L'art de croire             竹下節子ブログ

カメル・ダウドの「未来を損なう天国」

アルジェリアのジャーナリスト、カメル・ダウドが、「未来を損なう天国」というコラムを書いていた。Le Point : no 2369


イスラム世界から見たものではあるが、こう言われてしまうと、なるほどと思って背筋が寒くなる。要約してみよう。


イスラム過激派の「天国主義」(パラダイズムという言葉はラエリアンムーブメントでも使われているので混同を避けてここでは天国としておく。)についてだ。

「天国主義」は、ナショナリズム、社会主義、共産主義、など、すべての理想主義が、「南(つまり開発途上地帯)」で失敗した結果、たどりついたものだという。

確かに、自爆テロリストが、聖戦(ジハード)で殉教したら天国で72人の処女に歓待されると信じている、みたいな話は、ここ数年、普通の人の耳にまで届いている。

「他殺を想定した自殺など大罪で地獄に堕ちる」くらいに言ってくれる方が世のためになるのだが、地獄どころか天国で、しかも、テロリストを鼓舞するとってもマッチョな幻想というのは、聞いていて侮蔑の念など抱かせるものだったが、実は深刻なものらしい。


「天国」のイメージは、今や、イスラム圏の庶民にとって、差別に抵抗している女性なども含めて、心慰める想像などではなく、真剣な話題なのだそうだ。

アラブ諸国が独立して進み始めた1970年代の夢と希望は、「建国の父」やら取り巻きの将軍たちの独裁によって潰えた。天国に託す希望は、経済的、民主的な敗北と深い病理に沈むこの世の地獄を物語っている。

天国を称揚するのは、宗教者だけではなく、エリートたちも、政治の各派も同じだ。

天国への招きについては、過激派も原理主義者も気前がいい。天国の喜びは独占すると言わないのだ。「全てのムスリムが天国へ行ける」ように、説教師もテロリストも熱弁をふるう。

体制はもはや独立後のユートピアを語りはせず、民衆に日常の糧を保障しようとするだけだが、過激派は天国の快楽を約束してくれる。

女と酒と奴隷。この世での愛は封印され天国に先送りされる。

この世で働いたり何かを築いたりすることの意欲は失われる。

死後に緑の楽園が約束されているのにこの世で環境保護にあくせくする必要もない。

天国の戦士の幻想は、もはや、アラブ社会に深く巣くう悪夢である。

これがカメル・ダウドの悲嘆だ。

私はすでにいろいろなところで書いてきたが、人生の残りをどう生きるかということについて、福音書のたとえ話を引いている。『キリスト教は「宗教」ではない』のあとがきのその部分をコピーする。

>>>

『マタイによる福音書』(25,14~30)に出てくるもので、旅に出る主人から財産を預けられる三人の僕たちの話だ。彼らはそれぞれの力に応じて、五タラントン、二タラントン、一タラントンを預けられる。五タラントン預かった者は外に出て、それで商売をして倍にした。二タラントン預かった者も倍にした。けれども、一タラントンしか預からなかった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。 主人が帰って来て、清算を始め、倍額にした僕たちを「忠実な良い僕だ」とほめたが、最後の僕が主人の厳しさを恐れてタラントンを地中に隠しておいたと聞いたとき、「怠け者の悪い僕だ」と叱責した。せめて銀行に入れて利息を得るべきだったという。

前後の文脈は別として、この話だけ取り出すと、私は自分なら絶対に「主人の金」で投資するなどというリスクを冒すタイプではないので、長い間、三人目の僕に同情していた。といっても、これはもちろん「金儲け」の話ではない。預けられたタラントンとは、私のいるこの世界と生命なのだ。仏教的な人生観になじみある文化に育った私にとっては、生老病死の苦に満ちたこの世界は仮の世であって、執着を離れて現世から「解脱」することが救いだというイメージがあった。けれども、今は、私に託されたタラントンであるこの世界もこの時代も、幻想ではなく、現実であり、それを返す時には、受け取った時よりも、もっと美しく豊かにして返すように最善を尽くさなくてはならない、と思えてきた。

れが「宗教」なのかどうかは私には分からない。分かるのは、この本を書かせたのはその思いだということだ。<<<

アルスの司祭ヴィアネーが死ぬ前に、たとえあの世に神がいなくても私は後悔しない、と言ったのは有名だが、私も、別この世で大して苦労をしていないこともあるが、死んでまで楽園で快楽にふけりたいなどと思わない。とりあえず、生きているうちに、次の世代の「未来」に、少しでも、貢献したい。


[PR]
by mariastella | 2018-02-08 00:05 | 雑感
<< 雪の日 フランスの最高齢者シスター・アンドレ >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧