L'art de croire             竹下節子ブログ

2016年 12月 27日 ( 1 )

田村洋さんのoriental dance のことなど

2014年の日本のコンサートで初演したバロック音楽童話『レミとミーファの冒険』は当初思ってもみなかった展開をしました。

バロック・オペラ仕立てのコンサート用の曲を、養護施設の子供たちのために作った物語に合わせて配したものですが、これに2人の方からの提案がありました。

調布美術研究所の師井栄治さんがイラストとナレーションをつけたデジタル童話をつくることを提案してくださり、そのために去年私たちもスタジオ録音して、このほどようやく完成しました。
来年に入ったらいろいろな形で配信できるようにします。

もう一人は、山陽小野田市芸術顧問の田村洋さんで、同じものを宇部市のコンサートで小中学生向けのコンサート仕立てにした時に聴きに来てくださいました。

夕方のバロック・オペラ仕立てのものは時間の都合で無理で午後のものにいらしたということでしたが、私たちの正五度ギターのバロック曲の演奏を的確にキャッチしてくださって、楽屋に訪ねてきて、私たちのために曲を作りますとおっしゃっていました。

先週、トリオで今年の練習おさめをしていた時、日本に一時帰国していた友人が楽譜をもってきてくれたので、さっそく弾いてみました。
すごく現代的な曲だったらどうしようかと心配だったのですが、弾いてみた「oriental dance 」の1番(tree of a dreamという副題がついています)と3番は、夢幻的でもあり祭礼的でもあり、別世界へのいざない、という雰囲気がフランス・バロック的で、私たちの新しいレパートリー(ラモー8曲)と全く違和感がありません。

全く面識のない同士が、宇部市の「ヒストリア宇部」でたった小一時間を共有しただけで、生の音による「出会い」があり、それが新しいものを生み出していくというのは驚きで、不思議で、わくわくします。

人生にはサプライズがいっぱいだなあと実感します。

来年の秋にはそれをまたいろいろな人と分け合いたいと楽しみにしています。
[PR]
by mariastella | 2016-12-27 06:46 | 音楽



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧