L'art de croire             竹下節子ブログ

超越について その2 

 昨日、B16が一般向けに言ったことの中で、文化の真の基礎は神の探求にある、みたいなのがあった。「真の=veritable(B16はフランス語が達者なんでフランス語の講演だ)」というのは、「相対主義」と戦う彼の文脈の中では「絶対」に近いかな。

 この「神の探求(recherche de Dieu)」について、「価値の探求と同義ですね」と解説した人がいた。「絶対の探求ですね」という人も。

 フランスのインテリが、教皇の言葉を非宗教的に言い換えるこだわりはおもしろい。
 日本人が天皇制について、客観的にものを言いにくかったり、すぐに誤解されてしまうのを恐れるのと同じだ。

 その分裂ぶりを正直に語って好感が持てたのは、ジャーナリストのジャック・ジュリアールである。彼は自分のことを

 「心理的には無神論者、

  文化的には反教権主義者、

  霊的にはキリスト者」


 だと言っている。

 朝起きると、無神論者だし、考え方も無神論者。
 家庭、教育など成育環境からは反教権主義者。つまり、カトリック教会や教皇の権威に批判的。
 しかし、スピリチュアルには、キリスト教的教養があり、イエスのメッセージを核においている、んだそうだ。ヨーロッパ世界の平和主義とかユニヴァーサリスムとか、神の前の平等主義はたいていイエスのメッセージから来てるんだから無理もない。

 平均的な戦後日本人の私は、一神教的な無神論の感覚はない。
 困った時に「神さま、ほとけ様」、と言う時点で神も無神論もない。有神論のないところでは無神論もないのだ。無神論は有神論や理神論のヴァリアントであり進化形であり、神を担保するものだ。
 カトリックは超マイノリティだから、日本には反教権主義なんてものもない。フランスに反ダライラマがないみたいなもんだ。
 日本では同じマイノリティであるある種のカルトやプロテスタントなんかが反カトリックを唱えるかもしれないが、一般の人はその区別なんてつかないだろう。

 で、ジュリアールが、霊的(=spirituellement)にはキリスト者(=chretien)、って言っちゃえるところもフランス的だなあ。日本人が「霊的にはご先祖様信仰」という程度の自然さと根深さがありそうだ。

 そして、こういう正直なインテリたちが、教皇に、彼らのアイデンティティの分裂ぶりを破壊しないような言辞を期待する様子はおかしい。教皇はカトリックの長なんだから、いくらヨーロッパ的インテリであっても、無神論や反教権主義にはなり得ないんだから、「神」を口にして何ぼである。
 
 で、「文化の真の基礎(拠り所、土台=fondement)が神の探求にある」ってところだが、分裂気味キリスト者のインテリたちは、これを「絶対価値の探求」とか、「超越の探求」とか置き換えて、霊的な共感を示したりするのである。

 しかし、「神の探求」が「価値の探求」とか、「超越の探求」とかに置き換えられるとしたら、文化の拠り所として重要なのはひょっとして「探求」の部分ではないだろうか。

 彼らの言ってるのは、「探求が文化の源泉である」ということで、人が神や価値や絶対や超越を押し付けられたら、そこには真の文化が成立しないってことかもしれない。

 そう考えたら、超越って言葉のよさも分かる。

 神だの価値だの絶対だのは、

 「ほうら、これこれであるぞ、ありがたく拝め」

 という風に「おしつけられ」がちである。

 いや、歴史においてはたいてい、権力者による支配ツールになってきた。

 しかし「超越」と言ってしまえば、せいぜい、その方向を漠然と指すだけで、何しろ超越なんだから、押し付けにくい。
 超越という概念は、神や何々主義や価値の押し付けの安全弁になり得る。

 本当に大切なものは目には見えないんですよ、

 というやつだ。

 本当に大切なものを見ようとする視線だけが残る。
 探求が残る。

 文化とか芸術が生まれてくる。

 という仕組みかもしれない。

 そしなら、

 「ひょっとしたら、神も仏もいないのかも」

 って疑いだした人が、「超越」まで放り捨てて、

 物質主義の中で固定されたり、
 現実を失ってヴァーチャルなコンフォルミズムの波にすくわれたり、
 金やブランドや権力の偶像をひたすら拝んだり

 という自体を防げるかもしれない。

 だとしたら、超越が必要なのは、永遠の探求を可能にしてくれるからだ。

 探求の自由を含まない自由なんて、自由じゃない。


 
[PR]
by mariastella | 2008-09-13 22:44 | 宗教
<< B16 の野外ミサ 超越について >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧