L'art de croire             竹下節子ブログ

タグ:テロリズム ( 5 ) タグの人気記事

ユヴァル・ノア・ハラリ式気楽な生き方

『サピエンス全史』で有名な歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ は新作『Homo deus』で未来論を繰り広げている。

結構希望を持たせてくれる楽観的なことも書いているのだけれど、なんだかなあ、とも思ってしまう。


L’OBSno2757のインタビューを読んで少し微妙な気分になった。

例えば、フランスで暮らしている私にはいつも金正恩のミサイルならぬダモクレスの剣みたいに気になるテロリズムについて、こう言い切る。

2000年に入ってから今まで、EU全域でテロの犠牲者は平均すると年50 人。

それに対して、交通事故による死者の数は平均して年8万人。

肥満と糖尿病による死者でも5千人。テロ攻撃で死ぬよりコーラを飲み過ぎて死ぬリスクの方が大きいんですよ。

テロリズムは何よりも一種のショーです。

人の恐怖を掻き立て、それを鎮めるために国家は過剰防衛をしてみせる。

象の耳にハエを入れて陶器店に入れたら暴れてすべてを破壊する。

アメリカという象の耳にテロを仕掛けると世界を破壊して回る。

過剰反応はテロより怖い。実際のリスクに見合って冷静に扱えばテロリズムはなくなる、


と。

ううーん、言うことはもっともでもある。

でも、ということは、交通事故を減らすためのキャンペーンとか標識や道路の整備とか、安全性の高い車の開発とかの方にテロ対策の千倍以上の予算を費やすというのは多分不可能だから、テロ対策の予算を今の交通事故対策予算の千分の一にしろということなのか?

テロリストの巣屈を無人機で「空爆」するとか、テロ対策の警備パトロールを増やすとか監視カメラを増やすとか持ち物検査を厳格にするなどの「ショー」的な対策をやめて、紛争地域での貧困や差別の解消に協力するなどの地道な対策に特化しろということ?

このハラリさんは絶対に肉を食べないし、テクノロジーの発展で肉が動物を殺さずに合成で作られるような形の「進歩」を夢見ている。2013年に実験室で作られた最初のハンバーガーは33万ドルの開発費がかかったのが今は11ドルでできるというから、家畜を殺すような産業は近い未来になくなるだろう。

自由とは好きなものを手に入れることだなどと信じさせたのは資本主義だ。これからは内的自由と「意識」を高めなくてはならない。

と、ある意味で引き算の思考でもあり、実際、スピリチュアル系であるそうだ。

でも、スピリチュアルな部分と、統計の数字を並べて納得させる部分との流れがなんとなく不自然だ。

テロと交通事故と糖尿病は比べられないだろ、とも思う。

こういう言説を「意識の高くない状態」で読むと、自分の保身と長生き志向に意識が傾いてしまう。

そういえば、ジェフリー・S・ローゼンタールの『運は数学にまかせなさい』(ハヤカワ文庫ノンフィクション)を思い出した。メディアのウソを見抜く回帰分析などを紹介して、確率・統計論で人生を賢く生きる方法の本だ。

人生で起こることはランダムで、まあ、情報の多くは陰謀論と同じで誰かが得をする罠なのだから、気楽に生きた方がいいよ、というポジティヴなメッセージの記憶がある。でも、今確認していないから分からないが(同じころに読んだ同じシリーズのマーク・ブキャナンの『歴史は「べき乗則」で動く』だったかもしれない)、ひとつ心にとめたことがあった。確か、数多くの保険商品は確率論から言うと無意味で不要だけれど、火災保険だけは、どんなに確率が低くても、起こる可能性はゼロではないし、起こった時の損害や責任は普通の人の全財産でも償えないほどの膨大なものだから、かけておく必要があり、義務がある、という話だった。

それを思うと、パリの街でテロに遭遇しても即死とは限らないしフランスなら国家がケアしてくれるけれど、北朝鮮が日本の米軍基地に核爆弾を打ち込んだりしたら、その確率がどんなに低くても、壊滅的被害になるのだから、「恐怖を煽る」ことを誰かが利用していても、無視することはなかなか難しい。

「賢明な技術とは何を見過ごすかを見極める技術だ」(ウィリアム・ジェームズ)という言葉をもう一度、反芻してみよう。



付録。今日のニテティスブログです。




[PR]
by mariastella | 2017-09-24 05:49 | 雑感

命を狙われて生きるということ

テレビのインタビュー番組で、2015年のシャルリー・エブド襲撃テロ以来、ジハディストからひどい言葉で「死刑宣告」を受けているフランス人とモロッコ人のハーフの女性ジャーナリストで宗教社会学者のZinebが話しているのをみた。

カサブランカ生まれで、彼女の共同体のイスラム教が女性を劣位に見なしているというその一点で、早くからイスラム教を丸ごと捨て去ったという。
すごく明快だ。

純潔を守って善き妻となり金曜日ごとに夫の家族をもてなさない女は、即「遊び女」とみなされる。
17才半でモロッコから抜け出した。

宗教社会学などはパリで学んだ。
モロッコの刑法ではラマダンの期間にムスリムが正当な理由なしに公の場所で飲み食いすると罰金と6ヶ月の懲役が制定されている。それに抗議して2009年に、ラマダン中にピクニックすることを呼びかけるなどの活動で官憲に追われ、スベロニアに亡命し、シャルリー・エブドに記事を書くようになった。

当時のシャルリー・エブドは破産寸前の苦しい経営だったけれど、編集長のシャルブらが自分たちの給料をカットしてまでZinebを正式に雇い入れてフランスに招いたのだそうだ。

それは初耳だった。

テロの日はカサブランカにいて襲撃を免れたが、「ムスリム女性」(父親がムスリムのモロッコ人なので自動的にムスリムとなる)でありながら冒涜的なシャルリー・エブドに加わっているのだから、過激派にとってはZinebは万死に値する。

で、2015年に生まれた娘を抱える身で、身の安全のためにパリのアパルトマンを転々としながら外では完全に警護されて暮らしている。

「一歩外に出たら自由ではない」という逆説的な状況。

まだ35才だ。

人はどの時代にどの国に生まれるかは選べない。

私は生まれた国には住んでいないが、不思議なことにあまりカルチャーショックがなかった。

日本にいた頃に主婦連だとかウーマンリブとかいう活動は知っていたが、身近の女性はみな不当なくらいに優雅に暮らしていた。女性であることはちやほやされることはあっても、社会の中で差別に向かい合うほど長く日本にいなかった。
日本の社会に女性差別があるのは分かっていたけれど、それは分かりやすい「宗教」の文脈などではなくて、漠然とした同調圧力みたいなものだったから、「戦う」とかいう対象にはならなかったのだろう。

でも、フェミニズムにかかわることで「死刑宣告」を受ける文化があるのだ。

フランスのテロはその後「無差別テロ」や「警官、軍人」を標的にしたテロへとシフトしていっているので、私たちは「シャルリー・エブド」事件の記憶を風化させてしまっている。

名指しで死刑宣告された一人の女性は、もう大勢の同志と「連帯」して通りを行進することはできない。

昨日の記事で書いたACT UPの若者たちも、エイズという病によって理不尽に死を宣告されたが、団結することはできた。

Zineb女史の孤絶を思うと愕然とする。

[PR]
by mariastella | 2017-09-07 02:50 | フェミニズム

バルセロナのデモ行進

8/26のバルセロナでのアンチ・テロリズム行進をテレビで見てやはり、ここはすごくカタルーニャだなあと思った。
カタルーニャの旗の色(白、赤、黄色)の花を配っているし、プラカードや横断幕の「私たちは怖くない」というのもカタルーニャ語で書かれている。

スペイン王も行進に加わったのだが、カタルーニャ自治州の分離独立派から野次をとばされていた。

バリで2015年の1月にアンチテロの行進があったときは、フランス全土で同時に行進があったし、大統領が率先して各国の首脳に呼びかけて集めたし、メイン・テーマが「表現の自由」(シャルリー・エブドの襲撃の後だったので)だったし、フランスってやっぱり中央集権国家で、大統領国王制の国なんだなあとあらためて思う。

まあバルセロナの場合は、現場が観光地の中心でバカンス中で、国際色豊かで、26日は8月最後の週末で天気もいいし、観光客もまだたくさんいるし、この行進が盛り上がるのも分かる。

2015/1のフランスの場合はシャンゼリゼが狙われたわけではなく、風刺週刊新聞の編集部というコアな所とユダヤ食品店の立てこもりや警官殺害などで、その10ヶ月後にカフェやコンサート会場の無差別テロが起こるとはまだ予想していなかったし。

ベルギーやオランダでも続いてテロやテロ未遂があり、本当に物騒だ。

でも、なんといっても2024年オリンピック開催のパリだから、もう今後テロはないかのようなふりをしている。実際、今年は観光客も戻ってきているらしい。

そういえばフランスはリヨン・オリンピックとかボルドー・オリンピックとか、マルセイユ・オリンピックとかはない。パリ一強の中央集権ぶりがここにも表れる。
スペインのオリンピックもバルセロナだった。公用語もスペイン語とカタルーニャ語だった。マドリードは2020年に立候補して東京に敗れている。

テロリストたちはヨーロッパの国によって「戦略」を変えているのだろうか。

ともかく、国によってアンチ・テロリズムへの反応が微妙に違うのを観察するのは興味深い。

[PR]
by mariastella | 2017-08-28 01:43 | 雑感

バルセロナのテロ その後

カタルーニャのテロの実行犯がバルセロナからそう遠くないところで射殺された。


前日まで、フランスでは、フランスに逃げたのではないか、EUのシェンゲン条約で国境がないのが悪い、国境審査を再開しろ、などと、また、「国別」の感覚で騒ぐ人たちがいた。フランス国籍を持つ移民の子孫のテロリストがいくらでもいることを誰でも知っているのに。


スペインは「イスラム国」への爆撃ではあまり存在感がないのに、モロッコとはすごく近いからやはり危険なのかなあ、と漠然と思っていたけれど、カタルーニャの地方都市アルカナルで120発もの爆弾を調達していたテロリストグループが「過激化」したのは、その爆弾の誤爆で家ごと命を落としたイマム(ベルギーから来た?)に故郷の村で効果的に洗脳されたからだそうだ。


彼らの生まれ育ったのはピレネー山麓のリポイという小さな町で、ベネディクト会修道院の遺跡が中心にあるところだ。そこには500人くらいのモロッコ人コミュニティがあるそうで、ごく普通に暮らしていたようだ。そこにやってきた過激派のイマムが青年たちを洗脳してしまった。イマムはベルギーに本拠地があったフランスのテロの起こった2015年にフランスやベルギーに滞在していて、今回も同じ爆薬を準備していた。


どうして短期間に普通の青年がイスラム過激派に洗脳されるかというと、シリアの子供たちが爆撃で死んでいくなどの映像を見せて感情に訴えるという定番ほかに、スペインがもとはイスラムの地で、カトリックに征服された、という理屈も使われるそうだ。

なるほど。

レコンキスタというやつで、まあ「再征服」で、もともとイスラムの方が後発宗教であるわけだが、ピレネーに住む若者たちには衝撃的な分かりやすい「聖戦」へのモチヴェーションなのかもしれない。


日本のメディアには、今回も、相変わらず、日本も安全ではない、同じリスクがある、というタイプの見出しがあったけれど、少なくとも日本にいるムスリムのコミュニティでは、今回のレコンキスタ・タイプの煽動は不可能だろう。

やはり歴史的な確執があって距離も近い中韓北朝鮮との問題の方がずっと深刻そうだ。


テレビではEUFBIを作る必要があると言っていた。

2015年のパリのテロも、ベルギー、アテネと渡り歩いていたテロリストが、どこでも国境を越えたら監視から外れていたので、もし相互の情報交換がなされていたらパリのテロは防げたといいきる専門家がいた(カルト監視役として私のお気に入りのGeorges Fenech)。

いや、情報を水平方向に交換するのではだめで、やはりすべてをセンターにまとめて、各国がそこから情報を引き出せるようにすべきだと。

実際は、フランス国内ですら、監視網がパリとパリ以外に別れていて、危険人物がパリを出たら、そこで監視が終わってそれが別の監視網に申し送りされないという驚きの実情なのだそうだ。

根本的にメンタリティを変えないと、各国間の連帯などできない。


5eyes体制でアングロサクソンの連携情報網に強いイギリスが、Brexitの条件の交渉で、イギリスのメリットを残してくれないならテロリストの情報の協力をしない、などとセキュリティを交換条件に持ち出したことに対してEUもイギリス内部でも批判が起こったことは記憶に新しい。

でもロンドンだって続けてテロに見舞われたし、その共同体主義が結果的にテロリストを守る盾になっていることもよく知られている。

また、どの国でも、「普通の人」が自宅でインターネットを見て洗脳されて一匹狼で車や刃物を使ったテロに走るとしたら、これも防ぎようがない。


「イスラム過激派のテロ」でなくとも、精神的に異常をきたして銃を乱射したり車で突っ込んだり、ひどい場合は自分の操縦する飛行機を墜落させたりする人だっている。威嚇的な軍事演習をしたりミサイル実験を繰り返したりする権力者もいる。


『猿の惑星』のように、せめて「人は人を殺さない」という基本ラインが普通にリスペクトされる世の中が来るといいのに。


[PR]
by mariastella | 2017-08-23 00:58 | 雑感

バルセロナのテロとサグラダファミリア

バルセロナの中心街に軽トラックが突っ込んだ時は、またニースのような間に合わせのテロかと思ったが、計画的にパリの同時多発テロと同じ種類の弾薬を多量に周到に用意していたらしいことが分かってきた。それが誤って爆発して死者まで出して、絶望したテロリストが車で突っ込んだのだという。

まだバカンス中で、多くのフランス人がバルセロナにいて、実際30ヵ国以上の国籍の死者や怪我人の四分の一はフランス人ということで「世界にこれまでバルセロナに行ったことがないという人なんているでしょうか」などと口走ったレポーターもいたが、それほどショックを受けたということらしい。

そしてサグラダファミリア聖堂が、シンボルとして何度も出てきた。

今回のテロで何度もカタルーニャ警察が、カタルーニャ政府が、と発表されて、スペイン警察とかスペイン政府がとか言われなかったので、あらためて、バルセロナ人にとってバルセロナはまずカタルーニャなのだということを思い出した。

私が最後にサグラダファミリアに行ったのは2003年の秋だ。もう10年以上も前になる。その時もじっくり見て回ったのはバルセロナのカテドラルの方だった。見どころがたくさんあるすばらしい聖堂だ。

で、サグラダファミリアでは、その近くにいた数人の地元の人にインタビューしてみたら、彼らは全員、サグラダファミリアこそがカタルーニャのシンボルだ、というのだった。「あの立派なカテドラルは?」とたずねると、「あれはローマのものだから」と答える。

驚いた。

パリのノートルダム大聖堂を「ローマのものだ」という人なんてみたことがない。


確かに、サグラダファミリアは、ある信心会(特に聖母の夫である聖ヨセフへの崇敬がもととなっている)のイニシアティヴで建設が決まって、そこにガウディがからんで、バチカンから一銭の援助もなく、個人の寄付と毎年400万人と言われる見学者の入場料だけで建設が続けられているという。

サグラダファミリアが、バチカンから、ベネディクト16世によってバジリカ聖堂という称号を得て祝別されたのは、私が最後に訪ねた後の2010年のことだ。(当時このブログにも記事を載せている。ガウディ列福の可能性のことも。ガウディは復活祭の四旬節の断食で死にかけたこともあり、晩年は隠修士のように暮らした熱烈な信仰者だったらしい。)

バルセロナのカテドラルとサグラダファミリアの関係は、一見、パリのノートルダムとサクレクールの関係に似ている。

ノートルダムは司教座聖堂のカテドラルで中世からの由緒あるゴシック教会だ。


サクレクールは、1870年の普仏戦争に負けたフランスで、その敗北は政治のせいでなくてフランス人の霊性が失われたからだという人たちが出てきて、贖罪のためにイエスの聖心に捧げる大聖堂の建設を計画してできた。1872年にパリの大司教がそれを許可し、翌年、ローマ教皇も合意して少し資金を送り、後に国民議会で公共の有用性があると認められてゴーサインが出た。代々の大司教がサクレクールの法律上の所有者とみなされることも決定された。

その後、第一次大戦のせいもあって、サクレクールがバジリカ聖堂として教皇代理から祝別されたのは1919年のことだ。(ここでバジリカというのは、教区を持たない教会で、聖地、巡礼地として認められるということだ。ちなみに、祝別時に納められた聖遺物はもちろん昇天したイエスの心臓ではなく、殉教者ピウス、デメトリウス、パシフィクスらの遺骨がローマからもたらされたようだ。)

バルセロナの事情は正確には分からないが、パリからの類推だと、では、2010年まサグラダファミリアは、巡礼地ではなく、プライヴェートな聖堂で「観光地」だったのだろうか。でも、2010年にわざわざローマから教皇が来て祝別したということは、あの、「これこそがカタルーニャの教会」、と誇らしげに言っていた人たちにとって、なんだか、「ローマに組み込まれた」ような印象を与えなかったのだろうか。

その辺の事情をもっと調べてみたい。(ローマ教皇から祝別された時の「聖遺物」は何だったのだろう。)

で、今回のテロのすぐ後で、まず、金曜日にバルセロナのカテドラルで大司教による犠牲者追悼のミサがあった。こういう時はやはりカテドラルなんだなあと思って聞いていたら、日曜にはサグラダファミリアで追悼ミサがあり、そこには国王夫妻や政治家、外交官も列席した。ミサを司式したのは、カテドラルの主である大司教だ。

このテロが2010年より前に起こったものだったなら、あるいはサグラダファミリアが今まだバジリカ教会だと認められていなかったのならどうなっていたのだろう。


また、国王夫妻が来ることで、この悲劇がカタルーニャの悲劇でなくスペインの悲劇という感じになることをカタルーニャの人はどう思ったのだろう。


バルセロナとマドリードのライバル関係も半端ではないし。


いや、観光産業が大切なこの町で多くの国の観光客が犠牲になったのだから、カタルーニャというより「国際社会」向けのメッセージが大切で、そのためにはローマ・カトリック色の強いカテドラルよりもモダニズムのシンボルであるサグラダファミリアがぴったりだとみな納得したのだろうか。


同じ日曜日の夕方、パリではカテドラルであるノートルダム大聖堂で犠牲者追悼のミサがあげられた。フランスでは、1905年の政教分離法以降、ノートルダム大聖堂の所有者はカトリック教会ではなくフランス共和国である。

今回のテロリストたちには、実は、サグラダファミリアを爆破しようという計画があったと言われている。スペイン有数の観光地を狙うという意味と宗教施設を狙うという意味で相乗効果を期待していたのかもしれない。

肥大を重ね、完成が2026年とかで、いろいろな問題も取りざたされているサグラダファミリアだけれど、今回、「テロの現場」とはならずに「追悼の場所」となり得たことで、ガウディの思いや「聖家族」のご加護に思いを馳せた人たちも、カタルーニャにはきっといるにちがいない。


[PR]
by mariastella | 2017-08-21 06:28 | 宗教



竹下節子が考えてることの断片です。サイトはhttp://www.setukotakeshita.com/
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
カテゴリ
検索
タグ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧