L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 06月 17日 ( 1 )

アドナン・カショギの死

1935年生まれのアドナン・カショギという世界一の富豪(1980年時点で個人資産40兆円? 桁がかけ離れているので間違っているかも)が6日にロンドンで亡くなったというので、プロフィールが次々と紹介された。

サウジ王家の創設者の主治医の息子だがいわゆるプリンスではないので、あちこちに出る写真も、サウジ風の服装でもないし、普通。小柄で小太りの髭のおじいさん。

当然のごとく、巨額な武器取引で財をなした。

カネの世界には国境もなく、文化も宗教も乗り越えたグローバルなものなんだなあというのにあらためて驚く。

カショギ氏の人脈や金脈にはビン・ラディンの父親の名も出るがロッキードの名も出てくる。個人ヨットとして最も大型(映画ホールやプールもそなえたクルーズ船みたいなやつ)な「ナビラ」号を持っていたことでも有名だけれど、後にその新所有者となったのがあのトランプで(彼もその後で手離しているが)、トランプはそれを改装して「トランプ・プリンセス」となづけたのだそうだ。金さえあればプリンスにもプリンセスにもなれる。

カショギはフランスにもたくさんの住まいを持っているが、パリで若い頃の高田賢三に出会って彼のデザインを気に入り、彼が瞑想できるようにとパリに800平米の住居を与えた、と言うのも読んだ。

それはあの有名な、茶室や日本庭園のある旧高田邸のことなのだろう。本当だとしたら何だか親近感も覚える。

片時も離れないガードマンの一人は韓国の空手家だとあった。

彼の甥はダイアナ妃と共にパリで自動車事故で死んだ人だけれど、子供は息子3人とヨットの名につけたナビラさんというひとり娘の4人しか名が挙がっていない。
でも前妻というソラヤさんの間にはもう一人娘がいると英語のネットに出ていた。

ソラヤというのはイスラム名で、もとはイギリス人のサンドラさんなのだそうだ。(こんなどうでもいいことを検索したのは、最初にヨットの名が「一人娘」の名だと聞いたときに、一夫多妻もOKのサウジアラビアの大富豪で子供が一人しかいないんだろうか、だとしたらそれはどういう姻戚関係を生んだのだろうか、などと考えてしまったからだ。

リヤドに行った時も思ったけれど、彼らは国内でどんなに戒律のある暮らしをしていても、「金」という万国共通のビザがあればどこでどんな暮らしでもできるのだなあ。

こういう人たちは、今のISだのカリフ国などを「本音」ではどう思っているのだろう。

いや、内戦が続いたり、外国が武力で干渉したり、戦火で損壊した地域を再建したりするたびに「金」が儲かる仕組みになっているのだから、そういうループから抜け出す思考はなかなか働かないのかもしれない。

富豪の中にはビル・ゲイツ夫妻のように「慈善」に目覚めて大活躍する人もいて、そのメンタリティについて考察している最中だったのでいろいろ考えさせられた。


[PR]
by mariastella | 2017-06-17 02:54 | 雑感



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧