]
by mariastella | 2017-06-15 05:43 | 雑感
<< フランス総選挙でマクロン新党が... モリエールとリュリーの『町人貴... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧