L'art de croire             竹下節子ブログ

フランスの総選挙が終わった

フランス国民議会の総選挙の決選投票、
予想よりもさらに棄権が多く、
しかし予想よりもマクロン新党に対する「野党」勢力が生き残った。

これは、極右や極左の支持者は棄権率が少ないこと、
マクロン新党の独裁はまずいと判断した人たちが「どちらにしても過半数は占めるマクロン新党」にわざわざ投票することをしなかったこと

の相乗効果らしい。

実際、わざわざ投票所に行き、いろいろ議論しながら、投票はしないという人にも出会った。

新議員は23歳から79歳まで、平均年齢が50歳を切っていて、学生1名、工場労働者1名 を含むあらゆる階層の議員が誕生、与党の首相ですらマクロン新党新議員の10分の1しか知らないのでこれから親睦と研修を始めるそうだ。

マクロン新党は、アメリカやイギリスでもあったような「国民の怒り」をオプティミズムに変えるのに成功した、というのが大方の見方だ。

昔ながらの右派と左派が解体するのか統合に向かうかの微妙な段階だが、ポピュリズムはしっかりと極右と極左で花開いている。

でもポピュリズムの煽動は、エネルギーを最大には見せない、という「フレンチ・エレガンス」の対極にあるから長い目で見ると大きな力にはならないだろうと期待しよう。

マクロン新党の党首になるだろうと言われているのがマクロンと同い年のバンジャマン・グリヴォーで、私はこの人が首相になるのかと一時は思っていたけれど、あまり似たような若者を立てることを避けたのは賢明だった。

このバンジャマン・グリヴォーは、マクロンのような過剰な教祖的カリスマがないけれど、すごく好感が持てる人で、話し方も気に入っている。「マクロン新政権」の主要メンバーの中で個人的に一番ほっとさせられる人だ。私の目からはほとんど「親戚の男の子」みたいなこういう感じ。

日曜の開票後の各党代表者のコメントについていろいろ考えさせられたことは、この続きに書きます。

[PR]
by mariastella | 2017-06-19 22:44 | フランス
<< 総選挙後の声明を聞いて 「90歳の娘さん」-- 年をと... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧