L'art de croire             竹下節子ブログ

角膜移植

 フランスの話。

 昨年のこと。あるおばあさんが、おじいさんが亡くなった時、医者から角膜を移植してもいいかどうか聞かれた。おじいさんは80歳なのでおばあさんは驚いたが、角膜は90歳まで移植可能なのだそうだ。おばあさんはOKした。なんだかとっても嬉しかったと言う。

 移植のために臓器提供が可能なのは60歳までだと聞いたことがある。

 私ももうじき臓器提供できなくなるなあと思っていた。
 特に目なんて、近視、乱視、老眼の三重苦で、白内障や網膜剥離も恐れてるくらいで、心肺機能や脳よりも先にダウンしないように祈ってるありさまだ。

 でも、角膜は90歳まで、提供可能なんて。

 私も、なんだか、嬉しくなった。
[PR]
by mariastella | 2008-08-22 21:30 | 雑感
<< 漢文って・・・



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧