L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 07月 16日 ( 1 )

フランス外人部隊の行進

7月14日の祝日にシャンゼリゼの行進をTVで試聴して、いつもながらおもしろいと思ったのは、終わりの方にある外人部隊の行進だった。
その第一陣は、髭面で斧を肩に担いでいるコスプレ風という姿も印象的だが、歩く速度が音楽に合っていない。

それまでの行進曲はいろいろなものが組み合わさっているが、基本的にラ・マルセイエーズと同じくメトロノーム120、つまり1分間に120歩進む速度だ。1秒で2歩。

ところが、外人部隊の歩く速度は88になる。1分間に88歩。

7月王政で廃止されたスイスの傭兵などをリサイクルするため創設された外人部隊のために1840年頃にできた独自の行進曲の速度だそうだ。(参考)

行進しているのが外人部隊だけになると、音楽自体も88のテンポになるのだが、第一陣が現れる時は、その前のグループに合わせてまだ続いている120の曲で88の歩きをしなくてはならない。

だからすごく微妙なゆらぎで興味深い。(先頭を歩く人がイヤホンか何かでテンポを聞いているのだろうか)

ラストの鼓笛隊の演奏も、ニースのテロの記念式典を先取りしてNICEと人文字を描くことなどなかなか凝っていたが(マルセイユじゃなくてよかったね)、楽器に取り付けていためくり式の楽譜がおもしろかった。アメリカへのサービス、ニースへのサービスなど、曲の種類が多く、それを歩きながら、楽譜を繰りながらこなすのだからさぞ緊張しているだろうと、演奏者の立場を想像してしまう。

そういえば、フランス・バロックの時代にはバロック・バレーと音楽と乗馬と剣術とが一続きに訓練されていたこともあらためて想起した。






[PR]
by mariastella | 2017-07-16 00:05 | フランス



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧