L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 10月 06日 ( 1 )

クリスチャン・カリオン監督/ギヨーム・カネ主演 『Mon garçon(息子)』

ギヨーム・カネが熱演する『Mon garçon』(クリスチャン・カリオン監督)を観に行った。



先日、映画2本を続けて観に行ってしまったところだったが、付き合いでもう一本。

いそがしいのに「毒食わば皿まで」の心境。

話題にはなっていた。主人公役がシナリオを知らされていないで、6日間の撮影の間ホテルも他のスタッフとは別で過ごした。「なりきってくれ」ということで、リテイクなしの一発勝負だという。だから話の流れが破綻しているところもある、というコメントもあったけれど、悪くはなかった。

主人公を演じるギヨーム・カネも嫌いじゃないし、元妻役のメラニー・ローランが好みの女優だというのもあった。


地質学者でアフリカなど世界中を飛び回って家にいない夫ジュリアンに嫌気がさして分かれ、七歳になった子供マティスを連れて別の男と暮らしているマリー。そのマリーが泣きながら、伝言して雪山のクラスに参加したマティスがテントから姿を消したとジュリアンに告げる。

まずマティスが自分の意思で失踪したのではないかという疑いが持たれた。

マリーが数か月前に妊娠を告げてから関係がうまくいっていなかったからだ。


新しいパートナーであるグレゴワールの発案で、マリーがゆっくり休めるように、マティスを、子供たちを対象にした何日かの山でのグループ活動に登録する。行きたがらないマティスを説得して。


ジュリアンはマリーが流産していたことを知る。


ジュリアンの前で、マリーとの子供を望んでいると夢を語るグレゴワールの様子を見てジュリアンは、この男がマティスの反抗によるストレスのせいでマリーが自分の子を流産したのだと思って復讐したのだ、と思いついた。

その瞬間から、何かが切れてしまったように、ジュリアンは「手負いの獣」に変身してしまう。暴力の嵐。

しかし、グレゴワールはただのエゴイストだった。


ジュリアンは息子がうつっているビデオカメラを何度も見て、手掛かりを見つけようとする。追跡がはじまる。

暴力が結構激しいので(多分最終的に3人は殺した ? 殺すシーンはないが)、まったくシナリオを知らないとは信じられない。セリフなどは書かれていないかもしれないが、「これこれこうなったら暴力をふるう演技をしろ」というガイドラインはあるんじゃないかと思う。

セリフは主人公になり切ってアドリブでいうにしても、暴力シーンは実際に暴力をふるっていいわけではないから、きっちりとした演出が必要になるだろう。。

「父が息子を救い出す」というテーマなのだから、いくら何でもハッピーエンドだろうと思ったので心の余裕は持って観ることができた。

すごくまともな「ドキドキハラハラ」のエンターテインメントで、普通に面白かった。

時間の無駄を後悔するような映画でもないし、世界が変わって見えるような映画でもない。

母親役のメラニー・ローランの悲痛な演技がうまいので、「子育て」についていろいろ考えさせられる。

フランスでは子供のいる二組に一組のカップルが別れ、ステップファミリーも多い。他の男や女にはれたほれた、とか、連れ合いへの愚痴や不満や嫉妬のレベルで懊悩しているのは何とでもなるが、子供が行方不明になった、誘拐されたなどとなると、もうすべて吹き飛んで、親の罪悪感はマックスだ。


子供のそばにいるべきだった、

両親が愛し合い、子供に信頼感を与える安定した平和な環境を与えるべきだった、

など、もう、人生の目的は、「自分の子を失わないこと」だけになってしまう。


その動物的感覚が、映画の中で子供をさがす主人公を「獣」化させたのかもしれない。

フランスで最近、結婚式の野外パーティで8歳の女の子が姿を消して見つからないという事件が起きた。容疑者は見つかったのだが、黙秘を続けているという。両親がメディアを通して容疑者に何とか話してほしい、と訴えていた。

マルセイユでテロリストに斬殺された女子学生の葬儀も映されていた。

子供を持つ人が、子供をなんとか無事に育てあげて送り出し、子供に先立たれないですむ、という「普通のこと」は、そんなに普通ではないのかもしれない。


[PR]
by mariastella | 2017-10-06 07:21 | 映画



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧