L'art de croire             竹下節子ブログ

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『そして父になる』と『あなたに癒された私の魂』を続けて観た

土曜の夕方、近所の映画館で試写会を連続して観た。

最初の映画は、フランスでは年末公開の是枝裕和監督『そして父になる』だ。

今年のカンヌ映画祭では、ちょうど、同性婚法の成立(同性カップルによる養子も可能になる)をめぐってフランス社会が対立し緊張していた時期に、少女たちの同性愛を描いたフランス映画『アデルの人生』がパルム・ドールを受賞した。

「アート」=「自由」=「偏見と因習の打破」というある意味で短絡的な意思表示がそこには見える。

で、まるでそれに対抗するかのように、家族に危機が訪れても離婚という選択肢はなくて夫婦と子供の生物学的関係にこだわる姿を描いたこの是枝映画に、プロテスタントとカトリック教会の関わるエキュメニカル特別表彰が(審査員賞とは別に)贈られたのだ。

分かりやす過ぎる。

土曜の試写会上映の後のディスカッションで、日本の家庭について父親が働き過ぎるとか、子をどうするかについて父親が決定することの違和感、母親が従属しているなどのコメントが上がったが、私は正直、「フランスの家庭の標準は離婚か婚外子かステップファミリーでしょ、あんたたちにあれこれ言われたくないね」と思った。

実際、この映画では、勝ち組とか負け組とか、都心のマンションに住む一流企業のサラリーマンに専業主婦のカップルと、地方都市に住む電気屋の主人とパート主婦のカップルがまるで格差社会の対照的な世界のように描かれているけれど、フランスに目を向けると、パリやその周辺では移民も多いし、国や肌の色の違う子供を養子にしている普通の夫婦もかなりの数に上る。

婚外子は半数以上だし、結婚しないままステップファミリーを形成してはまた別れる人もほとんど「普通」の状況だ。
エリートや裕福な人ほどむしろ抵抗なくどんどん子供を生むし養子縁組に向かったりする。

この映画の親たちは「子供は大きくなるほどだんだんと生物学的な親に似てくる(から今のうちに交換した方がいい)」と勧められる。

でも、複数の子供を持つ親ならだれでも、同じ親の子を同じ環境で育てたはずなのに実はどの子も全く違うこと、性格はもちろん、見た目や体質までばらばらであることを実感しているだろう。
血のつながっている親子間での「期待」と「失望」のドラマは、別離や養子との葛藤よりも深刻になることさえある。

それなのに、この映画では、主人公の両親が離婚していることがトラウマになったとか、子供の取り換えを行った看護師が子連れ男との再婚生活がストレスになったのが犯行動機だったとか、すべての不幸は「実両親がなかよく子供を育てない」ことに起因するかのように語られていたのがむしろ不自然だと思った。

キリスト教系映画組織から表彰されたのも不思議じゃない。

でも、そもそも、イエス・キリストは処女受胎のシングル・マザーから生まれて血のつながっていない大工のヨセフに育てられたのだけれどね。

ともかく、そういう日本映画を観た後で、次に、

François Dupeyronの『Mon Ame par Toi Guérie』(あなたに癒された私の魂)

を観たので、けっこうカルチャーショックを受けた。

この映画は監督自身が書いた本

『Chacun pour soi, Dieu s'en fout 』(自分のことは自分で。神さまはかまってくれない)

を元にしたもので、フランスの地方に昔からあるフォークロリックな「治療師」guérisseurがテーマだから、非常に興味があった。

今でも、地方に行けば子供のイボとりはもちろん、こじらせた風邪だの治らない腰痛や膝痛や、医者に見離された難病などを先祖代々「手当て」によって治し続ける人々がいる。首都圏でも検索するといろいろ出てくる。

「医療行為」として認定されていないので基本的に無料で、普通の仕事の合間に引き受ける。

しかし公立病院の救急科だって、傷の痛みをとるための遠隔治療をする治癒師の連絡先を備えているのだ。

理屈は分からなくても実際痛みが消えるケースがある限り、こういう認知のされ方続いていくだろう。
特に子供にはよく効くと言われている。

この映画の主人公フレディはそういう治癒師だった母親からその力を受け継いでいるのだけれど、それに納得して使うことに抵抗がある。自分自身に癲癇の持病があるからだ。

フレディは中年の庭師であり、トレーラーハウスに住んでいる。彼の周りにいる登場人物もみな貧しいが、日本映画に出てくる貧しさと一番違うのはアグレッシヴ、つまりみな攻撃的だというところだ。

男も女もみんな、実によく、泣き、わめき、罵り、怒鳴り合う。

フレディも離婚しているか別居していて、13歳の一人娘を時々あずかっているのだが、娘の母親が訪ねてくると激しい口論が始まる。

死んだ母親の住んでいたうちを訪ねて母の連れ合い(Jean-Pierre Darroussinがすばらしい)と話すが、彼はもちろんフレディの父ではない。妹も生活苦にある。

みんな不幸でみんなが攻撃的で貧しくみじめたらしいこの映画の世界。

これに比べたら、『そして父になる』の世界は、前橋の子だくさんの小さな家の中のシーンでさえ、つるりとして清潔で穏やかに見える。みんなが小ぎれいで、みんがそれなりに安心して消費行動を続ける健康で家族愛に満ちた世界だった。

格差社会と言っても、『そして父になる』に出てくる二家族の階層差など、『あなたに癒された私の魂』の世界と、たとえばこの前の記事にアップした『自転車のアルセスト』の世界という二つのフランスの乖離ぶりとは比べものにならない。

そんな世界の出来事だから、フレディの行う「治療」にだって、何のスピリチュアルな意味づけもない。

彼は神も信じていない。

母親から受け継いだ治癒力という賜物を、人から頼まれるままにアプリケートするだけだ。

もともとフレディが自由を感じるのは、オートバイで駆けている時だけだった。

ところがそのオートバイで犬をさけようとして子供を轢いてしまう。

生死の狭間をさまよう子供を前にして、その罪の意識が彼を、自分の賜物は多くの人の利益に供れなければならないという受容に導いたのだ。

彼は人を癒しているのが「自分の手」だなどとは思っていない。

自分の手が取り次ぐ「何か」なのだ。

それが彼には見えない。

この映画では、逆光の撮影がふんだんに使われる。

フレディは、自分の前にある影しか見ていないのだが、太陽は背後から光を放っているのである。

こんな話を思い出す。

ある子供が、うっとりとお月さまを見あげながら

「お月さまって大好き、だって、明るくて、夜を照らしてくれるのだもの」

と言った。親が聞いた。

「じゃあ、お日さまは ?  お月さまよりもっとずっと明るいだろう ?」

「あら、お日さまなんて、昼間に出ているんだもの、必要ないわ」

というものだ。

実際、太陽を肉眼で見ることはできない。

そして、夜の闇を照らしてくれる月の光は、太陽光を反射しているのだ。

フレディは、神を信じないと言う。

原作の本のタイトルは

『自分のことは自分で。神さまはかまってくれない』

だった。

映画のタイトルは

『あなたに癒された私の魂』

で、「あなた」にあたるフランス語は神を連想させる大文字の親称である。

そして、

癒されるのは、

いつも、

魂。
[PR]
by mariastella | 2013-09-23 02:28 | 映画

フィリップ・ル・ゲPhilippe Le Guay監督の『Alceste à bicyclette(自転車のアルセスト) 』

8月末に日本に行くエアバスの中で、日米仏の三ヶ国の映画を一本ずつ観た。

日米映画については、その時は飽きずに見たのだが、私の中でもうほとんど何も残っていない。

アメリカ映画は今年のアカデミー賞受賞作品だが観に行く気がしなかった『アルゴ』。

手に汗握るスリリングなサスペンス映画としては、ハッピーエンドが分かっていてもなおおもしろい、さすがにアメリカの商業映画だと思った。

ホメイニ革命の様子も個人的に興味をそそられた。

でも感心したのは大使館員たちを避難させたカナダの役割だ。

これを見てはじめて、2002年から2003年にかけてアメリカがイラク侵攻を煽動した時に、隣の国でアメリカとの経済関係があれほど密なカナダが涼しい顔で断固反対を貫いていた理由がよく分かった。
ここ一番という時にしっかり恩を売ってあったから、アメリカからのプレッシャーなどものともせずに自主独立を保てるのだなあ。

 この映画を見てすらそう思うのだが、実際は、当時のテイラー大使宅だけでなく別のカナダ大使館員邸にも避難したグループもいたそうだし、カナダは人質救出作戦においてCIAよりも重要な役割を果たしたらしい。何かというと金だけ供出させられるどこかの国ともともとかなり違っていたのだ。

日本映画は『プラチナデータ』だったが、見ている間はそれなりに退屈しなかったが、小説で読んだ方が多分ずっとおもしろかったろうと思う。

で、フランス映画が、

フィリップ・ル・ゲPhilippe Le Guay監督の『Alceste à bicyclette(自転車のアルセスト) 』 だ。

これが一番よかった。

ファブリス・ルキーニがシナリオにも関わっている。 

ルキーニは私のお気に入りの俳優だ。

私の好きな男優というのは他にも何人かいるけれど、たいていは、なんというか、男としても人間としても「好きなタイプ」というのがほとんどだ。

ところが、ルキーニはそういう意味では全然私の好みではなくて、むしろ苦手なタイプ。友だちにもなれない感じだ。

しかし、純粋に役者としてすばらしい。

フランス語うま過ぎ。

この映画では特にそれが光っている。

思えば、1984年にロメールの『満月の夜 Les Nuits de la pleine lune』を観た時に、彼の滑舌のよさと言葉の流れのものすごい量に圧倒された。
この映画は上映されてまもなく主演女優のパスカル・オージェが25歳で死ぬ(当時は心臓麻痺、実はドラッグの過剰摂取と言われる)という事件によって強烈な印象を残した。
ヒロインをめぐる他の男たちは当時若くてきれいだったクリスチャン・ヴァディムや、朴訥なマッチョで好感度が高かったチェッキー・カリョで、それぞれキャラがたっていたのだけれど、30年経つと、芸達者のルキーニが群を抜くキャリアを築いている。

この『自転車のアルセスト』はモリエールの『人間嫌い』の上演をめぐって、テレビでも売れている人気俳優が、リタイアした名優に共演を依頼に来るという筋書きだ。

『屋根裏部屋のマリアたち』を準備中だったルキーニとル・ゲが、ド・レ島(文化人の別荘がたくさんある)でモリエールの『人間嫌い』について話し合ったことがヒントになって生まれた作品だという。

『人間嫌い』には、フィラントとアルセストという対照的な登場人物が出てくる。

ランベール・ウィルソンの演じる人気俳優は本物志向でルキーニを尊敬しているのだが、処世術にもたけていてすべてにそつがない。すべてに成功するフィラント・タイプだ。

ルキーニが演じる名優の方はアルセストと同様、俗世間の偽善や不実が許せない。演劇の世界にも嫌気がさしてリタイアした。

でも、フィラントとアルセストの対話部分を、季節外れの閑散としたド・レ島の隠居地で人気俳優と共に台本読みするうちに、なんとなく心が動いてくる。

そこに、連れ合いと別れて家を売りに出したイタリア人女性がからむ。

名優は、息子が原子力発電所で働いていることに絶望し、人類の未来に悲観するシンボルとして、独り身なのにパイプ・カットの手術を予定している。

しかし、イタリア人女性に惹かれるうちに、その手術もしたくなくなった。

人気俳優と名優とイタリア人女性。

自転車で浜辺を行く3人は自然でまるで屈託のない若者たちのような時間を過ごした。

しかし、女性は人気俳優(インテリの妻がいる)とベッドインする。

この女性は彼のことを人気俳優であるとも認識していなかったので、別に名声にまいったわけではない。
ルキーニが恋心を表明していたわけでもない。

3人は、それぞれ人生のちょっとした休み時間を楽しく共有した友人だったのだ。
(ルキーニだけは、実は、休み時間でなく人生をリタイアするつもりだったのだが生き返ったというずれがあった)

他の2人が寝たことを知ったルキーニの中で何かが壊れる。

やがて『人間嫌い』のプロデュサーやスタッフたち、人気俳優の妻もやってきて制作発表のパーティをする。

そこに、アルセストの衣装をつけてのり込んだルキーニが、集まった輩の偽善や不実を告発し、『人間嫌い』五幕一場の有名なセリフを述べてから退場する。

Il aide à m'accabler d'un crime imaginaire!
Le voila devenu mon plus grand adversaire!
Et jamais de son coeur je n'aurai de pardon,
Pour n'avoir pas trouvé que son sonnet fut bon!
Et les hommes, morbleu! Sont faits de cette sorte!
C'est à ces actions que la gloire les porte!
Voila la bonne foi, le zèle vertueux,
La justice et l'honneur que l'on trouve chez eux!
Allons, c'est trop souffrir les chagrins qu'on nous forge:
Tirons-nous de ce bois et de ce coupe-gorge.
Puisque entre humains ainsi vous vivez en vrais loups,
Traîtres, vous ne m'aurez de ma vie avec vous.

いやあ、すばらしい。

Traîtres, vous ne m'aurez de ma vie avec vous.

という最後の捨て台詞はぞくぞくして鳥肌が立つ。

今ではコメディフランセーズですら一般上演では採用しない17世紀風のゆっくり練り広げるような独特の韻を、優雅に踏む。

私は10年ほど前にバロック演劇の研修に参加したので、一語一語に隠れている音を転がし展開する快感がよく分かる。口の中でころがし、舌や唇で味わうのだ。

そういえば、40年くらい前に確か渡辺守章さんのクラスでアレクサンドランの読み方を習ったが、その時、こればっかりは日本人が自分で考えて読めるようなものではない、しかるべき抑揚を書いてもらってやっと真似ができるのだ、と言われたことを思い出す。

今になってようやく、この映画のルキーニによるモリエールの台詞を聞いて、フランス語がいかに美味であるかを堪能した。

ルキーニが強調するようにモリエールは「有機的な音楽」なのだ。

最後の捨て台詞の

「Traîtres, vous ne m'aurez de ma vie avec vous.」

はまさにその醍醐味だった。

なんと訳していいか分からない。

「Traîtres」は、「裏切り者たちめ」という感じ。

飛行機の中の上映ではそこだけ何度も繰り返して聴き直して味わったので、下に出ていた英語の字幕まで覚えてしまった。

「vous ne m'aurez de ma vie avec vous.」という部分は、

You won’t see me among you in all my days.

と訳すらしい。

今のフランス人が、この映画での人気俳優自身もそうであったように、フランス語のアレクサンドランの抑揚の心地よさと音楽性をどこまで味わえるのかは私には分からない。

20年ほど前、ドゥパルデューが『シラノ・ド・ベルジュラック』で披露したアレクサンドランなど、音としては、今となっては何の感動も与えられなかったのを思い出す。私にとってのフランス・バロック発見以前の時代に当たっていたからだろうか。

やはり40年くらい前に、仏文学者の齊藤磯雄さんから『フランスの詩と歌』を献本してもらったことがある。

それを読むと、少なくとも齊藤さんはフランス語の有機音楽性が分かっていたんだろうなあ、と感慨深い。

有機的音楽とは、肉体を通した音楽、五感を動員した音楽ということだ。
ルキーニの映画によってそれが手軽な形で、飛行機のビデオ上映ですらも手に入れられる幸運な時代が来たことを齊藤さんに知らせてあげたくなる。
[PR]
by mariastella | 2013-09-22 00:04 | 映画

バーナード・ショーの『ジャンヌ』鵜山仁演出を観る

9月14日、世田谷のパブリック・シアターにバーナード・ショーの『ジャンヌ』を観に行った。

原作も演出も舞台も俳優の演技もいいが、何よりの主役はやはりジャンヌ・ダルクその人だ。

舞台にも観客席にもジャンヌのオーラが濃密に立ち上っている感じだった。

この作品が大正15年に山本安英の主演で、昭和38年に岸田今日子主演で上演されたという歴史は、サラ・ベルナールのことを思い出させる。ジャンヌ・ダルクが女優を選んでいるかのようだ。

この戯曲は元が英語の脚本を日本語に訳しているのだから、フランス語的には違和感があるところもある。

シャルル七世自体が、ジャンヌから「チャーリー」とよびかけられたり、それが「シャーリー」になり、ようやく「シャルル」に落ち着く。聖女カトリーヌ(カタリナ)やマルグリットもキャサリンやマーガレットと呼ばれているし。

第一次大戦が終わってジャンヌの列聖が決まった1920年以降に書かれている時代背景も興味深い。

ジャンヌは「宗教に恋している」と評され、次に「戦争に恋している」と評され、二人の夫を持つことはできない、などとたしなめられる。

教会が代表する普遍的な「神の国」に反する個人の啓示がジャンヌの場合はナショナリズムという異端につながったと言ってしまっているのもおもしろい。

イギリス人とフランス人が話し合う中で、

裏切りという言葉の意味は英語とフランス語では別物です、

フランスでは不忠、不実という意味ですが、イギリスではイギリス人の利益に反するという意味なんです、

という説明が出てくる。

こんなに近い国どうしで、歴史的にも民族的にもいろいろ混合もしている国なのに、いろいろなことの意味が実は全く違っていて、しかも、その違いについて

彼ら自身がよく心得ている、

という事実には、いつもながら驚かされる。

それにしても、ジャンヌ・ダルク。

15世紀のフランスの救国の少女のことを20世紀初めにイギリスの無神論者の作家が戯曲にして、それを21世紀の日本人が日本で上演しても、彼女が死を受け入れる場面を見ると万感の思いが迫ってくる。

観客すべてが固唾をのんでこの少女の運命にぐいぐいと惹きつけられている。

このようなヒロインが他にいるだろうか。

コーションの描き方や、異端審問についてなど、細かく見ると、B.ショーの解釈にはつっこみどころもある。

けれどもジャンヌ・ダルクの特異な輝きは変わらない。

こういう風に突っ走って、次々と不可能を可能にしながら、身の丈以上の人生を生き、巨大な力の中でつぶされた後に永遠の命を得て蘇るという存在の仕方を、私たちはどこかで羨望しているのかもしれない、とさえ思う。

『戦士ジャンヌ・ダルクの炎上と復活』(白水社)について文言評論家の長山靖生さんによる批評の切りぬきをいただいた。著者の意図を正確に読み取ってもらえるのは喜びだ。

でも、ともかく、ジャンヌ・ダルクは、素材自体が最高に刺激的だ。

彼女について語れば語るほど、調べれば調べるほど、ますますその感が深まる。
[PR]
by mariastella | 2013-09-21 02:16 | ジャンヌ・ダルク



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
カテゴリ
検索
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧