L'art de croire             竹下節子ブログ

カテゴリ:死生観( 12 )

猿でもわかるパラダイス その15 (終わり)

15 世界の終わりはいつ来るの ?

福音書は「その時」を注意して待つように促しています。

「だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」(マタイ 25,13)とあります。世界の終わりを告げるキリストの再臨(παρουσία / parousía)は信仰上の確信でしたが、その「時」が分からないので、初期のキリスト者の共同体はそれが間もなく起こることだと考えました。黙示録の描写はそれを詩的に表現したものです。それ以来、多くの説教者が、聖書に根差したさまざまな計算法を駆使してその「時」を予告しようとしてきました。「至福千年派」が予告した1848年のものが有名です。そこからは、セブンスデー・アドベンチスト教会のような有名な新宗派が生まれています。

Sekkoのコメント 

うーん、20世紀の終わりに流行った「ノストラダムスの大予言」もそうだけれど、こういう「世界の終わり」系の脅し言説マーケットは苦手だ。『陰謀論に騙されるな』でも書いたけれど、陰謀論と終末論は兄弟みたいなものだ。

「世界の終わり」も「ある特定の個人の終わり」も似たようなものだ。太陽にも寿命があるから地球にも人類にももちろん終わりがあるし、それよりずっと前に個々の人間は等しく「終わり」を迎える。これを読んでいる人はすべて確実に100年後は生きていないだろう。

終わりがあるということを意識して「目を覚ましていなさい」というのは分かる。

「人生は一度しかない、と悟った時から新しい人生が始まる」というやつだ。

とりあえず、あまり壮大なことは考えられないので、21世紀に生まれた若者たちの世代によりよい環境を残す、というのを意識して余生を過ごしたい。

自分も含めて、どういう生き方をした人がどういう人生の納め方をするのかにも興味がある。

ユダヤ=キリスト教においては、旧約聖書の初めあたりでは、ノアの箱舟のノアもそうだけれど、長生きは「報酬」の一種だった。夭逝は懲罰の一種だ。日本の神道のように死は穢れのひとつで、共同体の誰かが死ねば、その日のうちに埋葬し、残った人は服を裂き、断食し、灰を被った。それが『ダニエル書』あたりではじめて「死後の世界」の信仰が登場する。

『第二マカバイ記』で「死」は神の慈悲の采配の範囲となった。

「死者のための祈り」が生まれた。


人と死者と神の関係の進化ってすごく人間的だ。


[PR]
by mariastella | 2017-10-31 00:05 | 死生観

猿でも分かるパラダイス その14

問 14  復活は転生とは両立するの ?

転生を信じるということは、同じ魂が「再生」のサイクルの中で次々と複数の肉体を生きると信じることです。「復活」はそうではありません。復活の考えでは、私たちは肉体の死と共に地上での生き方とは別の生き方を始めることになり、それは最終的なものです。

Sekkoのコメント

以前『ヨーロッパの死者の書』の中で書いたことがあるけれど、夭折した子供の「転生」みたいなものを教会が例外として容認する場合も実際には存在した。

まあ、神さまは全能なのでその気になればなんだってしてくれる。新しく生まれた子供がその前に亡くした大切な人の「生まれ変わりだ」と思って慰められるという人間の感情が普遍的にあるのだとしたら、そういう必要に対応するのが宗教の知恵だともいえる。


日本の仏教だって、亡くなった人たちが49日後にどこかに転生してしまったと思うよりも、誰でもちゃんと「成仏」して、または「極楽」に行って、生きている人を見守ってくれる(しかもお盆に戻ってきてくれたり‥)という方向で根付いた。


「転生」は、どこか遠くに行ってしまったり、ステージの低い動物だの虫だのに「格下げ」になってしまったりと考えるのは嫌だけれど、愛することのできる身近なものに「生まれ変わってくれる」と考えられるときに慰めになる。


私にも死んでしまった愛猫が存在の形を変えて私と共に生きていると思える気持ちと、49日後に生まれた子猫をさがして生まれ変わりだと思いたい気持ちが両方ある。

愛の形を継承、再生するという意味では、その二つはひょっとして両立するのではという気も、しないではない。


[PR]
by mariastella | 2017-10-30 00:05 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その13

問 13 復活って結局なあに ?

「肉体」の復活を語る時、キリスト者の信仰は、ある人格がその全体性の中で生きる新しい命のことを宣べています。人間とは、肉体の牢獄に閉じ込められた霊魂ではありません。もし私たちの霊魂だけが神のもとに行けるというなら、それは私たちそのものではありません。私たちの肉体は、その物質的な構成においてはそのまま「よみがえる」わけではなく、塵にかえるでしょう。ですから、肉体の復活というのを死者のよみがえりと混同してはいけません。教会は火葬を許可しています。

Sekkoのコメント

中世のカトリック世界では、信徒の火葬はもちろんあり得ないし(だからこそ異端者は火刑に処せられた)、最後の審判の時に復活するためのモデル像を棺の上に刻んだりした。

本家のイエス・キリストが、両手や脇腹の聖痕を残したまま「復活」したらしいのに、時にはもっとひどい殺され方をした殉教者たちは、死んだ後で傷が消えて美しい姿になっていたという伝説に事欠かない。誰でもゾンビのような蘇生の仕方はしたくない。

十字軍の遠征中に遠方で死んだ騎士などは、さすがに埋葬するために遺体を持って帰れないので、遺体を煮て骨だけを持って帰ったというような例もある。どこの文化でも、朽ちていく「肉」に比べるとそのまま残る「骨」に永遠を託すことのできるエッセンスがあるという考え方はあった。

まあ私は、霊魂だけが転生を繰り返してステージを上げていくとか、霊魂はもともと神から放射されたものが一時的に肉体にとらわれたものだというようなタイプの死生観には、前世の記憶がない限りあまり興味がない。霊肉セットとなった存在形態が別の次元にシフトして今の記憶や生者との関係性を保つことができるという考え方の方が抵抗がない。


[PR]
by mariastella | 2017-10-25 00:21 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その12

問 12 

リンボ(古聖所,孩所:洗礼を受けなかった幼児やキリスト降誕以前に死んだ善人の霊魂が死後に住む地獄と天国の中間にある場所)ってあるの?

リンボは、特に洗礼を受ける間もなく死んでしまった赤ん坊を受け入れる場所とされていました。カトリック教会は、神が彼らに恵みを与えないとするなどは考えられないと判断して2007年にそれを信ずる必要がないとしています。

Sekkoのコメント

この話を聞くと、思い出すのは、大学時代に見た映画『スケアクロウ』のラストの衝撃だ。妊娠していた妻を五年間も放置していた元船員のアル・パチーノが恐る恐る妻に電話すると、五歳の息子の傍らにいる妻は、子供を産む前に転んで死産した、洗礼を授けてもらっていなかったから子供は地獄に堕ちている、自分はもうすぐ再婚する、と嘘をつく。そのことに衝撃を受けたアル・パチーノは錯乱して、地獄に堕ちた我が子を救うかのように叫びながら、公園にいた子供を抱いて噴水に飛び込み、相棒のジーン・ハックマンに助けられる。

「赤ん坊が洗礼を授けられずに死んだから地獄堕ち」というのは、中世の話かと思っていた。中世でさえ、それではまずいから、形だけいったん蘇生させたことにして急いで洗礼を授けてから埋葬するという習慣があったことも知っている。

アル・パチーノだから、アメリカのイタリア移民でカトリックという想定だろうが、そんなに、錯乱するほどの衝撃なのかと驚いた。もちろん、望みをかけていた妻子との再会の夢が破れて、妻も子供も失った絶望が、「地獄堕ち」という言葉に集約されて増幅したのだろうし、妻も、身勝手な夫に子供を会わせたくないことと、不在に対する一種の「罰」として地獄堕ちなどという言葉(多分夫の泣き所だと知っていて)を口にしたのだろう。

それでも、1970年代半ば、20世紀のアメリカで、そんなことを信じているのだなあ、と印象的だった。そういえばやはり同じころ見た『ゴッドファーザー』のラストシーンもアル・パチーノが代父となった甥の洗礼式に出席しているところだった。ゴッドファーザーという言葉自体が代父(=洗礼親)ということで、イタリア系マフィアにおいて「洗礼」の持つが意味が大きいことは分かるのだけれど。

それにしても、2007年まで待たなくても、昔から赤ん坊には即地獄堕ちではなくて「リンボ」という場所があったのに、妻が「永遠に天国には行けない」と言ったことがこたえたのかもしれない。

天国にしても地獄にしても、様々な「あの世」の表象は、生きている人たちを愛や信頼で結びつけるものであればいいけれど、脅したり罰したり関係性や人間性を壊すものとして使われるのはよくないなあ。



[PR]
by mariastella | 2017-10-23 00:10 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その11

問 11  地獄に行くのはどんな人 ?

自分の中で「善」と「愛する心」を、修復不可能なまでに破壊してしまった人です。カトリックのカテキズム(要理)によれば、意図的に神を忌避しそれを最後まで貫徹する人ということです。なぜなら神は人を赦すことを決して拒否しませんが、赦しや救いを人に強制することもありません。赦しは受け取ることのできる贈り物なのです。

Sekkoのコメント

「自由意志」というやつだ。キリスト教のこういうタイプの解説を読めば読むほど、神さまが気の毒になってくる。勝手気ままな人間たちに、そむかれても、裏切られても、無視されても、嫌われても、懲りずに愛を捧げてくれるばかりの神さま。

確かに、こういう愛し方や愛され方を体験できたら、神さま、仏さま、と思いたくなる。


イエス・キリストもそうで、共犯にされるのをおそれて自分のことを知らないと三度も言った弟子のペトロのことも、彼が後悔しただけで赦したが、自分を裏切ったユダは赦しを請わないで自死した(ことになっている)ので、地獄に堕ちたなどと言われている。

でも、自由意志というものがどこまで自由意志なのかは実際よく分からない。


幼いころに受けた虐待などのトラウマのせいで愛する心や愛を受け入れる心を破壊されてしまった人もいるかもしれないし。


背を向けながらも背中で「助けて」と言っている人、「無理やり」にでも赦したり救ったりしてくれるのを待っている人もいるかもしれないなあ、と思う。


まあ全能の神なら本音を汲み取ってくれるのかもしれないけれど。


[PR]
by mariastella | 2017-10-22 00:15 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その10

問 10  死者のために何かできる ?

「諸聖人とのコミュニオン(聖徒の交わり、聖者も死者の交えた信徒の交わり)」を信じるということは、共にキリストの体を形作る生者と死者が互いに責任を共有するということを信じることです。カトリック教会は、死者に恵みや赦しが与えられるようにと、また死者からこちらの願いを神にとりなしてもらえるようにと、信徒に、祈りや贖罪を呼びかけます。

Sekkoのコメント

これはぴったりくる。「死者と生者には互いに責任がある」ってなかなか言葉としては耳にしないけれど、心情的にはなんとなくわかる。

死者の思いを無にしないとか、遺志を継ぐとか、逆に死んだ後も守ってあげるからね、と言い残すとか、交わされた言葉や関係性によって、いつもつながっているという感じ。

生きているうちも死んだ後も、何か大きな次元でポジティヴなこと(平和とか安全とか)の成就にかかわろうね、という「連帯」みたいなのは年を重ねるとともに実感となっている。


[PR]
by mariastella | 2017-10-21 00:55 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その9

問 9 死んだらすぐに裁かれるの ?

死んだときに、私たちは私たちの生がどんなものであったかを知ることになります。これはカトリックで個別の裁きと言われるものです。それとは別に、「最後の審判」ではすべての復活者たちと共に裁かれます。教会はこのことを「除幕」のイメージで表現します。それぞれがそれぞれの真実と修正とを通してふさわしい場所を見つけます。あの世とは正しいものが義とされる「時」です。不正はそのままではおかれません。

Sekkoのコメント

これは初めの方にあった「煉獄」と関係があるのかな。最初に暫定的な「判決」があって、それなりの「反省期間」というか「謹慎期間」みたいなのがあって、最後の審判の時にはそれを評価してもらえるチャンスがある ?


そういわれても、そんな長いスパンで天国に入れてもらいたいというモティヴェーションは私には起こらない。


死んだ後で「生前に行った善悪」についての審査があるというのは、エジプトから地中海、インドに至るまでかなり広がった死生観で、キリスト教や仏教も、もろその影響を受けているわけだけれど、私にはどうも、死者が即お星さまになっているとか、どこかにいて生者とつながってくれているというイメージの方がしっくりくる。


そのイメージがお盆だの、聖人崇敬などでなんとなく満たされている方が好みだ。

死んでからまで謹慎しなきゃいけないと思うより、生前できなかったことを別の形でできないかチャレンジできると思う方が残りの人生も充実する気がする。


[PR]
by mariastella | 2017-10-19 07:43 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その8

これは前の記事の続きです。


問 8  天国を信じてない人も救われるの ?

マタイによる福音書25章の中でイエスは、天国に招かれる義人を生前の行いによって分けています。信仰の有無についてはまったく触れていません。教会の成員になることは心が伴わないなら「救いの保険」ではありません。逆に、別の宗教を通して神を識った人や、良心によって明らかにされた神のみ旨を成就しようとする人は救われることが可能だとカトリックのカテキズムは保証しています。

Sekkoのコメント

おお、第二ヴァティカン公会議による革命的転換、教会の外にも救いはあり得る、というやつだ。

マタイの25章というのは、だれでも、弱者に手を差しのべる人は神のもとに呼ばれるというものだ。当然ながらイエスの時代にはキリスト教とかカトリック教会などがなかったわけで、ユダヤ教の律法遵守主義と救いは関係がない、と言いたかったのだろう。

「さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。

お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、 裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。」

というやつで、これがあるから、今の教皇が「難民受け入れ」を基本としているのも無理はない。とても、シンプルで、とても難しい。

でも、もし自分が衣食住に事欠いたり病を得たり捕らわれの身になったりしたら? という想像力が少しでも働けば、この言葉そのものが「救い」だと思えてくる。


今回のコンサートについてニテティスブログに記事を載せました。 


[PR]
by mariastella | 2017-10-18 00:42 | 死生観

猿でも分かるパラダイス その7

7 天国で、愛する人たちに再会できるの ?

イエスはサドカイ派の人々に、「復活の時には、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ」(マタイ22,30)と答えています。天使とは「使い」です。私たちは関係性を生きる者として復活するのです。

Sekkoのコメント

このイエスの言葉は、未亡人になって複数の夫を持った妻が天国ではどの夫の妻になるのかというと問いに答えたものだ。この答えの後で、イエスは「『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。」 とも言っている。

うーん、イスラム過激派が若者を自爆テロ要員にするとき、殉教者は天国で72人の処女に迎えられて云々という話を持ち出すというのはよく知られているが、確かに、そんな風に捻じ曲げられるよりは、「神は生きている者の神」と言い切る方が潔いかもしれない。

私のイメージでは天国ではようやく神に会えて神を賛美して、というのがあったけれど、個人的には確かに、別に神に会えなくてもいいや、と思う。

先に逝った懐かしい人々と会えるというのは魅力的ではあるが、永遠に一緒にいると再会の感激も薄れるような。

死後に関係性が広がるという感じの方が興味がある。つまり生と死で隔てられているようなあり方から解放されて全体性の中で生者とも死者ともつながりあえるのではないか、という予感。


[PR]
by mariastella | 2017-10-13 06:34 | 死生観

猿でもわかるパラダイス その6

6 パラダイスって少し退屈なところでは ?

天国を表現する多くの画像や言葉のほとんどは、私たちの地上の生活における「幸福」にヒントを得たものです。

聖書にも、「婚姻の宴」のイメージが出てきます。

「至福」とは、人々が慰められ、安心を得たイメージです。天国の「幸福」とは宴で飲んだり食べたりするような「身体活動」ではなく、沈思、瞑想に近いものでしょう。

Sekkoのコメント

永遠に飲んだり食ったりと宴を続けるのは確かに退屈というか飽きてしまう。でも、じゃあずっと瞑想、黙想して「安心」(儒教や仏教的な安心立命や悟りの境地の意味でも)にとどまるというのもひょっとして退屈かも。というか、もう死の恐怖はないのだから、「安心」を得ても意味がない。それなら、まだ地上にいて安心を得られず苦しんでいる人たちのために何かできないかトライした方が死後の生き甲斐( ?)があるのではないだろうか。

実際、多くの聖人、聖女たちは自分たちは結構苦しんで死んだのに、死ぬ前に、「死んだらあなたたちのためにがんばります、あてにして祈ってください」と言い残して、死後に「効験あらたか」になっている。生前苦しんだ人ならば天国で宴会もいいし瞑想もいいが、戦争や飢饉や災害や犯罪に巻き込まれないで健康で長生きしたような人は「霊」となってからこそ発揮できる(かもしれない)ご恩返しを、残された人たちにする決意を死ぬ前に持っておこう。(だめもと)


[PR]
by mariastella | 2017-10-12 01:00 | 死生観



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧