L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 06月 08日 ( 1 )

前川さん証言と詩織さん事件 その2

これは昨日の続きです。

前川さんと出会い系バーのことで私が連想したのはアンリ・マレスコ―という人だった。

アンリ・マレスコーは、1943年生まれで今年74歳。

ヴェルサイユのブルジョワ家庭に生まれ、フランス最高の学歴のひとつエコール・ポリテクニックを卒業。50歳でその母校の総長になる。

56歳で陸軍大将、58歳で全軍総監察官という華麗な経歴。

22歳で結婚した妻との間に5人の子供と、今は19人の孫がいる。

55歳から、ヴェルサイユのリセの生徒たちのためのカトリックの教理のクラスでボランティアをしていた時に、司祭から「終身助祭になるつもりはないか」と言われた。終身助祭とは、司祭叙階の前の段階としての助祭ではなく、助祭としての役割のみを果たすものだ。結婚や洗礼の司式はできるけれどミサの神降ろしの一種である「聖変化」の秘跡はできない。妻帯者でもなれる。

マレスコーは助祭になる勉強を始めた。妻は驚いたという。

その彼も、教区の手伝いをする意思はあったものの、59歳で、突然パリの娼婦の支援機関で奉仕するように言われた時は自分も驚いた。

教会の奉仕者は「まず審査を受けるべきです。その上で、非難される点がなければ奉仕者の務めに就かせなさい(テモテへの手紙一/3,10)」と聖書にあるようにそれは一つの試練なのだと思って引き受けたという。

その2年後、ヴェルサイユで助祭に叙階され、さらに5年後には自分で「タマリス協会」を立ち上げて、売春組織の犠牲者の女性支援に携わっている。

2017年だけでも、5月までで350人の女性が、無条件の援助、行政、司法、医療の手続きなどの支援を、30人ばかりのボランティアを通して受けている。そのうち150人以上が売春から抜け出すことができた。

週2日パリの事務所を解放して相談にのったりフランス語を教えたりする他に、二週間に一度は、2人組で町や森に出て、客待ちの娼婦に声をかけて相談にのる。女性たちはほとんどがナイジェリアで騙されて売られてきた。皆ひどい目に合っている。タマリスでは友情と連帯も得られ、フランス語の勉強もできる。(2前まではほとんどが東欧の女性だった)

マレスコーの活動を紹介するビデオがある。
接触するポイントは、娼婦たちに会いに行くときにかならず男女2人組でいくことだ

車を停めて降り、ボンジュールと言い、握手して、私服警官ではなくて売春婦支援団体のメンバーであると告げ、フランス語のレッスンを受けられることを伝えて携帯電話の番号と名刺を渡す。それを毎回繰り返す。

センターはムーラン・ルージュの向かいにある聖女リタ(『聖女の条件』参照)のチャペルの上にある。そこに来ればコーヒーとケーキがふるまわれる。週二回の午後に50人から75人がやってくる。
対応するのは15人のボランティアだ。

まず、話を聞くこと。
生活を変えたい、という女性が多い。
フランス政府の支援で国に帰る手段があると伝える。
フランスに残りたいという人には仕事を見つける手助けをする。
95%は不法滞在者で、滞在許可を得るのは難しく時間がかかることを告げるが、モチヴェーションがあれば支えていくことを約束する。

このマレスコーさん、いかにも上品でエレガントでエリート中のエリートで、家庭にも恵まれ悠々の老後を満喫するのが似合いそうなのに、パリの盛り場で、貧困の犠牲者である売春婦たちに囲まれて一生懸命に話を聞き、相談に乗っているわけだ。

彼がただの「上流階級の慈善活動家」ではなくカトリック教会の助祭というステイタスがあることが、彼を助けるボランティアにとっても彼に助けられる売春婦たちにとっても、「信頼」の基礎になる

たとえ同じモチヴェーションがあったとしても、文科省次官がオフの時間に一人で出会い系バーに出かけて若い女性を連れ出して話を聞いて援助すれば、当然、第三者がスキャンダルに仕立てるのは簡単だ。

社会のメジャーの側にある強者が最底辺の弱者に奉仕しようとする時、パリで長い間社会福祉を担ってきた歴史と伝統のあるカトリックのストラクチャーが残るフランスは恵まれている。

マレスコーさんのような使命感のあるエリートは日本にもいるだろう。
出会い系バーで買春者を待つ若い女性の話を聞いてアドヴァイスをしたいと思う人がいたとしても不思議ではない。

前川さんがどんな方なのかは私には分からないけれど、「あんな場所に行って下心がないはずはない」などと決めつけるのは想像力の貧困さの現れであって、ひよっとして、経済的な貧困よりももっと深刻な何かの喪失を示唆しているような気がする。

[PR]
by mariastella | 2017-06-08 00:39 | フランス



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧