「ほっ」と。キャンペーン

L'art de croire             竹下節子ブログ

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

adorer

 白水社の『ふらんす』という雑誌に連載しているので、送ってもらった雑誌をぱらぱらとながめていたら、『マノン・レスコー』を使っての対訳講義というか仏文和訳の練習みたいな連載があった。

 そこで、魔性の女マノンから愛の言葉をかけられた主人公が、感激して夢中になって、

 「tu es trop adorable pour une créature.」と言うシーンがある。

 その訳が

 「君は被造物にしてはどんなに崇めても崇めたりないほどだ。」

 だって。気持ちは分かるんだけど。

 あまり日本語のフランス語本はじっくり見ないようにしているんだが、これは・・・・
 語感の差にも笑えるが、別の問題もありそうだ。

  フランス語のadorerという動詞は本来は神を崇める時にだけ使われる。

 それが、今は、aimer とたいして変わらず頻繁に使われる。もともと英語のように like と love の区別もしないから、「アイスクリーム大好き!」というのだって、動詞の上では、愛したり崇拝したりというさわぎになる。

 まあ、今でもカトリックのギョーカイ内なんかでは、adorer(崇拝する) はきっちりと父と子なる神に対してだけで、聖母や聖人と言えども、vénérer(崇敬する)という動詞を使わなくてはならない。

 高貴な言葉ほど転落してしまうのはどこでもいっしょで、アイスクリームを「崇敬する」って言ったらそれこそ新種の偶像崇拝だが、アイスクリームを「崇拝する」のは、幼稚園の子たちでも連発する。

 でも、ふた昔くらい前までは、公教要理なんかで、adorer は神さま専用ってことが子供たちに言い聞かされてたから、よくある表現に、

 「On n’adore que le bon Dieu!」

 というのがあった。

 子供たちが「J’adore なんとか」(なんとか大好き)と言う度に、お母さんやおばあちゃんが、

 「Adorer(崇拝するの)は神さまだけですよ」

 と注意していたのだ。

 「On n’adore que le bon Dieu!」

 というのは、だから、なじみの決まり文句だったわけだ。

 で、もと聖職者になろうかと思っていた『マノン・レスコー』の語り手は、マノンに強烈に入れあげているのに、神学の縛りが強いものだから、わざわざ「恋の言葉と神学の言葉とを世俗的なまぜこぜにして」、

 「tu es trop adorable pour une créature.」

 などと持って回った言い方をした。

 この時代でも恋人たちは何のためらいもなく

 「Je t’adooooooore!!!」

 と言い合ってたんだろう。

 だからここは語感としては、

 「ああ、君は僕の(女)神だ!!」

 っていうのが一番近い。つまり、マノンは崇拝に値しすぎるから被造物じゃなくてすでに神の域にある、と持ちあげているのだ。

 まあ、今も、adorer に比べると、adorable
の方が、規制が弱い気がする。adorable は単にすてき、かわいい、すばらしいという感じだ。アイスクリームのようなモノやコトにじゃなく、ヒトに対してよく使われる。adorer の方が何でもOKで、濫発されるが、子供や若者があまりにしばしば何にでも「J’adore!!」と言っているのを聞くと、おばさんたちは心の中でつい、

 「On n’adore que le bon Dieu!」

 とつっこみを入れたくなるのである。
[PR]
by mariastella | 2010-04-29 02:02 | フランス語

Mignon

まだ春休み中。数日前、ようやく『脱陰謀論』(仮題)を仕上げたので気分も春。『無神論』も完成したそうで、うちに届くのは連休明けとか。楽しみ。

 春休みの最初の日曜日、突然思い立ってOpéra Comique に Ambroise Thomas の Mignon を見に行った。 オペラ・コミックとオペラの違いは、前者はすべての台詞が歌われるのではなく語りのシーンがあることだそうだから、ミュージカルに近いかも。

 私はミニオーケストラで年に1、2度、オペレットの序曲を弾いている。どれもみなよく似ていて、転調やリズムの変化とか、構成が共通しているし、「どことなく懐かしいメロディー」ばかり出て来る。「存在のあまりの軽さ」という感じで非常に心地よいものばかり。
 薄っぺらで中身がないようなのに、押しが強い。何曲も弾いているうちに、すっかり癖になる。

 私のやっているバロックとは対極の、19世紀の化身みたいな音楽なのに。なんだかその秘密を探りたくて、パリのオペラコミックの中で最高の人気を博していたアンブロワーズ・トマのこれまた超人気オペレット『ミニョン』を聴きたくなったのだ。

 私のオペレット鑑賞体験はオッフェンバックの『パリの夜』や『オルフェ』などの数曲しかない。

 『ミニョン』といえば、歌曲よりも、ゲーテの原作の方が記憶にある。大学でドイツ語クラスにいたので、ドイツ科で『ウィルヘルム・マイスター』を読んだのだ。教授は辻ヒカル(変換できない)さんだった。学生は多くても3、4人で、フランス科が女子学生もいて華やかなのとは対照的で私が一人だったので、みんなにやさしくしてもらえたのを覚えている。
 で、「君よ知るや、南の国・・・」。

 それくらいこのオペラに関する予備知識なしで見に行ったら、かなり予想と違っていた。19世紀的にセンチメンタルでナイーヴなばかりかと思っていたら、オーケストラ譜も難しそうだし、歌の方も、イタリア・オペラばりのテクニカルなものだった。ハープは素晴らしいし、音楽は全体に感傷的すぎないし、むしろアカデミックである。きっちりとフランス的だし、ガボットなどのダンス曲もちゃんと入っている。トマがマスネーなどの教師だったのもよく分かる。

 なんだかモーツァルトとバロックオペラとオペレッタとヴェルディなんかが全部アマルガムされているようなハイブリッドな代物でもある。異国趣味、イタリア、ゲーテ、シェイクスピア(劇中劇が『真夏の夜の夢』に設定されているのも楽しい)、火災シーン(この上演中にオペラコミックは実際に全焼したことがある)、男装の少女、女性歌手が男装で演じる貴族、記憶を失ったさすらいの老人、実は別れ別れになっていた貴族の父と娘、メロドラマティックな筋書き、なかなか濃い。

 フランス・バロックオペラとの共通点は、一時熱狂的な人気を誇っていたのに、「忘れ去られた」ということだ。

 興味深いのは、指揮者が客席に向かいあってることで、逆にオーケストラ奏者たちは舞台の進行をよく感じることができる。指揮者の向きというのは18世紀頃から試行錯誤があって、なんだかカトリックのミサにおいて司祭が信者に向かうか背を向けるかという推移を連想する。

 オペラの時には、指揮者もオーケストラも、全員が舞台を向いていた時代や場所もあった。今回の指揮はフランソワ=グザヴィエ・ロトで、時々舞台の方をを振り向いていたが、指揮棒も使わないし、楽しそうで、「踊る舞台装置」みたいだった。彼の姿はビデオで映されて、別のところにいるコーラスも、ちゃんと合わせられるようになっているのだ。指揮者の表情を最初から最後まで見るのは初めてなので、とても新鮮だった。

 
[PR]
by mariastella | 2010-04-29 00:49 | 音楽

オンフレイがフロイトにかみついた

 Michel Onfray の宗教攻撃無神論本は、気持ちは分かるがブリミィティヴだなあと日ごろ思っていた。獲物を追う狩人みたいな人だが、狩りの季節も狩場も道具もかみあってないよ、という感じだった。

 そのオンフレイが今度は同じく無神論仲間のフロイト大先生を「裸の王様」だと噛みついた。フロイトは自分でも精神分析学は科学でなくて冒険家だと言っていたそうだ。

 フロイトの生い立ちがまたすさまじく、その自分の生い立ちを基に世界観を築いたので、最初に理論ありき、後は、こじつけに継ぐこじつけで、まるで、陰謀論世界観構築の構造と似ている。

 これほど「あやしい」のはかなり分かっているのに、ツールとして使いまわしができるせいか、何よりも、高価な「治療」が産業として成り立っているからか、ユングなど別の方向に流れたりして境界が曖昧になって、周辺部では水増し正常化とプラグマティックな方法論とニューエイジ系オカルトに吸収された部分とが混在してるからか、いまさら、「教祖」フロイトをわざわざあげつらって嘲う人はいない。オンフレイくらいだろうな。読めば楽しめるかもしれない。後はカントの性生活のJean-Baptiste Botul くらいかも。
[PR]
by mariastella | 2010-04-18 20:01 | 雑感

IRIS 会議

 今年のIRIS(institut de relations internationales et stratégiques )の定例会議(Conférences stratégiques annuelles)の案内を受け取った。

 「持続可能な成長は地政学の新しい策となるか」というのがテーマで、政府関係者、国連関係者、政治学院やビジネススクールやEU関係者、各種の研究所代表とかが公開でディスカッションするのだが、「気候変動は国際関係の新しいパラディグムか?」というグループのところに、
Le Roy Ladurie の名が入っていたので驚いた。

 モンタイユーの研究などで有名な精神史家で、この人の本はずいぶん読んだ。

 彼がこの文脈で何を話すのか非常に興味をそそられる。行ってみようかな。
[PR]
by mariastella | 2010-04-18 19:38 | 雑感

ポーランド

 カチンスキー兄弟は、政治的に結構批判されてたのに、今のポーランドは異様に盛り上がっている。JP2の逝去以来の盛り上がりかも。これに懐疑的な人もいる。
 
 事故機のボイス・レコーダーによると、無理な操縦を強要したのは大統領自身だという話もあるし、そうなると、他の人たちこそが犠牲者だとも言える。

 ユダヤ人、アルメニア人、ポーランド人たちに特有の、「悲劇の主人公アイデンティティ」「敗北における英雄主義」を語る人もいる。こういう「悲劇」が、宗教色を帯びて無批判的な「挙国一致」を生むとしたら、あちこちで政治が宗教を利用したくなるのも無理はない。

 イスラエルのように、反動で超タカ派軍事国になるケースもあるし。

 悲劇の中でこそ、知性と穏便さが求められる。

 スペンサーが

 「人間は、容易な時は、高潔ではありえないのだ。困難な時に、はじめて高潔でありえるのだ」(パーカー『約束の地』)

 と言ってた。暴力は名誉を維持することのできる分野だとも。

 暴力で維持する名誉って…

 名誉って、多分、「他人の名誉を尊重する」という文脈で活躍すべきだ。「自分の名誉」っていうのは、かなり自制してケアしなきゃ。
[PR]
by mariastella | 2010-04-16 22:15 | つぶやき

神の存在理由

 『無神論』がようやく校了したとのお知らせをいただいた。今は『陰謀論』執筆真っ最中。

 「神の存在証明」というのは私の手に負えないが、「神の存在理由」というのは思いつく。
 「困った時に頼める先」というんじゃなくて、極限科学について読んでいて思いついた。推論と観測により裏付けられる極限の「認識量」とは、「到達量」ではない。しかし「存在」が分かった以上それを求めて旅を続けるのが人間の宿命だそうだ。(@伊達宗行さん)

 神が存在するのは人が旅する宿命、かも。
[PR]
by mariastella | 2010-04-16 21:52 | つぶやき

Wim Delvoye

 ベルギー人アーティストのWim Delvoye。

 この人の豚の刺青を見てると居心地が悪い。北京郊外の農場の三歳の豚を全身麻酔でレーザー刺青して、自然死を待って剥製にして展示するというのだから、化粧品の開発の実験に使われる豚や、生きたまま殺される食用豚よりも残酷な運命というのではないのだが。

 また、ダミアン・ハーストのように動物の遺体そのものをアートに構成するのと違って、生きながらアートの「場」に仕立て上げるのだから、抵抗は少なくてもいいのだが。

 このWim Delvoye(これで検索したらいろいろな作品が見れる)だが、日本語だとデルヴォワではなくてデルヴォイとなっていた。そして「笑いをとるのがねらいの折衷アート」という解説もあって驚いた。

 豚の刺青って笑えるのか?

 十字架をらせん状につないだDNAとか、ゴシック聖堂を模したトラクターとかは美しいと思う。

 デルヴォワに豚とおそろいの刺青を入れてもらったスイス人の背中の皮を「終身年金」払いで「購入」した若いドイツ人のコレクターがいるらしい。金を払い続け、スイス人が死んだ後で皮を遺贈される。まさか剥製にはしないだろうな。いやプラスティネーションの国だからあり得るかも。背中に傷つくような事故で死ぬとか年とって劣化したらどうするんだろう。写真を見ると、そのスイス人も若そうだ。

 この手のアートにはたいてい倒錯というより挑発という言葉が似合うのだが、デルヴォワの作品には、「聖なるもの」のアバターがあり、複雑な気分にさせられる。
[PR]
by mariastella | 2010-04-13 19:29 | アート

月を盗んだ子供たち

 前に「信じられない」「あり得ない」とあきれまくった記事をどこかに書いたが、ポーランドの一卵性双子政権が、これまた驚くべき形で終焉した。弟、これから、大統領になるのか?

 今度の事故で初めて知ったが、この2人は13歳の時に『月を盗んだ子供たち』というドラマ(映画?)で共演して、国民的人気を得ていたそうだ。

 そうか、同じ姿のおじさんがふたり突然、権力の座についたわけではなかったのか。「二人でひと組」というのが少年時代から認知されていたんだなあ。そういえば童顔だから、面影もあったんだろう。合掌。

 世の中には、権力者の政敵に事故で死んでほしいと望んでいる輩もいるだろう。めったにそんなことは起こらないが、今回起ったのは、政敵にチャンスが転がり込んでくるようなシチュエーションじゃなくて、姿かたちまで同じのスペアがあるという特殊なケースだ。運命とは皮肉だ。亡くなったのもロシア領内だし。

 カチンスキーのお兄さん、今頃、ほんとに月を奪っているかも。
[PR]
by mariastella | 2010-04-13 17:59 | 雑感

陰謀論について

 7月21日の東京での講義のお知らせです。

http://www.parc-jp.org/freeschool/2010/kouza/kouza_11.html

 私は一日だけですが、おもしろそうなラインアップだなあと思います。

 「オルタナティブな市民の学校」ってことで、エコロジーやニューエイジっぽいテーマもちらほら。この「オルタナィヴ」というのは、大切な概念なんですが、今や、「神」と同じくらい偶像化したりツール化したりしてるので、関わり合い方はなかなか難しいです。

 相対主義と全体主義は薄紙でしか隔てられてないという気もします。

 私はこの別の講座で取り上げられているチベット医学ともなじみがあるし、痛いところがあると伝統医療を試したり薬局のカウンターで「一週間で痛みが軽減」と大書されてる薬の宣伝を見かけるとつい「ダメ元」と買ってしまったりします。まっとうな懐疑心と行動が合ってない。他のすべての人にとって毒でも偽薬でも、今ここで私の痛みが消失すれば世界はなくなってもいい。怖い心理です。

 「今ここで」治るとか、「いつかどこかで」を期待するとか、「あの時あそこで」を後悔したり懐かしんだりするのは、ナンセンスで、人生は偶発の連鎖なんだけれど、それでも、周りの人と「その時、そこで」を共有して同じ方向に歩こうとするのがほんとうの生きる力かなあ、と思います。素粒子はばらばらですかすかなんだから方向がそろわないと、存在しないのと変わらない。

 オルタナティヴというのが「その時」や「そこ」へのいざないであればじっくり見てみたいですね。
[PR]
by mariastella | 2010-04-11 19:23 | お知らせ

エッベル塔

 今朝のラジオで、おもしろいことを聞いた。個別には知ってたのに関連付けたことはなかった。

 アラビア語にはPの発音がないから、アラビア語でしか育っていないアラブ人は「パレスティナ」って発音できないんだそうだ。(語源はぺリシテ人だとかだろう)

 音声学的に破裂音PはBに置き換えられやすい。そしてPとFも互換性がある。で、パリ(バリ?)でエッフェル塔に寄るパレスティナ人が、「ちょっとエッベル塔に)と言った。
 Fはそのまま発音可能なのに、Fをわざわざ脳内でまずPに変換してそれがBというなまりになって出てきたわけだ。

 Hの音が聞こえないフランス人が日本語の書きとりの時間に、

 「あしたのあさ、おかあさんが」

 と言うのを完璧に聞いているのに、わざわざ気をきかせて

 「はしたのはさ、ほかあさんが」

 と書きとったり無理に発音したりすることがあるのと同じだなあ。
[PR]
by mariastella | 2010-04-11 18:52 | つぶやき



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧