L'art de croire             竹下節子ブログ

ネコの自由と安全

 今朝のラジオで猫論議をやっていた。

 猫マンガとか猫事典とか書いてる人たちの座談会だ。猫好きな人ばかりだから、聞くほうも馴れ合いの安心感がある。

 猫がヨーロッパに入ってきたのは、ネズミとともに、なんだそうだ。ネズミとペストが一緒に入ってきて、その解決策として猫が導入されたんだそうだ。

 黒猫が魔女とともに焼かれたのは、そもそも猫が尻尾を掲げて、尻を見せることが、性的だと見なされたので、娼婦や魔女と結びつけられたとか。

 猫を飼う人は自分の生活に「予見不可能性」を引き入れている。
 猫を飼う人は「自由」の価値を主張する人である。

 ふんふん、まあ、この辺は、猫好きのお約束の自己評価である。

 で、室内飼いの猫について。

 猫を室内飼いする人は、猫の安全を求めている、と言う。
 
 で、猫を放し飼いにしないで、家に閉じ込めることは「自由」の謳歌に反しないか。

 すると、

 「自由は安全を含む」

 から当然だという。

 うちには室内飼いの3匹の猫がいる。

 彼らのせいで家も家具もぼろぼろだ。

 しかも、猫は自由、独立のシンボルみたいなイメージがあるから、それを妨げているのではという罪悪感がいつもあった。去勢しただけでうしろめたく、一生の借りを作ったような気もした。

 でも、ずっと彼らとうまくやっていて、彼らが「いい感じ」なのは分かる。

 最初の猫は車に轢かれて即死した。
 次の猫はどこかで毒を撒かれて死んだ。
 喧嘩の傷がもとで死んだのもいる。

 3年以上生きたのはいなかった。

 いろいろあって、ついに、完全室内飼いに踏みきった。

 それ以来、一匹も死なない。
 
 13歳が1匹に、8歳が2匹である。

 家具は傷だらけで私の手や腕や肩や背中も傷だらけだが、彼らには傷一つない。

 毛並みはつやつやのぴかぴかで、肉球も赤ちゃんのようにぷよぷよ。


 だから私の選択が「間違ってない」とは思ってた。

 しかしいつも罪悪感がはりついていた。

 「自由は安全を含む」(La liberte inclut la securite.)

 と言われて、10年来の罪悪感が霧消した。

 彼らの自由をリスペクトするには、安全を提供してやらなければならない。

 危険があると分かっているところに、自由に、勝手に、さあ、どうぞ、と送り出すのは本当の自由のリスペクトではないのだ。

 自由と安全はセット。

 自由のために安全を目指し、安全のために自由を行使できなくてはならない。

 子供の教育とか国の安全保障とかについても、いろいろ考えさせられる。
[PR]
by mariastella | 2008-10-16 02:27 |
<< アメリカ大統領選の宗教ボキャブラリー Les amants magn... >>



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧