L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 03月 10日 ( 1 )

フランスとイスラム その12 ---- 黒いISと白いIS

カメル・ダウドの2015/11/20の記事より

イスラム国と自称するISには二種類ある。黒いIS と白いISだ。

黒いISは、喉を搔き切り、殺し、石で打ち、手を切断し、世界遺産を破壊し、考古学と女性と非ムスリム外国人を憎悪する。

白いISは、ずっと身なりもよくて清潔だ。けれども同じことをしている。

「テロリズム」との戦いの中で、欧米は、後者と手を組んで前者を叩く。

欧米は白いISサウジアラビアの実態を見ようとしない。

サウジアラビアと「戦略的同盟関係」を結ぶが、サウジアラビアは、自国内のもう一つの同盟によって成り立っている。

それは、イスラムの超ピューリタンであるワッハーブ宗を生み、育て、黒いISをインスパイアしている宗教権威と結んでいる同盟だ。イランの王朝の二の舞を踏んではならない。(続く)
[PR]
by mariastella | 2017-03-10 00:10 | 雑感



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧