L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 10月 05日 ( 1 )

アンドレ・テシネ『Nos Années Folles,(私たちの狂熱の時代)』

先週はこの映画を見損ねて、趣味ではない『Un beau soleil intérieur 内なる美しい太陽』を見てしまったけれど、気を取り直して頑張ってアンドレ・テシネーの『Nos Années Folles,(私たちの狂熱の時代)』に挑戦。期待にたがわず途方もない映画だった。

途方もないというのは人間性の途方のなさだ。

しかも、実話がベースだ。



第一次大戦は、形こそフランスはドイツに勝利しているが、フランスにとって勝利体験よりも悲惨体験としてトラウマを残した戦争だった。

この映画の一番の効果は、主人公夫婦の倒錯的な関係よりも、まさに、フランスにとっての第一次大戦大戦の傷を別の形でまた再現しているところだろう。

反戦映画というより、厭戦映画だ。

兵士として戦争に駆り出されるのは誰にとってもトラウマになるだろうけれど、フランスに住み、フランス人の気質を知れば知るほど、彼らほど戦争に向いてない国民はないと思う。(革命には向いているみたいだが…)

愛する妻と幸せに暮らすポール・グラップという、ごく普通の男が招集されて前線に駆り出されるが、戦死する気はさらさらない。

それでも二年間を前線で戦わされたポールは耐えられなくて自分の右手親指を切り落として病院に運ばれた後で、さらに逃亡する。

欠席裁判で死刑判決が下される。

戻ってきた彼を隠すために、妻のルイーズがポールに女装させてシュザンヌと名を変えさせる。電気脱毛もさせ、ゆっくりと男を女に仕立て上げる細やかさ。

憲兵たちがやってくる。そこにはポールはもういない。ルイーズの愛人シュザンヌが編み物をしていた。(映画ではそのシーンはない。地下に隠れたポールを見つけられないという場面だけだ)

きっかけは、ポールが地下での逼塞に耐えられずうつ状態になったことだ。

ルイーズは彼が外に出られるように女装させようとしたのだ。

はじめは、ポールは大いに抵抗した。

しかし、外に出たい。

最初の外出が深夜のブーローニュの森だった。

というか、昼間に普通の場所には行けないから、娼婦がたむろするブーローニュの森に行くしかなかったのだ。

そこは何でもありで、女装だろうが、男装だろうが、同性愛者であろうが、無礼講の世界だ。

戦場の反動であるかのように、自由で極端な享楽しかそこにはない。

第一次大戦の時代は、その前線の悲惨さとは別に、「銃後」には不思議な「解放」の空気が生まれていた。女性の力が増し、男装の女性、同性愛者たちがパリのダンスホールで踊っていた。一方、ジャンヌ・ダルクよろしく、兵士の服を着て前線に赴く女性たちさえいた。

その享楽的なパリとは別の、労働者の住む貧しい界隈のアパルトマンで、一人の男が「レズビアン」に変身したのだ。夜のブーローニュでは階級差は消滅する。


ポールはもともとバイセクシュアルだったのか ?

あるいは単に「女装が好き」な男になったのか ?


(あるいは、ひょっとして、人は、性別にかかわらず、「見た目」の部分を偏執的に手入れしてきれいにすること、飾ることに「はまる」動物なのかもしれない。戦場の兵士には絶対に許されない贅沢だが、「女装」という形で「開き直る」なら、その道を究められて、ポールはそれに「はまった」だけなのかもしれない)

ともかく、その後、二人とも、この不思議な関係自体に「はまって」しまう。

夫婦はレズビアンの関係になるのだ。ポール(シュザンヌ)はキャバレーの舞台にも立ち、ルイーズも彼を手伝う。

第一次大戦が終わって二人はスペインに逃げる。スペインから戻ると住所を変え、「すてきなシュズィ」という名で女性パラシュート家としてデビュー。ブーローニュの森で客をひく娼婦としても、「ギャルソンヌの女王」と呼ばれるほどの人気者となる。夫婦のそれぞれの愛人が入れ替わることもあった。

1925年、ようやく脱走兵の恩赦が認められてシュザンヌはポールに戻れるのだけれど、それはなかなか難しい。ポールにはもう自分のアイデンティティが分からない。

酒におぼれ、妻を殴る。口紅を塗り、セーヌの河辺で見知らぬ相手に声をかける。

2人にはポポルという子供が生まれる。新生児を殺すと脅迫してこぶしを振り上げたポールを、ルイーズは引き出しから取り上げた拳銃で撃ち殺した。


ルイーズは赤ん坊を守ったということで免罪される。当時の裁判記録の中には「猥褻写真」というファイルがあるが抜き取られている。

赤ん坊はほどなく髄膜炎で死に、ルイーズは、1981年まで生きた。


c0175451_02593243.jpg
実際のシュザンヌとポールの写真。1925年のもの。

以上が「実話」なのだけれど、映画で描かれているので興味深いのは、ルイーズが「お針子」として働いている女性ばかりのアトリエの責任者が女性で、レズビアンで、シュザンヌという女と暮らし始めたけれど誰にも紹介しないルイーズに関心を示すシーンだ。

映画のポールは別に女性的な体でなく、がっしりして背も高い。ルイーズも大柄で、胸が薄く、彼女が男装してもさまになると思える。

映画は夫婦の「現在」と「過去」が交互に配される。その「現在」というのは、ポールが、戦争中の「シュザンヌ」としての自分を演じることで収入を得ていて、ルイーズは戦争以来需要が増えた「鉛の兵隊」に着色する内職仕事をしている。

2人は相変わらず男と女として愛し合っていて、ルイーズは妊娠するのだが、妊娠することで「母」となり子供の「父」を必要とするので葛藤してそれを隠している。妊娠を知ったポールは女装や過去を引きずるようなキャバレーの仕事をやめるのだが、仕事が見つからない。子供が生まれ、子供第一の「母」になったルイーズ、彼らを養えないことで「父」としての自己肯定のできないポール、彼のこれまでの「栄光」は」すべて女装の女王「シュザンヌ」としてのものだった。

すべての依存症、アディクションと同じで、そうなると、女装によってのみ脳内麻薬が分泌される。

これは、「性倒錯」の物語ではなく、アディクションの物語でもあるのだろう。

その意味では、有名人である「シュザンヌ」のパートナーという暮らしぶりはルイーズにもアディクションをもたらしていた。

でも、ルイーズのきっかけは、何としてでも愛する男を戦争によって殺させない、という決意だった。

この映画で流されるアカペラの『Auprès de ma blonde』という歌がある。

私でも何十年もなじみの子供の歌で、童謡、民謡のイメージだった。「ぼくのブロンドちゃんのそばで寝るっていいなあ」という感じで、ブロンドの女性が現れると気軽に口ずさまれたりする。でも、父親のうちの庭には花が咲いて鳥がいて、という牧歌的な歌詞の部分ばかり耳にしてきたので、この映画でその先の部分を聴いて驚いた。


検索すると、17世紀の軍隊行進曲だなどとあった。

1966年になんとエルビス・プレスリーが英語版を歌ったほどポピュラーだとも知らなかった。

17世紀の終わりにルイ14世の戦争に駆り出されてオランダで捕虜となった王立海軍士官が獄中で妻のことを思って作った歌だそうだ。18世紀初めにルイ14世に身代金を支払われて自由の身になったので、感謝の念をこめて1704年に発表されたという。

確かに、

ブロンドちゃん、君の旦那はどうしたの?

オランダにつかまってるの。彼を取り戻すためなら

ヴェルサイユもパリもサンドニ(歴代国王の墓所のあるカテドラル)も、

ノートルダムの鐘だって、地元の教区の鐘だって、なんでもあげるわ。

という歌詞がある。

ノートルダムの部分は、「父と母の王国の全部をあげるわ」というヴァリエーションもあるという。

つまり、愛する男を戦争から取り戻すためなら、国も国王も何もかもいらないわ、

という愛情表現であり、ルイーズがポールに捧げた思いと確かにリンクしている。

そして、絶対王政の太陽王ルイ14世は、一士官を解放するために身代金を払った。

思えば、フランスの民謡には、もっと古い「脱走兵の歌」もある。

日本の軍歌はポピュラーなものが多いけれど、厭戦的な歌が童謡にまで昇華したものがある記憶はない。出征した兵士を思う女性の心で連想するのは、シベリア抑留の子を待つ「岸壁の母」とか「君死に給うことなかれ」など、母や姉の視線であり、演歌にはなっても童謡に変身する感じではない。

映画としてなんといっても絵になるのはミシェル・フォーの演じるキャバレーの興業主だ。彼について前にこの記事でも書いた。

映画『偉大なるマルグリット』では、マルグリットの声楽教師として雇われるオペラ歌手役を演じていた。ほとんど「色物」しかできないんじゃないかというほど個性的な外見だが、本格的俳優で名役者だ。海千山千のしたたかさで狡猾な中にどこか人間味もある興業主役にぴったりだった。

名演にかかわらず外見としては正統派の美男美女によって演じられるポールとルイーズの物語、それににコクを与えるミシェル・フォーなしにはこの映画は成り立たなかっただろう。

第一次大戦がフランスのカトリックの立場に大きな変化をもたらしたことは以前にも少し解説した。(この記事を読んでみてください

同時に、女性の地位も大きく変わった。女性の活躍が半端ではなかったからだ。

死者や傷病兵が山のように出る戦争では、彼らの精神的肉体的ケアをする宗教者や女性たちの役割が増大する。

この映画でも、移動中の兵士が墓地の十字架を見かけて思わず隊列を離れて駆け寄ってその前にひざまずいてロザリオの祈りを唱えるシーンがあるし、傷病兵に聖体パンを授けに回る司祭の姿も映し出される。ある兵士は意識がないし口も開かない。そこで司祭がナイフを差し入れて口を開かせて聖体パンを差し入れるのだ。兵士のやむにやまれぬ神頼みと、とにかく義務を果たす司祭のプラグマティズムが対照的だ。

さらに、この映画を見て「そうか」と納得できたのが、カトリックと女性の関係だ。

フランスはフランス革命の国なのに、女性の参政権が認められたのは1944年でしかない。イギリスでは、やはり第一次大戦の影響で、1928年に女性の参政権が認められた。

フランスで遅れたのは不思議だと思っていたが、この映画で女性たちが、第一次大戦での「銃後の守り」のために外に出て働いた活躍で地位向上した女性たちに参政権を与えないことについて、それはカトリックに票が行くのを阻止するためだと話しているのを見て理解できた。

フランスで男性の普通投票(21歳以上で同じ場所に6ヶ月以上住んでいるのが条件)が成立したのは1848年だが、兵士、外国滞在者、そして聖職者には選挙権がなかった。

フランス革命以来のカトリック教会との対立の根は深い。

それでもナポレオンがカトリック教会と和解したのは、社会の秩序のため、要するに、「婦女子」のために宗教が必要だという認識からだった。「女子供」は教会に通い、男の子は「大人」になれば「共和国」的無神論者あるいは不可知論者としての通過儀礼を経て「市民=男」になるという図式が用意されたのだ。

だからこそ、女性は21歳を過ぎても、「カトリックの良い信者」であるから、女性に選挙権を与えたら、第一次大戦で復権したカトリック教会の眼鏡にかなう保守政治家に投票する可能性が大きい、司祭の言うことに従うからだ、それは避けたい、という事情だったらしい。(聖職者については、1905年の政教分離法によって一般市民との権利の差が解消されている)。

国王が同時に国教会の首長であるイギリスなどとは事情が違う。

なるほど。

この映画はテーマ的にも私の好みのツボにはまるものだが、いろいろなことを気づかせてくれた。


[PR]
by mariastella | 2017-10-05 03:13 | 映画



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧