L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 10月 08日 ( 1 )

猿でもわかるパラダイス その3

これは前の記事 の続きです。


問3 聖書には天国と地獄についてなんと書いてあるの?


聖書の初めにある『創世記』の中では、地上のパラダイスはエデンの園という「場所」です。そこで人間が神と調和しながら生きていたのですが、神に背を向けて脱落(堕ちて)してしまいました。

聖書の最後にある『ヨハネの黙示録』の中では、キリストの再臨についてのヴィジョンの中で、「天のエルサレム」という言葉が使われています。そこでは選ばれた人たちが、同胞として分かち合い、永遠の命を生きるだろうというものです。その反対概念として、人々が神なしに生きる「虚無」の場所が「地獄」となります。火に焼かれて滅ぼされるゲヘナのようなイメージが地獄で繰り広げられる苦しみの表現となっています。

それはイエスが十字架上で息絶えた後で降りて行った「地獄」とは別物です。イエスが訪れたのは復活を待っている死者のいる場所でした。

Sekkoのコメント : なるほど。

カトリック教会は天国と地獄の間に「煉獄」を想定して、善悪二元論を回避したけれど、火によって浄められるイメージの「煉獄」と永遠の懲罰のゲヘナなどが、民衆レベルの絵画表現では完全に混同されてきた。

イエスは、「自分の十字架上の死」という犠牲によって、その時点で「地獄」にいた人たちを一気に救い解放したというわけだが、この地獄は、陰府(黄泉)である。その「人たち」というのもノアの時代の大洪水で滅ぼされた「霊」だという。このあたりのことは、イエスを裏切ったユダが救われたかどうかという話で考察したので(『ユダ-烙印された負の符号の心性史』中央公論新社p42~)ここで繰り返さない。


神学や教義の成立や発展と、人々の

「自分の死後の運命は ?

「死んだ家族の運命は ?

という素朴な心配とがクロスして、いろいろな解釈、いろいろな表現、知恵、教育的配慮、などが生まれてきたのは確かだ。

自分や先だった人たちについて、「死んだらブラックアウト、無に還る」という割り切り方など、安全で豊かな時代に長生きした少数の人ならいざしらず、なかなかできるものではない。

人間とは、まだ死んでいないのに死を考える動物なんだなあとつくづく思う。


[PR]
by mariastella | 2017-10-08 02:39 | 死生観



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧