L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 09月 09日 ( 1 )

ウィーンの話 その15 ソリマンとモーツアルト

(これは前の記事の続きですが、前の記事に「追記」を加えました。合わせてお読みください。)

国立図書館のフリーメイスンの展示の中で、アンジェロ・ソリマンの肖像画が存在感を放っていた。モーツアルトハウスでも同じ肖像画が展示されていた。


c0175451_03180881.jpg


モーツアルトとソリマンを絡めてウィーンのフリーメイスンを語ることは、そこが知的で芸術的で自由で平等な啓蒙の世紀のサロンだったことを強調するのにぴったりなのだろう。

ソリマンはとにかくあらゆる点で秀逸な人で、これほどの人を前にしたら、教養のある人士ほど本気で傾倒したことはたやすく想像できる。知識人とアーティストは、人種のカテゴリーを超える。けれども、死ねば、ソリマンはただの黒人だ。黒い肌だけが残る。そして、黒人は「動物」と同じだという集団的な偏見に組み伏せられてしまった。ソリマンとはどんな人だったのだろう。

ソリマン(1721-1796)は今のナイジェリア北部で生まれ、子供の時に馬一頭と交換されて奴隷としてヨーロッパ人に売られた。10歳まではラクダの世話係をさせられていた。すでにその頃から、利発だったのだろう。その後でシシリアの富豪に引き取られ、その妻から語学と数学の教育を与えられ、1732年にカトリックの洗礼も受けてアンジェロ(天使)という洗礼名を得た (本名はMmadi-Makeだったらしい)。ヨーロッパ白人の仲間になる第一歩だ。洗礼を受けた911日を自分の誕生日だとした。その後で帝国の執政官に売られ、執事となった。

執事長として主人と共に旅行し、戦争にも行き、戦場で主人の命を救った。

服装のセンスも群を抜いていた。肖像画は29歳の頃の姿だ。英・仏・伊・独・ラテン語にチェコ語を自在に操り、剣術、航海術、チェスの達人で、作曲もした。

1755年、ウィーンで、主人の死の後32歳でリヒテンシュタイン公に仕え、皇太子の教育係にもなった。1764年リヒテンシュタイン公と共にフランフルトに行き、「ファラオン」を演じて得た大金をオーストリア東南部のコバルト鉱山に投資してさらに儲け、解放されて独立した。1768年にはウィーンの中心部でアルザス貴族出身の未亡人マグダレナと結婚した。ナポレオン軍の将軍も出した家系だ。結婚はシュテファン大聖堂の枢機卿による特別の計らいで実現した。

オーストリア皇帝ヨーゼフ二世も彼を敬愛し、名実ともにウィーンの名士となっていた。

この時点では、彼は本当に尊敬されていたのだと思う。「黒人なのにすごい」という偏見はなかったと思う。

ヨーロッパ人の中で圧倒的に目立つ黒い肌だから、その「見た目」は無視できないと思うかもしれないが、ヨーロッパのエリート階級は、一般に、ある状況(この場合は知性や教養や芸術や武術)のサークルの中では、人種差別をしない。建前や偽善ではなくて、本気で同胞になってしまうのだ。特に、伝統的なカトリック国(つまりアイデンティティ意識がもう希薄になっているユルイ社会)ではその傾向が強い。この点では日本の方がずっと「見た目」による偏見や差別がすべての階層に根強いというのが、今の時代でも通ずる私の実感だ。

ソリマンの孫のEduard von Feuchtersleben も高級官吏となり、作家として名を残している。『モンテクリスト伯』で有名なデュマの父も黒人奴隷と白人のフランス人との間に生まれていた。啓蒙の世紀のエリートたちに認められた点で共通している。

で、ソリマンとフリーメイスンとモーツアルトの関係は?(続く)


[PR]
by mariastella | 2017-09-09 05:09 | フリーメイスン



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧