L'art de croire             竹下節子ブログ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カサノヴァ、または、18世紀の踊りの体と触覚について

パリの国立図書館BnFでカサノヴァの展示会をやっている。『自由の情熱』というタイトルだ。

カサノヴァは五感を解放し、研ぎ澄ますことに情熱を傾けた。
というわけで、18世紀における五感の文化について、それぞれ、歴史学者とアーティスト(調香師、パティシエ、音楽家、デザイナーなど)が討論するという企画が進行している。

先週土曜がその3回目で、「触覚-踊られる体」というテーマで、歴史家で作家のNoëlle Chateletと、バロック・ダンサーのChristine Bayleが出席した。

http://www.bnf.fr/fr/evenements_et_culture/auditoriums/f.samedi_savoirs_5sens.html?seance=1223906810322

ノエル・シャトレーは予備知識を得るためにクリスティーヌのバロック・バレーの上級クラスを一度だけ見学に来た。私も踊っていたのだが、その時には、彼女が誰で何のためにいるのか知らなかった。

その後で、クリスティーヌが、ノエル・シャトレーが、バロック・バレーをまったく誤解している、どこまで論破できるか分からない、と言っていたので、応援もかねて出席することにした。バレーの仲間の理論家も精神科医も来ていた。

まず、何でそもそも「カサノヴァ」かというと、彼が踊りが大好きで、特にスペインで民衆の踊るファンダンゴを見てからその挑発的なことや官能的なことに夢中になったというからだ。

カサノヴァというとドン・ファンの代名詞の「ヴェネツィアの遊び人」だと思われているが、その有名な『回想記』はフランス語で書かれたもので、立派な「啓蒙の世紀のフランス文学者」のステイタスも持っている人なのだ。

で、18世紀のフランスに生きていたような自由思想家がダンスもたしなんでいたということは、まったく普通なので、脚に静脈瘤がない限りどんな男も踊っていた、といわれるくらい、基本的カルチャーだったのである。

宮廷舞踊は廃れていたが、劇場用のL'Aimable Vainqueurのダンスなどは非常に人気があって、多くの男が踊っていた。

カサノヴァが特に、民衆的で官能的な踊りによって、革命以降の肉体の解放を先取りしていた、などというわけではない。

踊りは常に肉体を意識化する舞台であり、騎士という「戦士」階級にとっては乗馬や剣術と同じ訓練でもあった。

民衆だけではなく、貴族階級にとっても、18世紀はサヴァイヴァルが容易でない厳しい時代だった。宮殿といえどもたいした暖房がなく、太陽王ルイ14世ですら多くの病気に苦しみ、数ある息子も孫もみな失って、やっと曾孫を跡継ぎにできたほどだった。そんな時代に、痛みや苦しみを表に出さずに、優雅に体を使って見せることは、命がけの官能の追求でもあったのだ。

しかし、ノエル・シャトレー女史などに見られるバロック・バレーへの根強い先入観は紋切り型だ。それはざっと次のようなものである。

フランス革命によって、苦しんでいた民衆はようやく解放された。

そのさきがけとなったのはカサノヴァのような規格外の自由思想家だ。

貴族階級は表面的な上品な体裁と華美ばかり競って、肉体の自由を追求したり、触覚を使うという「他者への侵入」をしなかった。バロック・バレーで、カップルがごくたまに手先を触れ合うほかには互いが接触しないことが、その象徴である。

ダンスはコンテンポラリーになればなるほど、肉体をありのままに強調し、男女は触れ合い、エロティシズムも喚起される。華美な衣装は肉体が語るのを妨げる牢獄だ。ディドロも触覚がもっとも深い感覚だといっている。触覚は情念を喚起する。触覚は禁忌や衝動と結びついている。

それに対して、バロック・バレーなどは、衣装の制約もあるし、自然性や官能性を封印して、人工的で不自然な規則でがんじがらめにして、知的な優越感に浸っているだけだ。

とまあ、正確にはそこまでは言わなかったが、ノエル・シャトレーの主張は、貴族階級へのイデオロギー・バイアスのかかったものである。

ついでに彼女は、アンシャン・レジームの男は脚にぴったりしたキュロットで動きが制限されていたのが革命後にパンタロンになって緩やかになった、と言った。

これは、薮蛇だった。ぴったりしたキュロットは乗馬用に特化したもので、18世紀の踊りの衣装も、基本的には狩や戦いの動きをベースにした機能的なものだったからだ。

すべてのアートが何らかの規則を基にして繰りひろげられるのは当然なのに、踊りに関してだけ、肉体性とか動物としての生命力とかを強調することがひたすら禁忌を解いて近代に向かう自由と進歩かのように言われるのは不思議だ。

肉体性の回復とは、むしろ、近代以降において、人工的な快適な環境で暮らす都市住民が肉体性を喪失してしまったことに対する反動だ。

18世紀の暮らしはあらゆる点で重かった。人は肉体性を忘れることなどできなかった。だからこそ、それを昇華して「軽さ」を再構成するのがフランス文化の特徴となったのだ。

そして、その洗練され再構成された軽さが、国境を越えてヨーロッパ中に広まったのは、そこに、その時代における普遍性があったからに他ならない。

今いい訳語が思い浮かばないが、「danse d’excution」と「 danse d’action」は違うのである。

このことは、日本舞踊や仕舞などを伝承してきた日本人の方がむしろよく分かるかもしれない。

和服や帯で動きが制限されているからこそ、どこがどう自由になるのか、動ける部分、動かせる範囲でいかにして官能を演出し、伝えることができるかというのが掘り下げられるからだ。

そういうプロセスにおける「触覚」とは、踊りの相方を手で触れるとか抱くとかの問題ではない。

自分の体のすべての部分がどのように締めつけられたり、限界があったり、重力を受けているか、などの身体感覚であり、塊としての体が空間を切り、床から常に抵抗を受けている「接触」をいかにして全身でキャッチするかということでもある。

バレーの「ステップ」とか「パ」とかは、「歩み」の足の運び方、体重のかけ方、であり、動くのだから、体重を移動していく途中の「過程」のことである。

だから一つ一つの踊りの型ではなく、型と型との間の移動の部分に、すべてがあるのだ。

ダンスとは、体重移動の部分にあるので、それが終わった部分にはない。

それは、ピアノのキイをたたく指の「音楽」がすべて、キイに触れるまでの手指の動きの流れにあるのと同じことだ。たたいた後に出た音の連なりが音楽だと思っているうちは、ピアニストではない。

もちろん、ある指がキイに触れたときの感覚を次の指の動きへとつなげていくわけで、バレーも同じだ。

ある動きに内包されている次の動きを次々と先取りして展開していく一瞬の感覚にすべてがかかっているのである。

それを絶えず確認しながら踊って、相方のその動きをキャッチしながら空間を切り取っていく絵をいっしょに描いていくのは、十分官能的であり、相手の体を触るとか触らないとかいう次元ではまったくないのだ。

私が、今、18世紀のフランスの軽さの文化、すなわちフレンチ・エレガンスの美学を擁護するのは、近代以降の「より強ければ(より速ければ、より高ければ・・・)勝つ」とか「見かけがすべて」のような競争原理や、「名人芸」をマネジメントして売るというアートのシステムに異を唱えたいからである。

フレンチ・エレガンスというのは、日本でいえば「粋」などにも通じるので、なんにしても、動物性だとか生の感情だとか、天才だとか、逆に努力の限りを尽くしているのを見せるとかいうのは、上品ではない、という感覚がある。だからといって中途半端に何かをするのではなくて、実は計算しつくして、最小の動きで最大の効果をあげるように密度を高めるわけである。

それなのに、実際に今見かけるバロック・バレーの再現には、単なるコスプレ的なものや、中途半端なテクニックなどが多いので、誤解を招く。バロック音楽自体も復活した後で、長い間そういう「生ぬるい時代」を経てきた。

事実は、革命前のフランス・バロックの黄金期にこそ、音楽やバレーや詩のそれぞれの「語り」の技術が最高潮に達して競演していたのだ。
[PR]
by mariastella | 2012-01-31 07:32 | 踊り

ヴァティカンの秘密

ヴァティカンという組織が存続してくれていてよかったなあ、と時々思うことがある。特にトップとなる教皇が例外的人物である時には、世界の危機を救ってくれる。

有名なのはポーランドのソリダノスクを鼓舞して冷戦終結に大きな役割を果たしたヨハネ・パウロ2世だが、
76歳で教皇になって「つなぎ」だと思われていたのに、5年間(1958-63)で第ニヴァティカン公会議をはじめたヨハネ23世もその一人だ。

1962年のキューバ危機で、あわや第3次大戦の勃発かと思われたときに水面下で大いに動いたのがこの人だったらしい(むろん彼だけの功績ではないが)。

時のアメリカ大統領は初めてのカトリック大統領であるアイルランド系のケネディで、彼が教皇にじきじき交渉を頼んだという。

ケネディは選挙運動中、ヴァティカンの決定よりもアメリカ国益を優先するかとプロテスタント陣営から何度も問われた。

実は、ケネディは、ヴァティカンにアメリカを救ってもらったわけだ。

もちろんそのことは、政治的判断で伏せられたままだった。

キューバが伝統的にカトリック国であったことは言わずもがなの話である。幸運が重なった。

フランスにとっても、この教皇が救い主となったことがあるらしい。

1944年、自由フランスのリーダーで敬虔なカトリックだったド・ゴール将軍がヴァティカンを訪れた。親独ヴィシィ政権下のフランス司教をやめさせてほしいというためだった。

しかし、当時のヴァティカンには占領フランスの大使が正式に赴任していたし、フランスにはヴァティカンの大使がいる。当時のピウス12世には直接には何もできなかった。フランス司教の任命はヴァティカン大使の管轄だ。

ともかく、この時、新大使として送り込まれたのがジュゼッペ・ロンカリ、後のヨハネ23世であった。

彼の才覚によって、フランスの司教や司祭たちは差し替えられ、戦後、対独協力などの矢面に立つことを逃れられたという。

 ヴァティカンというと各種の陰謀論ではまるで闇の暗殺集団のように扱われていたりするのだが、その外交力や調停力、ネットワークの力、伝統の持つ権威、聖霊トップダウンの素早さ、意外なフットワークの軽さなどで、キリスト教ベースの世界史にポジティヴな役割を果たしてきたことは間違いがないようだ。

Bernard Lecomte『Les derniers secrets du Vatican』
ISBN : 2262034109
Éditeur : Librairie Académique Perrin (2012)
[PR]
by mariastella | 2012-01-30 07:09 | 宗教

Le Quatuor クラウンは楽器を弾く

暮れに、Théâtre de Paris に『Le Quatuor』

http://www.theatredeparis.com/index.asp?id=26&idf=34

を観にいった。15年ほど前に見て、かなり気にいった記憶があり、今年は30周年だそうだ。変わったメンバーもある。今はとてもメジャーになった。

昔のイメージでは、弦楽四重奏団のメンバーが、アクロバテッィクなスケッチを繰り広げながらユーモラスに名曲のメドレーを演るというものだった。

今回あらためて、これは「演奏家がお笑芸をやっている」のではなくて「お笑い芸人が楽器を演奏している」のだとはっきり分かった。

グループの名が「四重奏団」で、ヴァイオリニスト2人とヴィオリスト1人、チェリスト1人が、蝶ネクタイにタキシードという「クラシックの演奏家」の恰好をしているから、なんとなく、演奏家がクラシック音楽をみんなで楽しめるように工夫しておもしろい演出をしているような錯覚を起こす。もちろんそれが狙いなんだろう。

私はヴィオラ奏者の端くれで、四重奏もするから、どうしても演奏家のバイアスがかかって、楽器をあんなに乱暴に扱って大丈夫だろうかとか、弓の毛が切れてぶら下がっているのが気になったり、心から笑えない部分もあるのだ。

でも、結局、ヨーロッパにおける「クラウンclown(=道化、ピエロ)」の歴史というのは、楽器演奏と切っても切り離せなかった。

Arteでクラウンの歴史のドキュメンタリー映画を見たので、いつの時代でもヴァイオリンが大事な小道具だったことがよく分かる。

チャップリンの演奏シーンがあって、左手に弓を持っているのだが、本当だろうか。フィルムが左右逆になっているのか、それとも、それもギャグのうちなのだろうか。

弦楽器は左右対称に見えるが裏側の補強の木は高音側と低音側で違っているので、弦を逆に張り替えれば左利き用になるというほど単純ではない。左利き用に作られた楽器はもちろんあるのだが。

チャップリンの娘でフランスで芸人となったヴィクトリアの息子、ジェイムスのヴァイオリンもうまい。Harpoというクラウンは、見事にハープを弾きこなした。24種もの楽器を弾きこなすクラウンもいた。

クラウンは、楽器ができて、軽業ができて、マイムができて、楽器が弾けて、歌ったり踊ったりもできて、それら全部の技能が、「観客を笑わせる」ために駆使される。

もっとも、それだけに、近代のクラウン、つまり、宮廷の道化ではなくサーカスのスターの先駆者で、ミュージックホールで客を笑わせたヴィクトリア時代のLittle Tichの映像を見るのは複雑だ。

(http://www.youtube.com/watch?v=DpoGy_WIcCYなど。)

身長120㎝で片手に指が6本ずつ。頭にシルクハット、脚に短いスキーのような長い靴をつけて、コミカルな動きをする。チャップリンはこの人のスタイルを採用して、その芸を模倣した。

リトル・ティッチはパリで興業中に、妻にフランス芸人と逃げられた。全財産を持ち逃げされた。その後も没落して、金を稼ぐために60歳を過ぎても、同じネタで演じたが、舞台の事故が元で死んだ。

コメディアンは、考えたら、悲しい話が多い。あのバスター・キートンの有名な「無表情」だって、自らの「笑いを封印した」ものだと言われると、悲痛な感じがする。ヒトラーに気にいられたGrockの運命や、ソ連から逃げたかったPovovの運命も、「お笑い」の人たちだけに余計つらい。

いわゆる「ボケ」と「突っ込み」の2人組の原型は、赤い鼻をつけて騒々しい「オーギュスト」と賢しげな「白いクラウン」であり、オーギュストというのは、エジプトに攻め入ったローマ皇帝アウグスティヌスを揶揄したもので、「白いクラウン」とはエジプト王なのだと由来を聞けば、それもまた笑いの中のルサンチマンの根の深さに愕然とさせられる。

チャップリンなどの「哀愁」の表現も、ルサンチマンが昇華したものなのかもしれない。

クラウンたちの演奏や動きや歌のレベルはすごく高い。

優れた演奏者がクラウンになれるわけではない。

クラウンが、優れた演奏者になれるのだ。

(Le quatuorの演奏例
http://www.youtube.com/watch?v=yl-VNu1rnV0)
[PR]
by mariastella | 2012-01-01 03:10 | 演劇



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧