L'art de croire             竹下節子ブログ

2017年 10月 19日 ( 1 )

猿でもわかるパラダイス その9

問 9 死んだらすぐに裁かれるの ?

死んだときに、私たちは私たちの生がどんなものであったかを知ることになります。これはカトリックで個別の裁きと言われるものです。それとは別に、「最後の審判」ではすべての復活者たちと共に裁かれます。教会はこのことを「除幕」のイメージで表現します。それぞれがそれぞれの真実と修正とを通してふさわしい場所を見つけます。あの世とは正しいものが義とされる「時」です。不正はそのままではおかれません。

Sekkoのコメント

これは初めの方にあった「煉獄」と関係があるのかな。最初に暫定的な「判決」があって、それなりの「反省期間」というか「謹慎期間」みたいなのがあって、最後の審判の時にはそれを評価してもらえるチャンスがある ?


そういわれても、そんな長いスパンで天国に入れてもらいたいというモティヴェーションは私には起こらない。


死んだ後で「生前に行った善悪」についての審査があるというのは、エジプトから地中海、インドに至るまでかなり広がった死生観で、キリスト教や仏教も、もろその影響を受けているわけだけれど、私にはどうも、死者が即お星さまになっているとか、どこかにいて生者とつながってくれているというイメージの方がしっくりくる。


そのイメージがお盆だの、聖人崇敬などでなんとなく満たされている方が好みだ。

死んでからまで謹慎しなきゃいけないと思うより、生前できなかったことを別の形でできないかチャレンジできると思う方が残りの人生も充実する気がする。


[PR]
by mariastella | 2017-10-19 07:43 | 死生観



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧