L'art de croire             竹下節子ブログ

アニッシュ・カプーアの崩壊概論

前に『コンテンポラリー・アートのナルシシズム』という本について少し書いた。


この本についての掘り下げた論考をまだ書いていないのに(いや、少し書いたはずなのだけれど、今ブログに見当たらないので、アップしていなかったのだろうか。)

コンテンポラリー・アートが、普通だれにでも美しい、調和的だと思うものに背を向けて、グロテスク、廃棄物、臓器、排泄物、死体、などなどを素材にしていくことの意味についてだ。その展示に場所を提供するホワイト・キューブとは何か。

今回の日本で、いつもどおり、うちのすぐそばにあるMoMAストアに寄ってみた時、その隣で「アニッシュ・カプーアの崩壊概論 コンセプト・オブ・ハピネス」という展覧会をやっていたので入ってみた。解説にある、「文明と野蛮の対立を両義的に浮かび上がらせる」とか、その二つを対立構造としてとらえず多様なテクネー(技術)と知性を用いて作品化する英国アーティストの新境地を世界初展示、というキャッチ・コピーに惹かれたのだ。

で、入ってみたら、ショック。

こういうのとか、

c0175451_06111608.jpeg
こういうの。

c0175451_06120168.jpeg

素材は、ガーゼ、ファイバーグラス、シリコンなど。


うーん、MoMAと言えばホワイト・キューブの走りだから、そのストアのそばにこういう空間があってもなるほど、と思うべきなのか。

でも、「野蛮と文明」の対立だとか幸福の概念だとかを「技術と知性で作品化」してここに至るためには、別の大きな力が働いている。コンテンポラリー・アートのベースにある、環境汚染の深刻さや自滅、自壊に向かう文明の暴走などだ。

それを支える奇妙なナルシシズム。

このような現代アートは、「写真を撮られる」ために挑発的にそこにあるような気がする。

で、撮影フリーで、私も写真を撮ったわけだけれど、お食事中の方にはとても見せられない。

けれども、衝撃と、訴求力はまた別物だ。

衝撃が去ったところに残るのは「居心地の悪さ」と、それを否認する嘘っぽさだった。


[PR]
by mariastella | 2017-11-15 00:44 | アート
<< 36歳以下の世代と私に共通点がある? セバスティアン・クルツの「小国」 >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧