L'art de croire             竹下節子ブログ

カテゴリ:雑感( 384 )

チャーチスト運動

ヨーロッパの歴史について普段フランス語で読んでいると、英語からの情報もたいてい含まれるので、必要に応じて原典を当たるだけで事が足りることが多い。
けれども、近代革命にまつわる言説については、フランスとイギリスの根本的な性格が違うので、フランス語の情報では看過されていることも少なくない。もちろん研究書はあるが、一般書や教科書からすっぽり抜けている。

その一つがチャーチスト運動だ。
フランスはイギリスの議会制度にもインスパイアされているくせに啓蒙の世紀とその実現のフランス革命は自分たちの専売だと思っているらしくて、スティーブンスによる普通選挙論などはほとんど知られていない。

英語経由の情報の多い日本の方がネットにわりと詳しく出てくる。

チャーチスト運動のwikipediaには、スティーブンスのこういう一節がちゃんと出ている。
引用してみよう。
すごく好きだ。

普通選挙とは、国内の労働者が良い上着を着、快適な家を持ち、食卓には良い食事を、健康を維持できる範囲で仕事をし、人生の恩恵を十分に受けるに足る賃金を、仕事の報酬として有する権利をもつことである。普通選挙によって、知識を頭に、原理を心に、気力を良心に、力を右手にもち、労働者が雇用主に堂々と対立できるようになり、労働者が工場にいるときでも、野原に行った時のように自由な気分でいるのを見たい。」


「知識を頭に、原理を心に、気力を良心に、力を右手に」労働するっていうのはいい言葉だ。

でも、この普通選挙って、成人男性だけを念頭に置いたもので、その点ではフランス革命の人権宣言も男権宣言だった。

チャーチスト運動は子供の権利も擁護していて、貧しい階級の子供を日の出前や日没後に働かせてはならないと言っている。

けれども、女性の労働に関しては、

女性を家の外で労働させてはならない、
女性の労働は家庭内に限ること、
男の子は戸外で駆けまわったり遊んだりするべきで、
女の子は両親の直接の監視の下で裁縫、編み物、料理を学ぶべきだ、

などと言っている。

出自、性別、信条などにかかわらない個人の平等と尊厳などの普遍主義が確立することが当時いかに「想定外」だったかが分かる。

イギリスなどで女性の権利が意識されるようになったのは、第一次大戦時の「銃後の守り」の活躍が評価されたことが大きいのはよく知られているが、それも要するに一種の「成果主義」だなあと思う。

女性も男並みに働けた、不可欠だった女性の力を提供できたからこそ認められたので、戦時に病弱だとか老人だとか、障碍者などだったら、性別にも関係なく邪魔者あつかいされるかもしれない。

自国のマジョリティグループに属している健康で働き盛りの男だったら想像力が及ばないいろいろなことがあるだろう。

私が外国で暮らす非白人で女性だったことは、自然と視野を広げてくれた。
その上今は若くさえなくなったことでますますマイノリティへの共感能力が増大しつつある。

とはいえ、前述のスティーブンスの言葉、

労働者が良い上着を着、快適な家を持ち、食卓には良い食事を、健康を維持できる範囲で仕事をし、人生の恩恵を十分に受けるに足る賃金を、仕事の報酬として有する権利をもつ

労働者が雇用主に堂々と対立できるようになり、労働者が工場にいるときでも、野原に行った時のように自由な気分でいる

などという理想は、今も実現に程遠いどころか、普通選挙のある国でさえ、格差の広がりやワーキングプアの問題などがますます深刻になっていることを思うと、何か別のアプローチが必要とされる時期なのかもしれない。


[PR]
by mariastella | 2017-07-20 00:56 | 雑感

休暇村で

数日前からオルレアン近郊の休暇村に来ている。もう10年近く同じ所に来ていたが、去年と一昨年は別のとこに浮気していた。で、3年ぶりに戻って来たら、大きな変化を感じた。

以前は、ここに来たら、ちょっと日本にいるようなリラックス感があった。
ちょっとゲーテッド・コミュニティみたいで、パリのような雑多な人がいない。色々なお店でも、警戒心を感じないし、荷物をプールサイドに置いておいても、窃盗などの危険がない。 仲間うち風の安心感がある。

それに、日本人の私がいうのも変だけれど、白人率が圧倒的に高くて、特に黒人の客がほとんどいなかったのだ。水泳選手にも黒人選手が少ないことを見ても想像がつくが、プールというのは黒人差別が根強く残った場所だった。
2年前に行ったのはブルターニュに新設された同じ系列の休暇村で、やはり白人率が高かった。ところが、3年ぶりに来たここは、パリから一番近いこともあるのか、「見た目外人率」が増えていたのに驚いた。アジア人のグループもいたし、黒人のグループもいたし、なんといっても目をひいたのは、イスラムの装束に身をすっぽり包んだ女性がいたことだ。

で、プールサイドにも、2人のムスリム女性がいた。
1人はいわゆるブルキニを身につけていた。首につながる頭巾がまっ黒なのでやはり異様な感じを免れない。もう一人は頭だけを黒い布で包み、水着は普通の水着らしいもの上からぴったりとタオルを巻いている。下はパレオのような長い裾がのぞく。この人は 目を惹く美女だった。
印象的なのは二人とも隣に夫であろう男性が並んで座っていて、イスラム髭面の顔つきがいかにもマッチョだったことだ。カリカチュラルなくらいだ。今まで映像でしか見たことのなかった現実を見て、軽く衝撃を受けた。

妊婦でもビキニを来ている人が目立つような中で、そこだけが緊張感を醸し出している。
「文化の違い」とか「多様性」とかとはちょっと違うイデオロギー感がある。
また数年経てば、もっとそれが増えているのだとしたら…。


[PR]
by mariastella | 2017-07-08 03:11 | 雑感

パリのレストラン

6月の末近くに招待されたパリのレストランは、シェフのAtsushi TanakaさんのイニシャルであるATというところだった。
私は食べたものの写真を撮ってブログにのせるというタイプではないけれど、ここで食べたものは とにかく「見た目」がユニークなので、思わず写真を撮ってしまった。

私が味としてもう一度食べたいと思ったのは、このフォワグラで、グレーのメレンゲの下に隠れている。

c0175451_05511093.jpg
c0175451_05515269.jpg
グレーがテーマカラーだというのも、レストランとしてユニークだ。
タクシーで降りたら、トゥール・ダルジャンでお食事ですか?と言われた。
トゥール・ダルジャンのほぼ斜め向かいに位置しているのだ。

ATの方がはるかに今風というか、お洒落なのだけれど、全てが驚きのプレゼンテーションなので、正直言って、何を食べているのか分からない。説明してもらっても分からない。メニューにも素材を羅列してあるだけ。
驚きと、話のタネを食べるという感じがする。

素材を目でも見てみたいという感じがするので、もしリピートするなら、やはりトゥール・ダルジャンの方かなあ。

でも、セーヌの河畔を通って観光客の姿を見ていたら、テロとの「戦争」の緊急事態とかいったい何なんだろう、とまた思ってしまった。



[PR]
by mariastella | 2017-07-07 04:52 | 雑感

オリバー・ストーンの『プーチンとの対話』

オリバー・ストーン監督のドキュメンタリー映画『プーチンとの対話』を先日TVで観た。

少し前にプーチン大統領も鑑賞したそうだ。4時間近くの大作だが意外さ満載で飽きさせない。

オリバー・ストーン監督が2年かけてプーチン大統領と一対一でいろいろな質問をして答えを引き出す。
キューブリックの『博士の異常な愛情』を絶対見るべきだとプーチンに言っていっしょに見ているシーンもある。
60歳で始めたというアイスホッケーをするプーチンと話す場面もあり、プーチンがオリバー・ストーンに柔道の創始者(加納治五郎か?)の座像を見せている場面もある。

プーチンが柔道によって学んだのは「柔軟性が大切」だということだそうだ。

アル中状態だったエリツィンから大統領代行を任され、大統領選への立候補を勧められてその責任の重さに躊躇するところや、産業の民営化がより公正に、より構造的になされるように心を砕いたところや、キューバのカストロ首相が50回も暗殺未遂があったのに対して自分は5回でセキュリティのサービスを信頼しているからだと言うところや、ストイックだけれど適度にジョークを言うところなど、なんだか非現実的だけれど、驚きの好印象だ。

彼は5月にヴェルサイユに招かれた時に、「はじめてで感嘆している」、と言った。その時のプーチンの様子も、なにか自然体で、気負っている様子も若いマクロンを威圧するでもなく警戒するでもなく、マクロンより素直で感じがいいなあとちらっと思ったのを覚えている。

プーチンと言えば、強面の独裁者で冷酷なイメージが強いし、実際、政治の場では強権発動をできる人なのだろうけれど、なんというか、アメリカ人のオリバー・ストーンにいわばつきまとわれて、カメラからなめまわすようにボディ・ランゲージを写し取られているのに、イライラもせず、時々、無防備なほどに誠実なことを口にする。
ソ連が一夜にして崩壊した後の破産国家を再生させようとしてここまで来たことや、「欧米」を友として歩もうと努力したことの本音も垣間見える。

もちろん、一つ一つの政策については突っ込みどころはいくらでもあるだろうが、NATOのやり方や中東政策にしても、ウクライナ問題にしても、アメリカの覇権主義の方がどう見てもひどいのではないかとあらためて思う。

国内のムスリムに対する考え方も、批判の多い性的マイノリティへの対処の考え方にしても、「プーチンの言い分を直接聞く」というのはぐっと視野が広がる。

オリバー・ストーンは「不都合なテーマ」にも遠慮せずに切り込んでいるわけだけれど、ともかく、プーチンの率直さが際立っている。
全部がプーチンによって計算されつくした演出とはとても思えない。

アメリカとの勢力争いにしても、「うちは何しろお金がないのだから比較にならないし…」みたいなすごくまっとうなことを言っている。

眼窩の奥におさまった鋭く小さな目が、無防備な親愛を見せる一瞬などを見ていると、ほとんどかわいいと思えるくらいだ。

オリバー・ストーンの人間性とプーチンの人間性の出あい、と言うのもあるだろうけれど、意外過ぎる。

いろんな意味で貴重な映像を見せてもらった気分だ。

[PR]
by mariastella | 2017-06-29 02:54 | 雑感

披露宴のスピーチ

この週末に出席した結婚披露宴。

これまで日本でもフランスでも、結婚式や披露宴というものに何度か出席したことはある。

花嫁花婿の一方が叔父のような年上世代だったり、友人、知人の同世代だったり、甥や姪らの年下世代だったり、時代も場所も関係性もいろいろだった。
その中には、離婚したカップルもいるけれど、末永く続いているカップルがほとんどなのは、昨今の離婚率からいうと圧倒的に高い「成功率」だ。

でも、今回の披露宴は、いろいろな意味で感慨深いものだった。

国籍や出席者がわざわざ駆けつけてきた国の数の多さや、花嫁花婿の人脈のせいだ。

これまで、「・・家と・・家」の結婚式という日本式のものはもちろん、わりと親の世代の力関係が目立つものが多かった。

もちろん「友達婚」のような若い人主体のものもあったが、それは小規模だし、親世代は本当の身内しか出席しないことが多い。

でも、今回の結婚式は、花嫁花婿のカップル主体なのに大掛かりで贅沢なものだった。
そして、それぞれの親たちもとても裕福なのだけれど、今は、昔でいうと晩婚なので親たちがすでにリタイアか半リタイアの状態にある。
今活躍中の現役感、権力感、と言うのは親側になく子供の世代側にある。
今回の披露宴のスピーチでもはっきり口にされていたけれど、主体となっていたのはいわゆる「マクロン世代」の30代後半の若者たちである。
一昔前ならそれでもまだまだ文字通り「若者」だったけれど、今や、フランス大統領や閣僚の世代である。
IT時代の勝ち組というのも30代で自力で富を築いている。
親にも充分金があるのにかかわらず。(もちろん人生のスタートに教育などで十分金をかけられて育っているけれど)

で、今回の花婿も、MITの博士号がありボストンでマッxンゼーの第一線で働くエリートで、その周りの若者たちもみな、金融系、コンサルタント系が多く、
私から見たら

「シカゴ学派の集まりですか」

「あななたたち、今、南スーダンで何が起こっているのか知らないの?」

「この子たちって、どこで戦争が起こっても、武器は売れるは、戦後の復興でも儲かるは、で、うはうは豊かなままなんだろうなあ」

と突っ込みをいれたくなるような面々なのだ。

しかも、健康そうで、幸せそうで、若いだけでなく見た目もかっこういい。

金儲けに汲々としていても心は貧しいんじゃないか、

とか、

健康や愛や美貌はお金じゃ買えないからね、

失敗を知らなければ試練に遭った時にもろいんじゃないか、

などと年寄りが言いそうなこととは縁のない「強者」ぶりだ。

もちろんコンサルとかだけではなく、大学教授とか研究者もいるのだけれど、象牙の塔にこもって論文書いているような人ではなくて、世界中の学会に飛び回っているような野心的な若い人ばかり。そしてすでに具体的な成果や評価を得ている「勝ち組」なのだ。

女性たちもまったく同じプロフィールだ。

いわゆる「製造業」に関わる人はゼロといっていい。

日本人は私一人だけれど、それよりも、前日にバッハのブランデンブルグやテレマンの組曲を弾いて幸福をかみしめる世界に住んでいる私とまったく異質の世界であることに頭がくらくらする。

披露宴でいろいろな人がカップルのエピソードを英仏バイリンガルでスピーチした。
花婿の父(フランス人、この人も、フランスだけでなくカナダに留学し、ヨーロッパの各国や中東などで働いていた。)も花嫁の父(カナダ人)も、それぞれフランス語と英語でスピーチした。彼らは私と同世代だ。

花婿の父のスピーチの中で若者に受けていたのは次のくだりだった。

「女性は船のようなもので、男性という船頭がいないと動きません」

ここで一斉にブーイング。

「でも、船のない船頭って…」

ここで笑いに変わる。

「一人で行く方が速く行けます」

「二人で行くと、遠くへ行けます」

だって。

花嫁の父の方は確か、この結婚のことを「最終取引で、回収不可能な商品の納入」みたいな比喩をして笑いをとっていた。

日本で若い世代の結婚式や披露宴に出たことがないので、今の時代に私と同世代の親たちがどんなスピーチをするのか知らない。

ともかく、この週末の一泊ステイのパーティで私が持参した本は、日本語の文庫本一冊。

佐伯啓思さんの『貨幣と欲望--資本主義の精神解剖学』(ちくま学芸文庫)だった。

おもしろい。

でも、この本で指摘される「根」を失った過剰性とか、存在の空無を埋める消費とか、過剰性を生み出す貨幣愛、とかは、このパーティ会場にいたいわゆる「リア充」で輝いている若者たちと関係がありそうでなさそうな非現実的な感じもするのだった…。

[PR]
by mariastella | 2017-06-27 02:19 | 雑感

お城のパーティ(続き)

c0175451_16591273.jpg
c0175451_16580881.jpg
ソワレには北欧や オーストラリアからも人が来たら、平均身長が高くなったのが目に見えます。180,190cmなんて女性でも普通のようにいます。
こういう時は「外国にいるなあ」と思いますね。
スピーチは全てスピーチする人が英語、フランス語のバイリンガルでやっているので感心しました。私は12時まで踊ってシンデレラのように寝に行きましたが、若い人たちは朝方まで。若いといってもみな、マクロン世代で、バリバリのキャリアの人ばかりですが、フランスの政権がこの世代に担われているご時勢を思うと感慨深いです。

[PR]
by mariastella | 2017-06-25 17:12 | 雑感

結婚披露のパーティ

c0175451_00491366.jpg
c0175451_00481094.jpg

金曜日は大忙しの日でした。
ブランデンブルグやバロック曲だけでなく、ラヴェルとかシューベルトとかいろいろ、全曲に参加しました。生徒たちを助けるためです。
ブランデンブルグは、コントラバスも入ってのフル構成で、本当に気分が良かった。なにも考えないで弾けるので、本当にこんなのでいいのかと思ってしまいます。

週末はル・マンの近くのお城で 2日続きの結婚披露宴です。
国際的なカップルなので、アメリカ、カナダ、イギリスなどからもたくさん来て昼も夜も 次の日のブランチも、150 人くらいなので、知らない人さえいます。
夜は子供づれのために3人のベビーシッターが雇われていて、若い人たちは明け方まで踊るでしょう。お城の中と、ホテル形式やアパルトマン形式の寝室がたくさんあります。
暑さも一段落でパリ地方の公害から逃れていい空気を味わっています。

敷地内には馬もいて、室内プールもジャクジーもあって一足早いヴァカンス気分です。

[PR]
by mariastella | 2017-06-25 01:10 | 雑感

共謀罪成立とフランスと韓国

最近、フランスでも大統領選や総選挙、テロのニュースなどを連続して追っているのに加えて、日本でも内閣府にまつわるスキャンダルや共謀罪の成立や今度は都議会など、気になるテーマが続いたので、ついつい、いろいろなことを考えてしまう。

共謀罪が強引に成立したことで敗北感や恐れ、脅威を表明する人も多いが、私は正直言って、それ自体に限ったら、これだけ議論が生まれている状況についてはむしろポジティヴな印象を持っている。

それは、フランスの「緊急事態」がもうずっと続いているせいでもある。

アメリカの9・11後の「愛国法」などには危機感を抱いたけれど、
緊急事態宣言中、「テロとの戦争」宣言中であるはずのフランスにおける危機感は、実はあまりない。

「一般の人には適用されませんよ」、というやつだ。

もともと「表現の自由」や「生き方の自由」をイスラム原理主義過激派から守るというのが出発点であるせいか、戦争だ、非常事態だと言っていることとやっていることがだいぶ違って、そうとうヌルイ。

ジャーナリズムの言論は完全に枠外となっているし、もともとデモを規制する項目があったのに、フランス人が「外へ出てデモをする」ことを自主規制することも考えられず、全く変わっていない。「意思表示」の自由は共和国絶対の伝統だ。
2015年の無差別テロの後も、「外に出るな」みたいな指示があったようだが、あわてて日本人観光客や修学旅行生たちが日本大使館の指示でホテルにこもっていたという話は聞いたけれど、うちから出なかったなんていうフランス人の話は聞いたことがない。
「一般の人」が堂々と騒ぐのがフランスだ。

こういうと「さすがフランスだ」と思うかもしれないが、フランスだけではない。
私は韓国の民衆が昨年から今年にかけてパク・クネ大統領を大挙して糾弾し、ついに罷免に追い込んだのを見て、結局、どんな法律があろうとも、市井の人々の意志が強ければその表示はとめられないし、ついには国を動かすのだなあと思った。

なにしろ、韓国と言えば、いまだに北朝鮮と「休戦」状態だが戦争は終わっていないのだし、言い換えれば常に「非常事態」、戒厳令OKの国だ。
そして、日本の治安維持法をモデルにしたという「国家保安法」というのがある。共産主義を賛美する行為やその「兆候」まで取り締まりの対象になるというやつだ。
後はどうにでも拡大解釈可能で、実際、独裁政権からは恣意的に使われた。
「民主化」した後で廃止の動きもあったけれど、今もしっかり合憲とされ、有効だ。

1970年代に京大の医学部からソウル大学に留学していた私の知人は、この国家保安法を適用されたいわゆる「学園浸透スパイ事件」のでっちあげに巻き込まれて死刑判決を受けた。

彼が死刑囚として獄中にあった時に、今回失脚したパク・クネ大統領の父親であるパク・チョンヒ大統領(この人は大統領の直接選挙を廃止して永久政権化しようとした軍事独裁者だ)が暗殺された。
彼は13年も投獄された後、パク・クネ政権の時代にようやく再審無罪を勝ち取った。
もともと、確か彼が「北朝鮮」に行っていた、と断罪された時期には日本で国体に出場していた(陸上選手だった)ということで、冤罪は明らかだったのだけれど、当時は真実や事実で無罪を「立証」することなど無力だった。無法地帯で合法的な手立てを探しても意味がない。

その当時、私の話を聞いた周りのフランス人の方がはるかに積極的に彼の救援の手立てを模索してくれたことの驚きを私は今もはっきり覚えている。

その韓国の人たちが、今回は堂々と大統領を弾劾したのだ。

悪法があっても、その気になればそれを適用できる為政者を罷免することもできる。
その適用を不可能にすることだってできる。

悪法や悪法の成立事情やそれを可能にした為政者に異を唱え、
自由と尊厳を守る断固とした意志を、
持続的に、
忍耐強く、
表明するならば。

[PR]
by mariastella | 2017-06-21 01:39 | 雑感

アドナン・カショギの死

1935年生まれのアドナン・カショギという世界一の富豪(1980年時点で個人資産40兆円? 桁がかけ離れているので間違っているかも)が6日にロンドンで亡くなったというので、プロフィールが次々と紹介された。

サウジ王家の創設者の主治医の息子だがいわゆるプリンスではないので、あちこちに出る写真も、サウジ風の服装でもないし、普通。小柄で小太りの髭のおじいさん。

当然のごとく、巨額な武器取引で財をなした。

カネの世界には国境もなく、文化も宗教も乗り越えたグローバルなものなんだなあというのにあらためて驚く。

カショギ氏の人脈や金脈にはビン・ラディンの父親の名も出るがロッキードの名も出てくる。個人ヨットとして最も大型(映画ホールやプールもそなえたクルーズ船みたいなやつ)な「ナビラ」号を持っていたことでも有名だけれど、後にその新所有者となったのがあのトランプで(彼もその後で手離しているが)、トランプはそれを改装して「トランプ・プリンセス」となづけたのだそうだ。金さえあればプリンスにもプリンセスにもなれる。

カショギはフランスにもたくさんの住まいを持っているが、パリで若い頃の高田賢三に出会って彼のデザインを気に入り、彼が瞑想できるようにとパリに800平米の住居を与えた、と言うのも読んだ。

それはあの有名な、茶室や日本庭園のある旧高田邸のことなのだろう。本当だとしたら何だか親近感も覚える。

片時も離れないガードマンの一人は韓国の空手家だとあった。

彼の甥はダイアナ妃と共にパリで自動車事故で死んだ人だけれど、子供は息子3人とヨットの名につけたナビラさんというひとり娘の4人しか名が挙がっていない。
でも前妻というソラヤさんの間にはもう一人娘がいると英語のネットに出ていた。

ソラヤというのはイスラム名で、もとはイギリス人のサンドラさんなのだそうだ。(こんなどうでもいいことを検索したのは、最初にヨットの名が「一人娘」の名だと聞いたときに、一夫多妻もOKのサウジアラビアの大富豪で子供が一人しかいないんだろうか、だとしたらそれはどういう姻戚関係を生んだのだろうか、などと考えてしまったからだ。)

リヤドに行った時も思ったけれど、彼らは国内でどんなに戒律のある暮らしをしていても、「金」という万国共通のビザがあればどこでどんな暮らしでもできるのだなあ。

こういう人たちは、今のISだのカリフ国などを「本音」ではどう思っているのだろう。

いや、内戦が続いたり、外国が武力で干渉したり、戦火で損壊した地域を再建したりするたびに「金」が儲かる仕組みになっているのだから、そういうループから抜け出す思考はなかなか働かないのかもしれない。

富豪の中にはビル・ゲイツ夫妻のように「慈善」に目覚めて大活躍する人もいて、そのメンタリティについて考察している最中だったのでいろいろ考えさせられた。


[PR]
by mariastella | 2017-06-17 02:54 | 雑感

ナポレオンとサクランボとコニャック

朝市でサクランボの色がまぶしい季節だ。

私の好きなのは白っぽい「ナポレオン」というビガローの一種。
酸味と甘みのバランスがいいさわやかな味。

なぜナポレオンという名がついたのかというと、もろ、ナポレオンが気に入ったからだそうだ。
サクランボは中世からフランス人の食卓に上っていた。生や調理したものがワインに混ぜられたり、デザートに供されたりした。17世紀にはモンモランシー公の果樹園が有名だった。

サクランボを偏愛して新しい品種を開発させたのはルイ15世だ。彼の時代から、サクランボ栽培の近代化が始まった。そのうちの一種がナポレオンの好物となって命名された。

そういえばナポレオンというコニャックもある。

私の子供時代は、ナポレオンと言うと、

「ナポレオンは何故赤いズボン吊りをしていたか? していないと ズボンが落ちるから」

という謎々と、

「私の辞書に不可能という文字はない。」

という言葉と、

「三時間しか眠らない。」

という伝説と共に、ナポレオンという上等のお酒がある、という知識が共有されていた。
ある意味で懐かしい名前だ。

伝説によると、1815年にナポレオンがセント・ヘレナ島に流される船にニャックの樽を持ち込んだそうで、イギリスの士官たちがそれを喜んで「ナポレオンのコニャック」と呼んだという。
1869年にナポレオン三世が、クルヴォワジエに「帝国宮廷ご用達」のタイトルを与えた。
1909年にイギリス出身のシモン・ファミリーがクルヴォワジエのブランドを買い、VSOPよりも高級なコニャックをナポレオンと名付けてナポレオンのシルエットをロゴにした。
1950年にはナポレオンの愛したジョセフィーヌという名のコニャックも発売したが、そっちの名前は昔の日本で聞いたことがなかった。

この世で添い遂げられなかったカップルが、並んで芳香を発し続けている


[PR]
by mariastella | 2017-06-15 05:43 | 雑感



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧