L'art de croire             竹下節子ブログ

タグ:アート ( 14 ) タグの人気記事

アニッシュ・カプーアの崩壊概論

前に『コンテンポラリー・アートのナルシシズム』という本について少し書いた。


この本についての掘り下げた論考をまだ書いていないのに(いや、少し書いたはずなのだけれど、今ブログに見当たらないので、アップしていなかったのだろうか。)

コンテンポラリー・アートが、普通だれにでも美しい、調和的だと思うものに背を向けて、グロテスク、廃棄物、臓器、排泄物、死体、などなどを素材にしていくことの意味についてだ。その展示に場所を提供するホワイト・キューブとは何か。

今回の日本で、いつもどおり、うちのすぐそばにあるMoMAストアに寄ってみた時、その隣で「アニッシュ・カプーアの崩壊概論 コンセプト・オブ・ハピネス」という展覧会をやっていたので入ってみた。解説にある、「文明と野蛮の対立を両義的に浮かび上がらせる」とか、その二つを対立構造としてとらえず多様なテクネー(技術)と知性を用いて作品化する英国アーティストの新境地を世界初展示、というキャッチ・コピーに惹かれたのだ。

で、入ってみたら、ショック。

こういうのとか、

c0175451_06111608.jpeg
こういうの。

c0175451_06120168.jpeg

素材は、ガーゼ、ファイバーグラス、シリコンなど。


うーん、MoMAと言えばホワイト・キューブの走りだから、そのストアのそばにこういう空間があってもなるほど、と思うべきなのか。

でも、「野蛮と文明」の対立だとか幸福の概念だとかを「技術と知性で作品化」してここに至るためには、別の大きな力が働いている。コンテンポラリー・アートのベースにある、環境汚染の深刻さや自滅、自壊に向かう文明の暴走などだ。

それを支える奇妙なナルシシズム。

このような現代アートは、「写真を撮られる」ために挑発的にそこにあるような気がする。

で、撮影フリーで、私も写真を撮ったわけだけれど、お食事中の方にはとても見せられない。

けれども、衝撃と、訴求力はまた別物だ。

衝撃が去ったところに残るのは「居心地の悪さ」と、それを否認する嘘っぽさだった。


[PR]
by mariastella | 2017-11-15 00:44 | アート

頭大仏と光の教会

国立新美術館に安藤忠雄展を見に行った。

直島ファンである私には直島のマケットや、風景を読むというコンセプト、構成力にあらためて感動した。

でも、偶然安藤忠雄さんがいらしてのトークイベントが始まる時だったので、直島用インスタレーションの部分がアクセス不可能になった。
彼の話は、放映されていたコメントとほぼ同じだった。

北海道の真駒内滝野霊園「頭大仏」という発想が斬新だった。
野外に大きな大仏坐像があまり人々の崇敬を得ていないのをなんとかならないかと安藤さんに依頼が来た。
彼は大仏像をいじる代わりに、 周りにラベンダーの丘を築き、外からは頭だけ見えるようにしたのだ。

中に入る人には、空を背景に、 全身があらわれる。
遠くから見えるのは、頭だけ。

「全部を見せない」ことからだけ生まれる力というのがよくわかる。季節の変化もよりラディカルになる。
雪をかぶった大仏というのも新鮮だ。

真駒内滝野霊園頭大仏 画像という言葉でリサーチして下さい。

下は、光の教会のインスタレーション。
c0175451_00231800.jpg
c0175451_00222740.jpg
自然光を応用して十字架をこういう風に扱うのは、実は中世からある仕掛けで、現代のと教会にも斬新なものをたくさん見た。
それでも、ここに置かれると、「安藤忠雄」になってくるのが不思議でもある。


[PR]
by mariastella | 2017-11-04 00:05 | アート

10/21 17h pm のコンサートのお知らせ

c0175451_00265928.png
c0175451_02271289.png
10/21(土)の午後5時に東小金井市の双ギャラリーで私のトリオのコンサートをします。

2011年の東日本大震災の後で私が企画したチャリティコンサートに来てくださって以来、いろいろな冒険をご一緒させてもらっている師井公二さんの個展の開催に合わせたものです。


この双ギャラリーには春におじゃましましたが、ギャラリーのサイトを見ても、コンセプトが一貫したこんな経営ができるというのは日本が到達した豊かさの上に立っているのだなあと戦争のなかった70年以上に感謝の念を抱きます。スペースが狭いので先着20名くらいです。必ずギャラリーにお申し込みください。
私たちはギターのトリオですから、親密な空間の方が絶対に楽しめます。
しかも弾いているのは室内楽でなく基本的にバロック管弦楽の全パートの再現で、ギタリスティックなものを選んで、クラシックギターを正五度にカスタマイズしたものを使っています。
著作を含めた私の全活動は自由と平和という同じ夢に基づいています。

トリオの仲間の2人は個性的で才能にあふれ、強靭さと壊れやすさが共存しているユニークな人たちです。
大波小波、嵐を乗り越えて、彼らと過ごした四半世紀のおかげで、極めて難解な(解釈の話で、聴く分には難解ではありません。ダンス音楽です)フランス・バロックを掘り下げるという贅沢を極めています。

全人格が投影されたこのようなアンサンブルが成立して持続するのは奇跡のようなものです。

彼らもそれぞれコンセルヴァトワールの教授や音楽教授の他にバロックの古楽器を使ったアンサンブルの活動もしていますが、1991年のスペインへの演奏旅行で知り合って以来、人間的に惹かれ合った私たちは私たちの美学に完全に合致した妥協のないフランス・バロックの冒険を続けています。

今回の一連のコンサートに関して、トリオ・ニテティスのブログを再開していきます。

合わせてご覧ください。


以下は、これまでに師井公二さんとご一緒したものの例です(師井さんのサイトより)




[PR]
by mariastella | 2017-09-20 01:02 | お知らせ

ウィーンの話  その24 美術市美術館 2

美術史美術館で興味を掻き立てられたのは、天使たちの造形。
天使といっても、大天使ナントカではなくて、子供型のいわゆるキューピッドというやつだ。



c0175451_06195835.jpg
c0175451_06213374.jpg
保育園でもめている子供たちですか。


c0175451_06364702.jpg
c0175451_06392378.jpg
なんか凶器を作っている天使のそばで、もう一人が嫌がる子の手を無理やりにひっぱって、いじめの現場みたいな光景。実際はアトリエで作業している様子らしいが、絶対に何かの含意がありそうだ。こんな絵、誰が注文したのだろう。

[PR]
by mariastella | 2017-09-18 02:38 | アート

ウィーンの話 その23  美術史美術館

日本人にとって、美術の教科書に載っている有名な絵の実物がたくさんある、という不思議な気持ちを抱かされるヨーロッパの美術館のひとつがウィーンの美術史美術館だ。

しかも、例えばイタリアだからイタリアの、フランスだからフランスの、スペインだからスペインの、イギリスだからイギリスの、ウィーンだからオーストリアのアート作品の収集というのではなく、ヨーロッパの中で、王侯貴族やカトリック教会の姻戚関係やネットワークが国際的で錯綜していて、コレクターもボーダーレスなので、どこでも「美術の教科書」っていう感じになる。

美術史博物館の目玉展示物もラファエロやフェルメールやブリューゲルだったりするのだ。
でも、いわゆる有名作品に惹きつけられるよりも、

c0175451_06352054.jpg
カラヴァッジョの大作の貧しい人々の足の裏の汚れのリアルさになぜか感動したり、


c0175451_06183815.jpg
こんな聖母子像の異様な愛らしさに驚いたり、

c0175451_06275747.jpg
c0175451_06291085.jpg
このような象牙細工(下はヨーゼフ一世。70cmくらいの作品)の職人技の造形に圧倒されたりした。

これは、パリのブランリー美術館でアフリカの装飾品を見てもそう思うのだけれど、日本にいればとても繊細な職人技はなにか日本人独特のものかと思うのに、実際は、「細部への偏愛」というか偏執みたいなものは、古今東西、人類共通なんだなあとあらためて感心する。

c0175451_06271842.jpg
こういう不思議な小物もあった。

[PR]
by mariastella | 2017-09-17 07:51 | アート

ウィーンの話 その22  ベルヴェデーレ宮美術館 4


(これは前の記事の続きです。)

c0175451_01121128.jpg
c0175451_01113665.jpg
c0175451_01104533.jpg

メッサーシュミットは若くして王立アカデミーの助教授ともなり、ウィーンの貴族や知識人らの肖像の注文を受けた。その腕は高い評価を得ていたのに、やがて人間関係が破綻して解雇され、ウィーンから去らざるを得なかった。

彼の病が何であったのかについては、言行録があまり残っていないので確定はできないが、1932年に美術史博物館長で精神分析家でもあったエルンスト・クリスが統合失調症だと診断した。頭像における様々な感情の表現は、無意識の自己治療なのだという。

さらに、1981年に、オットー・グランディエンが、メッサーシュミットが47歳で肺炎で死ぬまで最後まで制作に破綻がなかったことから妄想性精神障害という診断を下した。


死亡記事には彼が超常現象に興味を持っていたと記録されている。

注目すべきは、メッサーシュミットが、ほぼ同世代のフランツ・アントン・メスメールと1766-70年にウィーンで同居していたことだ。メスメールからの注文で噴水用の彫刻も制作している。


メスメールといえば、「動物磁気」による治療でパリで一世を風靡した人で、催眠術や精神分析の先駆者ともなった。ウィーンで怪しまれたメスメールは1779年にパリに行き、宇宙の波動による治療で大儲けをした。1780年代に8000人の患者がメスメールのエネルギー治療を受けた。メスメールは450人の磁気治療師を養成し、フリーメイスン・ロッジのモデルを使ってヨーロッパ中や海外にまで支部を作ったという。


ウィーン時代にはもちろんモーツアルトとも交流があり、治療の時のバックミュージックをモーツアルトに依頼している。モーツアルトのオペラ・ブッファ『コジ・ファン・トゥッテ』(1790)の中にも「磁気療法」が出てくる。


すなわち、メッサーシュミット、モーツアルト、メスメールはフリーメイスンを通して交流していたというわけだ。

メッサーシュミットのような天才が、これほどの途方もない作品、当時としては商品価値を持ち得ようのない強迫的な作品群(70点以上)を残せたことの背景には、啓蒙の世紀の末期、革命前夜のフリーメイスン的デカダンスと韜晦があるのかもしれない。


[PR]
by mariastella | 2017-09-16 06:37 | アート

ウィーンの話 その21 ベルヴェデーレ宮美術館 3

ベルヴェデーレでクリムトやエゴン・シーレにあえて触れないとしても、やはりここでしか見られない目玉展示品は、フランツ=クサヴァー・メッサー シュミット (1736-1783) の『個性の顔』と呼ばれる不思議な頭像の表情シリーズが一堂に集められているものだろう。

c0175451_01092731.jpg
c0175451_01100441.jpg

彼の作品の表情の誇張は、それが肖像として注文されたものではなくて、ただただ、人の表情の観察のために作られているということだ。

後世に残すための「よそ行きの顔」ではなくて人間の内面を表す様々な表情を研究したアーティストは別にメッサーシュミットだけではない。ダ・ヴィンチだって多くのデッサンを残している。

メッサーシュミットの残した頭像がすごいのはそのほとんどがブロンズ像だということだ。こんなものは、普通は、しかるべき権力者の注文によって作られる。

メッサーシュミットにそれを作らせたのは、「精神の病」だった。(続く)


[PR]
by mariastella | 2017-09-15 07:30 | アート

ウィーンの話  その20 ベルヴェデーレ宮美術館 2

c0175451_01061271.jpg
ちゃぶ台をひっくり返したサムソン。旧約聖書のサムソンとデリラで有名な話。

Johann Georg Platzer『サムソンの逆襲』1730-40頃 

怪力を取り戻してつながれていた柱を壊して建物を倒壊させたサムソン。
救いようのない話だけれど、構図がとてもバロックだ。

c0175451_01083180.jpg
こちらは怪力とは無縁の、苦悩するイエス。Paul Troger の『オリーヴ山』 1750年ごろ。後期バロック。

この両手の指の組み方がなぜか悲痛。イエスは、逆襲しなかった。

[PR]
by mariastella | 2017-09-14 05:49 | アート

ウィーンの話  その19 ベルヴェデーレ宮美術館

ベルヴェデーレ宮の美術館というと、世界最大のクリムトのコレクションとかエゴン・シーレの画を思い浮かべる。実際、この二人が出てきたのは、音楽に関して今回初めて意識したウィーン独特の退廃から抽出された毒を秘めた何かのせいだと思う。

学生の頃はドイツの小ロマン派などに傾倒していたから、クリムトやエゴン・シーレもかなり「好み」だったと思う。

でも今はすごく健全になったので実はこの2人にもう刺激を受けない。

もっと中世的なものの新しさの方に驚く。

c0175451_01035309.jpg
これはHans Klocker という人の1485-90年ころの作品で、イエスの誕生に集まった人々の群像の中から聖母マリアの夫ヨセフ。この人って、許嫁の10代の少女マリアが聖霊によって妊娠したって知って、悩み、それでも母子を守ることに決めた苦渋のお父さん。しかも、子供は、旅の途中の馬小屋で生まれちゃうし、こういう複雑な表情になるのもよく分かる。


c0175451_01053303.jpg
これは司教姿の聖人たち。1518年の木彫。Andreas Lacknerの作。
保存状態がいいのもすごいけど、この聖人たちの表情が、ちっとも聖人風でなくなんだかそこいらのおじさん連みたいなのがリアルだなあと驚く。しかるべき衣装や小道具をあしらえさえすれば、顔の部分はこんなに自由に表現してもOKなのだとは。









[PR]
by mariastella | 2017-09-13 06:20 | アート

ファム・ファタル

c0175451_21124842.jpg
プチパレの入り口ホールにある「猿をつれた婦人」という20世紀初頭のこの像、ブロンズやセラミック、エナメルなどを組み合わせた技巧的なものだが、ファム・ファタル(魔性の女、運命の女)をシンボライズしたものだとも言われる。

ネオ中世様式だという猿は、女に捕らわれ繋がれた男の姿だというのだが、なんだか、すごく身につまされるものがある。
c0175451_21141288.jpg
なにかにとらわれて、不本意ながら離れることもできない自己嫌悪みたいな恨み節が猿の視線にリアルにあらわれているからだ。

[PR]
by mariastella | 2017-07-06 05:40 | アート



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧